美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月8日更新

特集

お気に入りのデザインがセルフネイルでも楽しめる! マスキングテープの意外な使い方


色んな場所にペタペタ貼れて、種類が豊富なマスキングテープ。100円ショップなどでもかわいいデザインのものを取り扱っているので、思わず買ってしまうこともありますよね。買ったは良いものの使い道に困ってしまった…という人も多いはず。
 
ですが、実はマスキングテープはセルフネイルをするときの強い味方なんです! ネイルをキレイに仕上げてくれるだけでなく、お気に入りのマスキングテープのデザインをそのままネイルデザインに利用できることも大きな魅力なので、ぜひ試してみてください。

マスキングテープのデザインをそのままネイルデザインに


まずはマスキングテープだけでフルネイルをしてみましょう。用意するものは好きなデザインのマスキングテープとトップコートだけ。マスキングテープを爪の形に合わせてカットしたら、後はその上からトップコートを塗るだけでOK。爪の丸みに合わせてカットするのが難しいという人は、マスキングテープに鉛筆やペンで印をつけてカットすると比較的キレイに仕上がります。また、眉毛用の細いハサミなどを使えば細かいところまでカットできるのでオススメです。
 
白や水色、ピンクなど色によってはテープの色が透けて自爪の色が目立ってしまうことも。そんなときはマスキングテープに合ったポリッシュをベースとして塗って、その上からマスキングテープを貼れば色が映えます。
 
また、マスキングテープは普通のテープに比べて粘着力が弱いので、長持ちさせるためには爪の表面の汚れや油分を拭き取っておく必要があります。ただ、逆にネイルを落とすときにはマスキングテープをはがすだけで済むので、そのお手軽さが魅力だとも言えるでしょう。
 

⇒Youtube「マスキングテープネイル」

マスキングテープを部分的に取り入れて色んなデザインを楽しむ

爪先のみに使ってフレンチネイル風に

フルネイルにしなくても、爪先にマスキングテープを使うだけで気分がぐっと変わります。フレンチネイルのように爪先に少しだけマスキングテープを使って、後はトップコートを塗るだけなので、むしろフルネイルよりも簡単にできますね。
 

マスキングテープの好きな部分だけ使う

複雑なデザインのネイルやキャラネイルをしてみたいけど、自分の爪に絵を描くのってかなり難しいですよね。そんなときは好きなデザインやキャラのマスキングテープを利用してみましょう。自分が使いたい部分をカットして、貼りたいところに貼るだけで完成。爪ごとにキャラを変えてみたり、同じキャラでも違うデザインの部分を使うことでデザインに変化をつけることができます。また、好きな形に切れば様々なデザインに応用できるのでオススメです。
 

⇒Youtube「アーガイルネイルのやり方 マスキングテープで作るアーガイルネイル」

ネイル作りに応用!

マスキングテープはポリッシュネイルをするときにも大助かり。作るのが難しい曲線や直線のデザインは、マスキングテープを補助的に使うことで簡単に作れるのです。ボーダーや網目デザイン、ハートのくり抜きといったデザインを作る際、色を塗りたくない部分にマスキングテープを貼ってポリッシュを塗ってみましょう。そしてポリッシュが十分に乾いたらマスキングテープをはがして、上からトップコートを塗ればキレイなネイルデザインの出来上がりです。
 
また、「ストライピングテープ」という幅が細いタイプのマスキングテープを使えば、より繊細なデザインを作ることもできます。もちろん、ストライピングテープをネイルアートにそのまま活用する方法もあるので、フレンチネイルの縁取りなどに使ってみてください。
 

⇒Youtube「秋色ネイル♪マスキングテープでネイルアート/NailArt」