美容スペシャリストな自分になるために

作成:2016.08.09

セラピスト

ダイエットだけじゃない! 美肌や美髪にも最適なこんにゃくの美容効果とレシピとは


低カロリーで低価格なことから、ダイエットの時に大活躍する食材・こんにゃく。あまり知られていませんが、実はこんにゃくはダイエットだけではなく、美肌や美髪にも役に立ちます。美容食としてはピカイチなので、美と健康を保つお手伝いをするセラピストとしては、ぜひ押さえておきたい食材ですね。

 
こんにゃくの歴史は古く、一般的に食べられるようになったのは鎌倉時代からと言われています。そんな日本人にとっては馴染み深いこんにゃくの持つ美容効果について、レシピと合わせて詳しく見ていきましょう。

こんにゃくはダイエットの強い味方

こんにゃく100gあたりのカロリーはわずか5~7kcal。ごはん100gのカロリーは168kcalなので、わずか約30分の1ほどのカロリーということになります。その上、こんにゃくはほとんどが水分で残りは食物繊維であることから、大体が体外に排出されます。そのためこんにゃくは体にカロリーを蓄積しない、まさにダイエット向けの食材と言えますね。
 
また、こんにゃくの持つプルプルとした食感はよく噛むことを促し、満腹感につながります。そして、水溶性であるこんにゃくの主成分・グルコマンナンはおなかの中で膨らむので、腹持ちがいいんです。ダイエットの最大の敵である空腹感と戦うためには、こんにゃくはとても強い味方ですね。

ローカロリーで美味しく「ササミとこんにゃくの梅醤油和え」

まず最初に、低脂肪・高タンパクであることからダイエットのお助け食材として知られるササミを、2本塩茹でして手で割きます。あとは下茹でして短冊切りにしたこんにゃく100gと一緒に、種を取って叩いた梅干し1個・だし汁100cc・醤油大さじ3と和えるだけ。梅干しの持つクエン酸やポリフェノールにもダイエット効果があると言われているので、おなかが空いて仕方がない時はおやつや夜食で食べるのにもふさわしい料理です。
 

美肌成分もばっちり

美肌をキープするためには、肌の角質層で水分や油分を抱き込んでいるセラミドの働きを活発にすることが重要。セラミドには保湿効果があるため、しっかりとセラミドが機能すればハリとうるおいのある乾燥知らずの肌になれますよ。
 
そこでうってつけなのがこんにゃく。こんにゃくはセラミドを多く含む食材として有名で、こんにゃく芋には米や小麦の7~16倍ほどのセラミドが含まれていると言われています。さらに生芋こんにゃくなら、半丁食べれば1日に必要なセラミドを摂れるんです。美肌効果を狙っている人は、こんにゃく粉を使ったものではなく、生芋こんにゃくを食べるようにすると良いでしょう。

こんにゃくを使った美肌レシピ「牛すじとこんにゃくのどて煮」

ネギの青いところと生姜のかけらを一緒に入れて、2時間ほど下茹でした牛すじ200gを一口大にカット。そして大根1/3本を厚さ1cmのいちょう切りにした上、こんにゃく1丁を下茹でして、冷めたところで一口大にちぎります。さらにだし汁2カップ・ショウガの絞り汁大さじ1・酒大さじ1・みりん大さじ1・砂糖大さじ2・醤油大さじ1・味噌大さじ3を混ぜ合わせて、牛すじ・大根・こんにゃくと一緒に鍋の中へ投入。そのままコトコトと2時間煮込みます。最後に刻んだ万能ねぎと七味をふりかければ完成です。なお、圧力鍋がある人は、牛すじの下茹でと煮込みの時に、20分程度で自然放置に切り替えると良いでしょう。
 
牛すじにはヒドロキシプロリンというコラーゲンが大量に含まれています。その成分はなんと化粧品の保湿剤にも使われるほど! また、生姜には抗酸化作用があるため、シワの防止にも効能あり。こんにゃくのセラミド・牛すじのコラーゲン・ショウガの抗酸化作用の組み合わせで、モチモチ美肌への道が開けそうですね。ついでに牛すじを下茹でした残り汁に塩・胡椒で味つけすれば、美味しいスープができますよ。溶けだしたコラーゲンも一緒に摂れるので、さらなる美肌を目指したい人は試してみてください。
 

健康な頭皮と美しい髪をキープ

セラミドは美肌に良いと紹介しましたが、そのほか髪のパサつきを抑えてダメージを修復してくれる効果も。髪だけでなく頭皮にも働きかけるため、かゆみやフケといった頭皮トラブルの予防にもつながります。
 
また、育毛に必要なのはセラミドだけではありません。不足すると抜け毛が増えて薄毛の要因になると言われているカルシウムを補うことも、美髪を作るためには大切。そして凝固剤に水酸化カルシウムが使われているため、こんにゃくにはカルシウムがたくさん含まれています。セラミドとカルシウムという2つの柱があることから、こんにゃくは美髪作りにもってこいの食材だと言えるんですね。

ワカメとの合わせ技で“うるツヤ髪”へ「こんにゃくとワカメの炒め煮」

まず、水で戻したワカメひとつかみを一口大に切ります。そしてこんにゃく1丁を下茹でした後、薄めの短冊切りに。そこまで用意できたら、鍋でごま油大さじ1を熱してワカメとこんにゃくをサッと炒め、酒大さじ1・みりん大さじ1・砂糖小さじ2・醤油大さじ1を入れて軽く混ぜ合わせましょう。最後に汁気がなくなるまで煮て、すりゴマ大さじ1を加えればできあがりです。
 
ワカメにはヨードを始めとする各種ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているため、健康な髪を生成する効果があります。簡単に作れて美髪につながる料理なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
 


 
 
いくら美容効果があるといっても、こんにゃくの食べすぎは体に良くありません。中には腸閉塞になってしまったなんて怖い話もあるので、毎食欠かさず食べるのではなく、1日のうち1食だけ食べるようにするなど工夫しましょう。せっかく美容効果が高い食材を逆効果にしないよう、やりすぎにはくれぐれもご注意を。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

セラピストの関連求人

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!