美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月7日更新

小ネタ

簡単には手が出せない食べ物。食べたら本当に美味しいの!?


 食わず嫌いで今だかつて食べたことのない食べ物って誰にでもあるはず。実際食べてもやっぱりダメだったということもあれけれど、意外に美味しくてドハマりした、という人は多い。今回は恐くて試せないけど、食べたら意外に美味しい食べ物や料理をご紹介していこう。
 
 普通の人なら、ゲテモノ系は簡単に食べようとは思えないだろう。スズメバチの幼虫を煮た蜂の子や、いなごの甘露煮など、バラエティ番組の定番罰ゲームとなる食材は、躊躇するというか、食べたくない人が大半。しかし、海なし県代表の長野県では、蜂の子やいなごの他に、鯉や蚕のさなぎの甘露煮など、ゲテモノ食材が豊富でスーパーで普通に販売されるほど。幼い頃からこれらの食材を食べていたという長野県民は「親父と蜂の子を取りに行って生食いしたことがある。甘くて案外うまかった」「イナゴって言ってもただの甘露煮だから、普通に食べる」と好評。虫を食べるという先入観さえ捨てれば、案外イケるようだ。
 
 見た目が問題なくても匂いが臭いと、食べる気は一気にダウン。クサい食べ物と言えば納豆だが、納豆よりも強烈な臭いを発する食材は世界に数多く存在する。「悪魔のフルーツ」と呼ばれるほどのクサフルーツ・ドリアンは、「生ゴミにチーズを加えたようなニオイ」「旦那の靴下の臭い」など、それホントに食べられるの? と思ってしまう衝撃の臭いだが、中身はクリーミィで甘く、栄養価も豊富。また、魚の干物であるくさやは、あまりに臭いが強烈で「家で焼いたら臭い取れない。これは絶対ご近所からクレーム来る」と、もはや公害レベル。しかし、こちらも味は絶品とのことで「クサいけど、うまい」「クサいと分かっていても食べたい」と、くさやファンは多い。
 
 反対に、見た目もおいしそう、すぐにでも食べたくなる良い匂いがしても、なかなか手が出せないのが絶品スイーツ。「ハチミツたっぷりのハニートースト食べたいけど、カロリーが怖くて食べられない…でも食べたい」「コストコの大きいティラミス1人で完食するのが夢」など、大好きなスイーツを心ゆくまで食べたい! という女子は多い。しかし、美味しいということは分かっているが、カロリーを気にする乙女としては手を出すことは許されない。一度食べてしまうと、その後罪悪感に襲われることも多いので、誘惑に負けそうな人はご用心を。
 
画像出典:Patrick W. / Scowl for dinner(from Flickr, CC BY 2.0)