美容スペシャリストな自分になるために

2017年1月11日更新

特集

成功している女性は美人が多いって本当? ビジネスの場で活躍している女性の共通点


ビジネスの世界で活躍している女性は生き生きとしていてとてもかっこよく、同じ女性として憧れの存在ですよね。とくに社長や起業家として大成功している女性は、社会進出の一つの理想形とも言える姿ではないでしょうか。
 
そんな仕事において成功者となる女性たちには、いくつか共通点があると言われています。それは生まれついての才能や地位といった特別なことではなく、実は仕事への取り組み方や日々の心がけなど、ちょっとした意識の差にあるんですよ。今回はどんな女性が成功者になりやすいのか、その特徴をご紹介します。

ビジネスの世界で女性は不利?

女性の社会進出が進んだ世の中ではありますが、まだまだ男社会な一面も残っています。有名な社長や起業家を思い出すだけでも、女性より男性が多いのは歴然としていますよね。では女性はビジネスには不向きなのでしょうか? 必ずしもそうとは言えません。今のところ数として少ないというだけで、男性と対等に渡り合い、時には男性よりも敏腕に仕事をこなす女性はたしかに存在し、幅広い業界で活躍しています。
 
ビジネスが成功するまでには、多くの苦労が伴います。休暇を取ることも難しく、残業や徹夜で働く日々を繰り返してようやく成功にこぎつけたという例も少なくありません。そのような仕事になると、デスクワーク中心であっても体力勝負となるので、一見体力のある男性のほうが向いているようにも見えます。しかし、そこで「私は女だから」と臆さずに、自分から行動することが成功を掴むチャンスへとつながるんです。社会的に成功を収めている女性たちは、今よりももっと女性に対する目が厳しかった頃から、自ら行動しあきらめなかったことで今の地位を手にしています。そこで重要なのが女性であることを引け目に思わず、男女問わず周りと張り合っていく「向上心」なんですね。
 

前向きな気持ちが成功につながる

また、立場やスキルを問わず、周囲に「仕事が出来る」と思わせる女性はほとんどの人が常に明るく前向きな気持ちで仕事に取り組んでいるもの。どんなに仕事が出来る人でも、「どうせ女性だからバカにされている」といった卑屈な気持ちを抱いていると、口に出さずとも周囲に伝わり人が離れていってしまう恐れがあります。ポジティブな気持ちは人を呼び寄せるだけでなく、周囲からの信頼を得て「この仕事はあの人に任せよう」と大きな仕事を獲得することにも繋がっていくんですよ。
 
いきなり前向きな気持ちを作るのは難しいという人は、まずは笑顔を絶やさずにいるところから始めてみましょう。作り笑顔でも脳を騙すことが出来るので、自然と気持ちも前向きになっていくと言われています。嫌いな相手ややりたくない仕事を前にしても常に笑顔を心掛ければ、自分に自信を持てるようになっていきますし、この人になら何を任せても大丈夫という周囲からの信頼も生まれてくるはず。
 

成功者には美人が多い?

世間では「成功している女性は美人が多い」と言われることもあります。ですがこれはたんに「美人は得」という意味ではなく、ちゃんとした理由があると言えるんです。ビジネスにおいて取引先や顧客を相手にするとき、第一印象はとても重要。成功している女性はそのことをしっかり分かっているため、どんなに忙しくても自分に投資することを忘れず、なるべく身だしなみを整えようとするものなんです。つまり美人であるかどうかは関係なく、好印象を持たれるような見た目作りをビジネスの一環として行っていくことが重要なんですね。
 
とはいえ、自己投資といってもエステやメイクに多額のお金をかければいいというわけではありません。自己管理能力さえ身についていれば、それは自然と外見に表れてくるもの。疲れた顔や荒れた肌では他人への印象が悪くなりますし、睡眠や運動が不足すれば病気やけがなどにつながってしまう危険性もありますよね。自己管理がしっかりと行き届いている人こそ、周りから「美しい人だ」と評価されるものです。前向きな意識を作るには「笑顔を絶やさない」ことが大切だと書きましたが、笑顔を続けることは年齢を重ねても美しい女性でいられる秘訣でもあるんですよ。