美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月24日更新

小ネタ

都市伝説「坊主にすると髪質が変わる」を検証! 坊主にするだけでクセッ毛が治るのか!?


 白髪を抜くと白髪が増える、髪は毛先を切った方が早く伸びるなど、髪に関する都市伝説は様々あるが、坊主にすると髪質が変わるという説を耳にしたことはないだろうか? 「坊主にしたら髪質変わるって本当??」「くせ毛ほんとなおしたいんだけど…。どうしたら治る? 一回坊主にすればいいの??」「坊主にしたし、髪質変わらないかなーと淡い期待」と、髪質を変えたいがために坊主にしようと考える人もいるようだ。
 
 このように、クセッ毛や天然パーマで悩む人たちが期待を寄せる坊主頭であるが、ハッキリ言って効果はない。ではどうしてこんなデタラメな噂が流れたのか? クセッ毛の人たちの淡い期待を粉々に砕きながらご紹介していこう。
 
 そもそも生まれつき髪にウェーブやカールがかかるのは、髪の毛ではなく毛穴に原因がある。皮膚に対して毛穴が真っすぐであれば問題ないのだが、毛穴が曲がっていると毛根がカーブしたり、ねじれてしまう。そしてこの毛根部分の影響を受けて、髪の毛がクセッ毛になったり、天然パーマになるのだ。そのため、坊主にしてみたところで髪質は変わらないし、また同じような髪の毛が生えてくるだけなのだ。
 
 このように髪の毛は頭皮の影響を大きく受けるので、髪質は頭皮の変化に合わせて変わっていく。たとえば中学・高校時代に部活で坊主にしてから髪質が変わったような気がするという人は多いが、これは成長期に伴って頭皮が成長したから。たまたま成長期に坊主にしていたため、それが原因で髪質が変わったと勘違いしてしまうだけなのだ。
 
 ちなみに、年齢を重ねると髪がうねるようになったり、クセが目立ったりしてきた…などの悩みを持つ人は多いが、これも頭皮の変化によるもの。他の部分と同じように、頭皮はお手入れをしていなければ年齢とともに衰えていく。頭皮がたるむと毛穴がゆがみ、その結果クセッ毛になったり、縮れ毛になってしまうのだ。
 
 生まれつきクセッ毛の人や天然パーマの人は毛穴を変えることができないが、頭皮のたるみは予防できるので、日頃から頭皮マッサージやヘッドスパなどのお手入れを欠かさず行っておくことをオススメする。
 
画像出典:Beatrice Murch / Kragen Shaving the last of it (from Flickr, CC BY 2.0)