美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月20日更新

小ネタ

「特売の大根」「昔のロボット」…そんな太い脚にサヨナラできる効果的な脚やせ法とは!?


 他の季節より生足で過ごす機会はグッと減るものの、秋冬にもミニスカ+タイツやスキニージーンズなど、脚の形が分かる服装がけっこうある。そのため「ストレートジーンズを買ったはずなのに履いたらパツパツのスキニージーンズ」「タイツの柄が伸びて、買った時とは別の柄になる」など、“脚の太さ”で悩む女子は多い…というかむしろ悩まない人の方が珍しい。そこで今回は、効果的な脚やせ・引き締め方法を見ていこう。
 
 そもそも脚が太くなるのは、水分や老廃物が溜まって起こるむくみやセルライトなどが原因だと考えられている。立って生活している以上は重力に逆らえず、脚に不要なものが溜まってしまいがちなのだ。
 
 そこで活躍するのが、脚やせ方法の王道・マッサージ。見事脚やせに成功した原宿系タレント・ぺこのブログには、マッサージクリームを塗った後に足の甲、足首からひざ、ひざから太ももをマッサージしていく方法が詳しく書かれている。どうやら“痛みを感じるほどの力加減”というのがポイントらしく、ぺこ本人も「けっこう痛い…ってくらい強くやってるよわたしは!」とコメント。筋肉と骨をはがすかんじ、肉をもみひねる、脂肪をつぶすなど怖いことが書いてあるのだが、これぐらいやらないとガンコなむくみやセルライトは出ていってくれないらしい。「痛みを感じないマッサージじゃ美脚は手に入れられないぜ!」「ほんっっとに痛い。でも効くから我慢できる」という声もあるので、脚やせには本気のマッサージが功を奏するようだ。
 
 また、脚やせには血流・リンパの流れを良くすることも効果的なので、「スクワットする! 脚だけじゃなくヒップアップもできるし」「寝っ転がって脚を上に向けて、“V”字になるようにパカッと開く」など、脚全体に負荷をかけるストレッチ方法も人気だ。最初からたくさんやるのではなく、1日5回ずつ増やしていくなど工夫をすれば、さほどつらさを感じずに回数をこなせるようになる。ただし、「1日10回ずつ増やした結果、最終的には1日300回以上やることになって…股関節がおかしくなった」という人もいるので、やりすぎにはくれぐれもご注意を。
 
 マッサージとストレッチという、あまりにも普通なことを紹介してきたが、結局のところそれが一番効くのである。ズボラさんは着圧ソックスなどのお手軽アイテムに手を出しがちだが、履いているだけで美脚になったなんて話はあまり聞かない。美の道は茨の道。地道に努力していきましょう。
 
画像出典:Todd Wade / Legs (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント