美容スペシャリストな自分になるために

朝の挨拶をきっかけに同僚から恋人へ!? 職場内恋愛が始まる瞬間とは

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・Lala*]


社会人になると男性との出会いの場が限られてくるもの。そこで一番身近なものとしては、職場が挙げられるでしょう。職場内恋愛は毎日一緒にいられたり、仕事終わりに一緒に帰ったり出来るのが憧れの関係ですね。ですが身近すぎるために恋愛にまで発展しなかったり、こちらが気になっていても職場だからと積極的なアプローチをためらってしまったりと、難易度の高い恋でもあります。
 
そこで、積極的にアプローチ出来ないのであれば、男性からもこちらを気にしてもらえるようにさりげないきっかけを作ってあげればいいのです。職場の同僚は毎日顔を合わせる相手なので、距離を縮める方法は色々あるはず。今回は、男性が同じ職場の女性を意識し始める職場恋愛のきっかけについてご紹介します。

職場で恋に落ちるパターン

まずは会社内で、仕事中に恋に落ちるパターン。一番多いのは同期や同僚、同じチームなど、一緒に仕事をする仲間同士で、たまたまペアになったり、共同作業の多い相手に対して恋心を抱くパターンです。連絡や相談を繰り返していくうちに距離が縮まっていき、何かトラブルや大きな案件を乗り越えた時の達成感は2人だけで分かち合える特別なものになりますよ。
 
また、上司や部下、先輩後輩関係の場合、教育担当になった時などが距離が近くなるきっかけとなります。仕事の教え方が親切であったり、新しいことを覚えるときの熱心な姿勢などを見て、お互いに「他の人とは違うな」と恋に落ちることが多いようです。
 
そして一緒に残業して他の人より遅くまで会社にいるだけで、お互いの苦労が分かち合えるため相手を身近に感じることがあります。自分が残業する必要がなくても彼の仕事を手伝ってあげたり、お菓子やコーヒーなどを差し入れて労ってあげることで「気の利くいい人」という印象を持ってくれるかもしれません。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・河村友歌]

仕事以外の時間でも恋は始まる

部署やチームが違っても、仕事以外の時間にもきっかけは潜んでいます。毎朝挨拶しあうだけの関係でもいつしか気になる相手になっていたというパターンや、お昼や休憩時間にたまたま一緒になって会話が弾んで以来親密な関係になったりと、仕事と関係ない場所で会うからこそ仕事のことを忘れて気楽に話せる存在となるようです。
 
仕事中でも休憩中でも雑談が出来る相手なら、共通の趣味があると一気に打ち解けた関係になれますね。いろいろ話す中で共通の価値観を見つけたら、それを利用してデートにも誘いやすく、脈アリに持ち込むきっかけになります。また、悩み相談も親密になれるチャンスですね。普段と違う弱い部分を見せることでドキッとさせたり、また「自分を頼りにしてくれた」と感じさせるのも、男性にとっては意識するきっかけとなるようです。
 
普段なかなか話すことのない相手でも、職場での飲み会は自分の知らない一面を見せるまたとない機会です。職場ではしない踏み込んだ話で意外な共通点を見つけたり、繊細そうな人が意外な飲みっぷりを見せたりと、普段と違うギャップで恋に落ちてしまうかもしれません。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・シマヅ]

きっかけ作りは積極的に

いろいろなきっかけを見てきましたが、恋愛の難しいところは何がきっかけで発展するかわからないこと。たまたま目が合った、エレベーターが一緒になったなどのほんの些細な縁から付き合うことになった…なんてことも起こりうるんです。
 
ですが同じ職場の男性に好感を持ってもらうためには、何よりも仕事に取り組む姿勢が大事。だらしない面や手を抜いたりサボったりしているところを見られてしまっては、恋愛どころか仕事での信頼も失ってしまいます。常に真剣に働いて、懸命な姿を見せるだけで「いいな」と思ってくれる人が現れる可能性が高まるもの。さらに周りへの気遣いやファッションなど、より細かな気づかいで恋を引き寄せましょう。