美容スペシャリストな自分になるために

2018年9月13日更新

特集

レトロな色気を身にまとって。秋を彩る、ベイクドカラーってどんな色?

ベイクドカラーって何?

ベイクド=焼くという意味の言葉。

少し焦がしたようなくすんだ色合いのことを、「ベイクドカラー」と呼びます。

赤や黄色といった原色を少しだけくすませた色で、スモーキーカラーと呼ばれることも。

 

取り入れるだけで主役になれちゃう、印象的な「マスタード」

肌色によくなじみ、上品な印象にしてくれる「ベイクドピンク」

肌をより白く綺麗に見せてくれて、落ち着いた深みが特徴的な「ダークグリーン」

などなど、一概にベイクドカラーと言っても様々な種類があります!

 

実は2017年からじわじわと、おしゃれに敏感な人達の間で「かわいい!」と話題沸騰中のベイクドカラー。

洋服やネイル、メイクに取り入れて、一足お先に今年のトレンド顔に着替えちゃいませんか?

ファッションに取り入れて

大人コーデに

取り入れる色によって、様々なコーディネートを演出してくれるベイクドカラー。

存在感抜群なベイクドイエローのスカートだって、実は取り入れやすいアイテムなんです。

落ち着いた黒のトップスと合わせれば一気に大人っぽいコーディネートに。

明るい色のアイテムを取り入れるなら、他のアイテムはモノトーンでシンプルにまとめてあげればオフィスにも最適!

レトロコーデに

同じく秋冬トレンドのレトロなコーディネートに仕上げたいなら、マスタードのニットトップスにチェックのスカートを合わせてみて下さい。

スカートも同系色で合わせてベレー帽を被ったら、甘すぎないけど女性らしさもしっかり兼ね備えた、レトロコーデの完成です。

明るい配色のアイテムを取り入れるなら、髪色は落ち着いたカラーがおすすめです。

アウターにも

ついつい暗めの色を選んでしまいがちなアウターだって、今年はぜひベイクドカラーのものをチョイスしてみては?

ベイクドピンクやテラコッタのアウターも、トレンチ風のデザインやシンプルなデザインをチョイスすれば派手になりすぎず、どんなコーディネートにも相性抜群♪

明るい色の服を着て街を歩けば、心まで明るくなるかも。

ネイルに取り入れて

洋服だけではありません。ネイルにだってベイクドカラーを取り入れて。

マスタードやボルドーなどの秋色は、可愛いけど派手すぎて会社にはしていけない・・・。

そんな方には「ベイクドピンク」や「ベイクドパープル」はいかがでしょう?

 

くすみのあるピンクやパープルは肌馴染みもよく、ワンランク上の大人の女性を演出してくれるはず。

今年の春夏トレンド色のラベンダーだって、ベイクドカラーなら秋冬もばっちり。

ヘアカラーに取り入れて

今年の秋冬は、髪色だってベイクドカラーに。

春夏にはアッシュカラーで明るい印象だった人も、一気に色っぽくイメージチェンジできますよ。

こっくりと深みのあるカラーは髪の毛のツヤも際立ててくれて、メリットがたくさん!

くすませすぎず、抜け感も忘れず、お洒落にトーンダウンしちゃいましょう。

今後もベイクドカラーに注目!

なんとなく暗めの色にシフトチェンジしがちな秋冬ですが、今年はちょっぴり背伸びして明るい色を身にまとってみては?

今年の秋冬トレンドのベイクドカラーは、今後もたくさんのアイテムが出てくるはず。

自分の好きなブランドの新作アイテムもこまめにチェックして、自分にぴったりのベイクドカラーコーデを楽しんで下さいね!