美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月28日更新

セラピスト

ダイエットに効果抜群!? 美容にも役立つ“ストレッチ”の特徴と資格


体育の授業のときには、運動やスポーツを始める前には必ず準備運動をしていたんじゃないかと思います。屈伸運動やラジオ体操などのストレッチには運動中のケガを予防する効果があるということで、推奨されているんですね。
 
しかし近年ではケガ予防以外にも、ダイエットやリラクゼーションを目的としたストレッチの専門店も増えています。今回はストレッチの特徴や“ストレッチトレーナー”という資格についてご紹介するので、興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。

ストレッチとは

体全体または体の一部を伸ばすことをストレッチと呼びます。ストレッチは、1960年代にアメリカのボブ・アンダーソンによって生み出されました。彼は自身の運動不足を解消するためにダイエットを行ったものの、その際に自分の体が硬いことを痛感して、これを改善するためストレッチを生み出したのです。
 
当時のアメリカでは肥満が大きな社会問題になっていて、肥満を改善するために多くの人がダイエットを行っていました。しかし急なジョギングや運動をすると腰やヒザに大きな負担がかかり、筋肉や関節を痛めてしまうことに。そこでケガ予防のために準備運動としてストレッチすることが流行しました。現在でも、スポーツをする際のウォームアップやクールダウンのために行われ、体を動かしやすい状態にするのに役立っています。
 

ストレッチのメリット

ケガ防止

体を動かすことで血行が良くなり、筋肉を温めることができます。筋肉が十分に温まっていない状態で運動をすると筋肉や関節を痛めてしまうこともあるので、スポーツや運動をする前にストレッチを行うとケガを防げるのです。そのほか、筋肉痛を和らげる効果も! 毎日のストレッチで体を柔らかくすることが、普段のケガの防止にもなりますよ。

体の不調改善

運動不足やデスクワークなどが理由で筋肉が硬くなった状態が続くと、血流やリンパの流れが悪くなってその部分に疲労物質が溜まっていき、その結果コリや痛みにつながってしまいます。ストレッチで体を柔らかくすることで、血とリンパの流れがスムーズになり、慢性的なコリや痛み、むくみを改善。また、冷え性の改善にも効果的です。

痩せやすい体になれる

筋肉を柔らかくすることで、体の可動域が広がるとともに基礎代謝の向上にもつながります。基礎代謝が上がると、普段と同じ生活をしていても消費するエネルギーが多いので、太りにくい体質になることができます。また、基礎代謝を上げることで肌のターンオーバーを促進させる効果も得られて、美肌作りもバッチリ。さらには体の一部分を伸ばすだけでもリラックス効果を得ることができるので、女性にはうれしいことばかりですね。
 

ストレッチのための資格とは?

ストレッチの資格は民間資格のみで、各種団体からそれぞれの検定や資格が発行されています。これらは「ストレッチトレーナー」や「パ-ソナルトレーナー」と呼ばれる資格が多く、主に他人にストレッチを施すことを目的としています。
 
ストレッチの資格はストレッチを専門的に扱うお店以外でも活用することができます。たとえばフィットネスクラブをはじめとする各種トレーニングジムでは、トレーニング前のウォームアップやクールダウンなどに、エステやマッサージ店であればお客様の血流を良くして施術内容の効果を高めるために使うことができるので、幅広い分野で役立てることができます。
 

ストレッチトレーナーの資格を取得するためには?

各種団体の資格や検定によってカリキュラムや試験内容は異なりますが、筋肉などの体に関する基礎知識や、ストレッチのためのスキルを学ぶ必要があります。多くの学校が通学制ではなく、土日を中心に講習会を開いているので、仕事を続けながら資格を取得することができます。
 
「日本ストレッチトレーナー学院」では、ストレッチトレーナーの資格だけでなく、ダイエットや姿勢矯正に特化した「適正姿勢指導士」の資格を取得できるコースがあります。また、「日本ストレッチング協会」が開講している、一人で行う「ストレッチングトレーナーセルフ」や2人1組で行う「ストレッチングトレーナーパートナー」などの認定は、最短1日での取得が可能なので、日常生活にストレッチを取り入れたいという人にもオススメです。
 
また、「国際ボディメンテナンス協会(IBMA)」が発行している「ストレッチインストラクターコース」はレベルに合わせて3~1級の検定が用意されており、検定に合格すると資格証書が発行されるので、ストレッチ専門店の開業や自宅サロンへのストレッチの導入にも役立てることができます。
 


 
 
健康や美容のために運動やスポーツをしているという人は多いですが、準備運動を怠ると効果が半減するだけでなく、ケガにつながってしまいます。また、ストレッチ自体がダイエットに大きな効果をもたらしてくれるので、正しいストレッチ方法を学んで、日々の生活に役立てたり仕事に活かしてみてはいかがですか?

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!