美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月18日更新

セラピスト

20代と同じようには痩せられない!? 筋肉不足やホルモンバランスの乱れと戦う30代からのスタイルキープ術!


それまではスラッとしたスタイルを保っていられたのに、年齢が30代に入った頃から太り出してしまった…そんな女性は多いはず。気持ちはいつまでも若いつもりでも、20代の頃と同じように生活していては太りやすくなったり、運動をしても一度ついた贅肉が中々落ちないということが起こってきますよね。
 
では、どうして若い頃と同じような食事や運動を行っていると太ってしまうのでしょうか。それは年齢と共に起こる体質の変化に原因があるようです。ここでは30代からのスタイルキープ術や、そのために必要な知識を見ていきましょう。

なぜ年を重ねると太りやすくなるの?

筋肉量の減少と基礎代謝の低下

加齢によって太りやすくなる原因の一つには、筋力が衰えてくることが挙げられます。人は年をとるほどに自然と筋肉量が減ってしまうもの。そして筋肉量が減ることによって、普段の生活の中での基礎代謝が下がり、消費カロリーも減ってしまいます。今までと同じだけのカロリーを摂取していても、消費カロリーが減ってしまうので、余ったカロリーが脂肪として体について太ってしまうんです。
 

ホルモンバランスの乱れ

また、人の体は年をとるとホルモンバランスに変化が起こり始めます。とくに女性は老化によって女性ホルモンが減少し、体の調子を整える自律神経に影響が出てきてしまうんですね。その結果、代謝が悪くなったり、食欲が抑制できなくなり過食に走ってしまったりするので、肥満へとつながるようです。
 

30代からの肥満を防ぐ

加齢による肥満を防ぐためには、普段の生活の中でホルモンバランスを正常に保つ意識を持つことが大切です。では、ホルモンバランスを乱れさせないために気をつけるにはどういったことをすればいいか、具体的な方法を見ていきましょう。
 
まず大切なのは生活時間を規則正しくすることです。とくに十分な睡眠時間が確保できていないと、ホルモンバランスが崩れやすくなって、食欲が異常に高まったり食べすぎを招いてしまうことに。一定の時間を毎日きちんと睡眠にあてることでホルモンバランスが安定しやすくなりますよ。また、ストレスによってもホルモンバランスは乱れます。休息をしっかりとったり、お風呂に入ったり、自分がリフレッシュできる趣味を持ったりといった工夫で、ストレス発散を心がけましょう。さらに食事を3食きちんと摂ることや、バランスのいい食事を摂ることもホルモンバランスを正常に保つことにつながります。太ってしまうのが嫌だからと食事を摂ったり摂らなかったりすると、かえってホルモンバランスの乱れによって食べすぎを招いてしまうんですよ。
 

30代からのスタイルキープ術とは

では、いざ太ってしまった場合はどう解消すればいいのでしょうか? その場合にも、軽い運動やストレッチ、食事の摂り方を意識するなど日常生活の中で工夫を取り入れていくことで解消できるはず。具体的に肥満を解消する方法をご紹介しましょう。

ストレッチ&軽い運動

30代を過ぎて太ってしまうのは、基礎代謝が下がるからです。そのためストレッチをして体を柔らかくすると血流が促進され、代謝を改善することができるんですね。ぜひとも日常生活の中にストレッチを取り入れていきたいところです。とくに股関節のストレッチはリンパの流れを良くして、代謝を促すことができるのでオススメ。
 
具体的な方法としては、座った状態でヒザを伸ばし両足を左右に限界まで開きます。それから前方に向かって上体を倒して、苦しくなるところで止めましょう。しっかりと息を吐いて10秒ほどその体勢をキープし、ゆっくりと体を起こしたら終わりです。
 
また、肩甲骨のあたりには基礎代謝をアップさせる褐色脂肪細胞が集中しています。そして褐色脂肪細胞を刺激することで基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼につながると言われているんです。そのためのストレッチをするには、まず両足の裏をくっつけるようにして床に座りましょう。続いて背後で両手をつなぎ、上体を前に倒しながら手を上に向かって上げていきます。そのまま5秒ほどキープしてから、右に腕を倒して5秒キープ、左に倒して5秒キープし、体を元に戻せばOKです。

筋トレ

また、筋肉量を増やすことによっても基礎代謝を上げることができます。とくに太腿は体の中でも筋肉量が多いので、集中的に鍛えると効果が出やすいですよ。太腿の筋肉を鍛えるにはスクワットがオススメです。立った状態で腕を前に出してヒザを曲げ、まっすぐ腰を下ろして膝が90度になるところまでいったら、ゆっくりと腰を上げていきます。これを自分のできる範囲で繰り返し、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。
 
また、年を重ねると脂肪がつきやすくなるお腹まわりは、腹筋が効果的です。とくに仰向けに寝た状態で真っ直ぐに伸ばした足を斜め45度まで持ち上げ、床に下ろす“足上げ腹筋”は下腹部の筋肉に効くので魅力的。また、ヒザを曲げた状態で仰向けに寝て上体を起こすオーソドックスな腹筋でも、お腹の上部が鍛えられます。バランスよく鍛えていきましょう。

食事

老化が進んでしまうと基礎代謝が下がって、太りやすい体になります。そのため、若々しい体を保つ食事を心掛けていくことが大切です。体の細胞は活性酸素によって酸化し、老化が促されるもの。そこで抗酸化物質の入った食品を摂ることでエイジングケアにつながると言われています。
 
抗酸化物質にはニンジンやカボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に入っている「ベータカロテン」、レモンや小松菜などに含まれる「ビタミンC」、イワシやアーモンドなどに含まれる「ビタミンE」、赤ワインや緑茶、リンゴなどに含まれる「ポリフェノール」、大豆やタマネギなどに含まれる「フラボノイド」などがあります。普段の食事でこういった栄養を意識的に摂ることで、代謝の活発な体をキープすることができますよ。
 


 
 
30代を過ぎても、健康的で美しい体でありたいものですよね。そのためには普段から生活習慣に気をつけたり、「太ってきたな」と感じたらストレッチや食事の見直しを行ったりと、早めの対策をしていきましょう。普段の生活でも簡単にできることばかりなので、まずはちょっとした意識改善にチャレンジしてみてください。また、若々しい体を保つためのアドバイスができることは、セラピストを目指す人にとっても強い武器になるはずですよ。

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!