美容スペシャリストな自分になるために

やりがい満点の人気職! マーケティング・企画職の仕事内容や業界状況とは!


マーケティング・企画職ではどんな仕事をするのか、あなたはご存知ですか? 会社にとっては売上アップや商品開発に欠かせない部門なのですが、事務や営業などに比べると少しマイナーなお仕事なので、どんなことをするのか分からないという人もいるかもしれませんね。
 
ですがマーケティング・企画職は市場の動向や「こんなものがあったら良いのに!」というニーズを調査して、新しい商品を自ら生み出す仕事。やりがいが抜群であることから、女性にも人気が高い職業なんです。今回はそんなマーケティング・企画のお仕事について、仕事内容や業界状況を見ていきましょう。

マーケティング・企画のお仕事とは

マーケティング・企画職の仕事内容は、既存商品の改善や新商品・新サービスの開発が中心になります。ただし厳密にはマーケティングと企画とは別の仕事内容を指し、会社によっては企画部門のなかにマーケティングの仕事が含まれていたり、別部門として独立していることもあるようです。ここではマーケティングと企画、それぞれの仕事の特徴を見てみましょう。
 

マーケティング

マーケティングとは商品の売り上げを良くするための方法を考えたり、その方法を実践するための仕組みづくりを行うための部門です。出来上がった商品やサービスをどんな風に販売すれば売り上げが上がるのか、どんな広告を出せば注目してもらえるのか、どんな場所にニーズがあるのかなどを見極め、戦略を考えるのがマーケティングの仕事なんですね。そのためにアンケートや聞き込みなどの市場調査を実行し、データの分析を行って効果的な戦略を考えるのです。

企画

現在扱っているサービス・商品の問題点やユーザーの不満点を見つけてそれらを改善したり、エンドユーザーの使い方に合わせて新商品を開発するなど、会社の戦力となりうる新たな商材を生み出すのが仕事。商品をより良いものにするために、市場情報や実際に使ってみた感想なども収集します。そのため、マーケティングと企画は一緒に行われることが多く、部門が違う場合でもこの2つは切っても切れない関係にあるので、混同されやすい仕事でもあるんですね。
 
簡単にまとめると、マーケティング部門では商品の売れ行きが伸びる方法を考えて実践するのに対して、既存の商品の改善や新商品の開発などを行うのが企画部門と考えると覚えやすいですよ。

マーケティング・企画職の求人は激戦区

新たな市場の開拓や新商品の開発に欠かせないマーケティングと企画のお仕事ですが、実はなかなか就職するのが難しい職種でもあります。大企業や開発に力を入れている会社には設立されているのに、同じ業界の中・小企業には該当する部署そのものがないということもあるので、求人数が比較的少ないという特徴があります。
 
一方で企業の今後を左右する重要な部門のため、どの会社も常に優秀な人材を求めています。ただし採用に慎重な会社が多いので、業界に関する専門知識に長けている・分析力に優れているなどをアピールできる実績がないと就職できないとも言われ、競争の激しい職種なんですね。
 
ここまで読んで「未経験から企画職に就くのは難しいの?」と感じた人もいるかもしれませんが、マーケティングや企画部門では情報収集が大きな役割を果たしているため、データ入力やアンケート結果のまとめなど、事務的な作業を行うアシスタント的な求人も多く出されています。アルバイトやパートなどの雇用形態での採用を行っている会社もあるので、まずはそこからスタートして経験を積んでいくという方法もありますよ。
 

マーケティングや企画のキャリアプラン

マーケティングや企画の仕事は結果次第では社内の売上に大きく貢献するもの。やりがいがありますし、実力と実績が伴えば社内で出世を望むこともできます。企画部門から管理職や経営幹部になったという経験談も珍しくありません。また、キャリアアップのために転職するというのもひとつの選択肢です。同じマーケティング・企画職なら培ってきたノウハウや情報を役立てることができるので、給与や待遇が優れた別の会社があったら、転職を考えてみてもいいかもしれません。
 
ほかにも、分析力やアイデア力を生かして独立するという方法もあります。採用が難しいぶん、就職後に結果を残すことができればキャリアップにつながりやすい職種なので、興味がある人はぜひ自分の可能性のひとつとして考えてみてくださいね。
 
画像出典:JacQuLyne / essentials (from Flickr, CC BY 2.0)Lian Pin Koh / Open-source Mission Planner software for drone (from Flickr, CC BY 2.0)