美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月16日更新

セラピスト

未経験者でも資格をとってサロンデビュー! 意外と手厚いセラピストの研修制度!


セラピストのお仕事は施術の技術はもちろんのこと、美容や人の心身に関する様々な知識を持っていなければならないので、未経験者には難しいお仕事だと思われています。しかし最近のリラクゼーションサロンでは、セラピストの人手不足が深刻になっているとのこと。未経験者に手厚い研修を行っているサロンも珍しくないようですよ。
 
そこで今回はセラピストの研修制度についてご紹介。サロンごとに違う研修内容や研修にかかる期間・費用、研修中の給与について取り上げていきます。中には研修終了後に資格をとれるサロンもあるようなので、職場選びの参考にしてみてください。

セラピストの研修制度

セラピストを求めるサロンでは、実務未経験の人でも働けるように、様々な研修制度が設けられているようです。実際にセラピストの求人を見てみれば、「研修あり」となっているところが多くあるはず。研修にかかる期間はサロンによってまちまちで、最短2週間でデビューできるところもあれば、1カ月に渡る研修期間を設けているところもあります。

 


それでは実際に、どんな研修が行われているんでしょうか? まず研修期間が短いところでは、例えば「カウンセリング理論:○時間」「アロマトリートメント:○時間」といった形で、時間ごとに定められた内容をこなしていくタイプの研修があります。
 
逆に研修期間が「1カ月」など長めに設定されているところでは、店舗ではなくサロンが提携しているスクールや研修センターなどの施設で研修が行われることもあります。研修施設では常駐しているセラピストの講師から、解剖学や衛生学などのセラピストに必要な知識から実技研修までしっかり教わることができるそう。また、体験授業を行っているところもあるので、「どんなことが学べるんだろう…」と不安な人でも安心してチャレンジすることが出来ますね。
 
また費用の方は、研修にかかる期間や内容に関わらず無料で行われる「無料研修制度」を採用しているところが多いようです。しかし研修中に給料が発生することはほとんどなく、また外部のスクールや研修センターで研修が行われる場合、そこまでの交通費が支払われることは少ないようです。とはいえ、自力でセラピストの専門学校などに通う場合は、通学に2年ほど、その費用に200万円ほどと大きなコストがかかるので、それよりも比較的安上がりにセラピストを目指せると考えることもできます。
 
ちなみにサロンの中には、まず受付や雑務などの業務を担当し、並行して研修を受けながらセラピストとしてステップアップしていくというお店もあるようです。そういったところでは研修期間中であっても業務に対して報酬が支払われるそうなので、稼ぎながらスキルアップしたいという人にはおすすめです。
 

セラピストの資格をとれる研修も!

サロンの中には研修終了後に認定試験を受け、資格をとることが出来るお店もあります。まず「日本リラクゼーション業協会」に所属している店舗では、研修後に同協会の実施している「リラクゼーションセラピスト認定試験」を受けられるところも多いようす。この「リラクゼーションセラピスト認定試験」には2級と1級があり、習得している級が上がるほど報酬が増えるサロンもある他、勤務する店舗を変えて就職活動をする際にも有利に働くそうですよ。
 
本来「リラクゼーションセラピスト認定試験」の2級を受験するためには、実務経験が100時間に達している必要があります。しかしこの実務経験には研修期間も含まれているので、研修を終えた後にすぐ試験を受けられるというわけなんです。また、サロンによっては研修のプログラムを「リラクゼーションセラピスト認定試験」の教本を元に作成しているところもあり、スムーズに資格を取得できるようになっているみたいですね。
 

セラピストの研修内容って?

一人前のセラピストになるために実施される入社後のサロン研修。研修の内容はサロンによって様々で、例えば入社後に1カ月間プロのトレーナーから研修を受けるケースや、2年にわたって長期的にスケジュールが組まれていることも。研修費用は無料となっているケースが多く、技術向上へのバックアップ体制はよく整っていると言えるでしょう。
 
では具体的にはどのような研修が行われているのでしょうか。以下では、実際にサロンで実施されている研修内容を紹介していきます。たとえば入社時に1カ月間の研修期間が設けられているお店では、プロトレーナーがついて実技や接客方法などを学ぶことに。ストレッチやツボの刺激といった基礎的な部分から、新陳代謝を活発にさせるための発展的な技術などを習得していきます。
 
また入社後に長期間にわたって研修が行われるお店では、まず最初の1カ月でセラピストに必要な知識やスキルを実技も交えて学びます。先輩セラピストと一緒に施術の練習を重ねつつ、受付や問い合わせ対応などの店舗業務も少しずつ覚えるという流れ。そして2カ月ほど経った後に実際にサロンに配属され、徐々にお客様の施術を行っていくというのが基本です。半年ほど経験を積んだ後は社内資格制度を通じて、様々なお客様に対応していけるよう更なるスキルアップを目指します。サロンの求人に応募する際には、あらかじめどんな研修が行われているのか確認しておくと良いでしょう。

無料研修があるから安心! 未経験でセラピストになる人も

専門的な技術が必要とされるセラピストのお仕事。未経験では就職が難しいというイメージもあるかもしれませんが、実際には未経験の人に対する研修制度が充実しているサロンは数多くあります。そうしたサロンで働くには、求人欄に「未経験者歓迎」と掲載されているところを探すと良いでしょう。多くの場合は研修費無料で座学から技術研修、そして実務研修まで手厚いサポートが受けられます。未経験でのセラピストデビューは不安に思うことも多いかもしれませんが、同期入社のメンバーとお互いの成長を感じながら学べるのは嬉しいですよね。研修終了後にもフォローアップ制度が設けられているなど、働きながらでも安心してスキルアップが望めそう。ただし研修時に給与が支給されるかどうかはサロン次第なので、あらかじめ調べておくのがおススメ。

 
もしいきなり入社することが不安だったら、セラピスト向けのスクールに通って勉強しておくのも良いでしょう。数カ月で修了できる短期間のコースを設けているところも多く、セラピストとしての基本的な知識を身につけることができます。また合格率が高く、取得しやすい「アロマテラピー検定」など資格を取得しておくのも一つの手。公式テキストを活用すれば独学でも取得できると言われているので、ぜひ検討してみてくださいね。
 
画像出典:WorldSkills UK / EuroSkills Gothenburg 2016…Team UK(from Flickr, CC BY 2.0)Michael Martin / Charmed Aroma Shoot(from Flickr, CC BY 2.0)LDC HOTELS & RESORTS / A.ROMA Lifestyle Hotel Rome (Italy)(from Flickr, CC BY 2.0)

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント