美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.27

セラピスト

妊娠中でも大丈夫?妊娠中のアロマセラピーの楽しみ方

妊婦さん・娘

 

妊娠中のアロマセラピーの楽しみ方

妊娠中にアロマセラピーをやってはいけない、使ってはいけないと思っている方もいると思います。注意点をきちんと守っていれば、妊娠中でもアロマセラピーを十分に楽しむことができます。妊娠初期の方は直接肌に塗らず、香りを楽しむ「芳香浴」のみにしましょう。

妊娠中のアロマセラピーの楽しみ方

  • 芳香浴で香りを楽しむ程度であれば、妊娠中にNGとされている精油でも使用は可能
    (ただし、体調が良くないとき、気分がさえないとき、違和感を感じるときは使用を避ける)
  • 安定期に入れば、妊娠中使用OKの精油で、マッサージやアロマバスなどもOK
    (気になる方は、精油を加えずにキャリアオイルのみのマッサージもおすすめ)
オイル

 

妊娠中、使用OKの精油

  • オレンジスイート
  • グレープフルーツ
  • ティーツリー
  • ベルガモット
  • ラベンダー
  • ユーカリ
  • レモン
  • ローズウッド
  • ネロリ

妊娠中、使用NGの精油

  • イランイラン
  • カモミール
  • シダーウッド
  • シナモンリーフ
  • ゼラニウム
  • ナツメグ
  • バジル
  • ヒノキ
  • マジョーラム
  • ペパーミント
  • ローズ
  • ローズマリー
  • レモングラス

妊娠していても使用OKの精油、使用NGの精油を頭に入れておくと安心ですね。

妊娠中のアロマセラピーのメリット

妊婦さん

 

妊娠中にアロマセラピーを行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。人によって、または体調によっても様々ですが、以下のような効果が期待できます。

妊娠中のアロマセラピーのメリット

  • リラックス効果
  • 幸福感を得られる
  • 緊張感をほぐす
  • 精神的な負担を軽減してくれる
  • ストレスを和らげる
  • リフレッシュ効果
  • むくみ解消効果
  • 免疫力アップで風邪予防効果
  • 妊娠線予防効果
  • 空気清浄効果

このように、妊娠中であっても、アロマセラピーの効果はたくさんあります。ぜひ、注意点を守って使用したいものですね。

妊娠中のアロマセラピーの注意点

妊娠中にアロマセラピーを受ける際は、注意点をしっかり守りましょう。

妊娠中のアロマセラピーの注意点

  • サロンでアロマセラピーのマッサージなどを受ける際は、必ずマタニティトリートメントを行ってくれるサロンを利用する
  • 妊娠中は嗅覚も敏感になり、妊娠前に好きだった香りも苦手になっている場合もあるので、注意が必要
  • 妊娠中は、通経作用
    (月経を促す作用)、ホルモン調整作用、刺激作用のある精油の使用は避ける(特にトリートメントなど、肌に直接触れる行為は避ける)
  • あまり聞かないマイナーな精油の使用は控える

妊娠中のアロマセラピーも、注意点を守れば安全に楽しむことができます。しかし、好きな香り、妊娠中使用OKな香りであっても、違和感を感じたり、嫌な気持ちになるようであれば、使用をすぐに控えてください。妊娠中は非常に敏感な時期でもありますので、自分の直感を信じて行動することも大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!