美容スペシャリストな自分になるために

作成:2019.07.17

美容師

カットやパーマだけじゃない!美容室であると嬉しい「付加サービス」とは??


 

髪をカットして、希望の色にカラーして、ダメージをケアするためにトリートメントをする。美容室のメインサービスとは、そんな風に髪を綺麗にすること。ただ、最近ではそれだけではなく、ドリンク提供や携帯の充電、マッサージや託児所まで、本当に幅広い付加サービスを行っているサロンも多いのです。どんな付加サービスが嬉しいのか、また、これからどんな付加サービスを導入していくべきなのか、実際の声も例に挙げながら見ていきましょう。これから美容室をオープンしようとしている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

やっぱり1番はマッサージ!受けて嬉しかった付加サービスとは


 

美プロ内で「これまで受けて嬉しかった付加サービスは何ですか?」とアンケートを行った結果、次のような回答を得られました。皆さんはどのようなサービスに喜びを感じるのでしょうか。「そんなサービスがあるんだ!」と受けた事のないサービスも見つかるかもしれません。美容室によって個性が違い、重きを置いているコンセプトも異なります。

 

アンケート結果を元に、実際に行われているサービスについて紹介していきます。果たして、多くの人に人気のサービスはどんなものなのでしょうか。

 

【結果詳細】

ドリンクサービス(30.3%)、

マッサージ(25.3%)、

お菓子サービス(14.1%)、

携帯やパソコンの充電(12%)、

雑誌や漫画(8.4%)、

TV(映画やドラマの視聴)(6.3%)、

託児サービス(1.4%)、

その他(2.1%)、

人気ナンバー1◆ドリンクサービス

最近では、ほとんどの美容室で提供されるドリンクサービス。初めてこのサービスを受けた時には嬉しかった思い出が残っているのではないでしょうか。

 

パーマやカラーなどのメニューには、待ち時間が発生するため温かいお飲み物や冷たいお飲み物が無料で提供されます。夏の暑い日や冬の寒い時期、また風邪が流行り喉を痛めている時期には、特にありがたく感じます。

 

ドリンクも用意されているメニューの中から選ばせてもらえて好みの飲み物を飲むことが出来るので、初めて行く美容室でも緊張がほどけてリラックスした状態で過ごせるのが嬉しいものです。

人気ナンバー2◆マッサージ

美容室では、カウンセリングからカラーリング、シャンプー、カットなど様々な工程を経て仕上がります。長い時間、席に座って会話をしたり、きちんと背筋を伸ばして座ったりと意外と疲れてしまうもの。

 

そんな時に、美容師さんが行ってくれるマッサージはとても気持ちが良いですよね。美容室によってどのタイミングで行うかは異なりますが、最後のシャンプーの際にシャンプー台でマッサージをしてくれる場合もあれば、シャンプーを終えて席に戻ってから行ってくれる場合もります。

 

人によってはマッサージを受けるのが苦手な人もいますので、その場合には遠慮なく美容師に伝えましょう。ですが、疲れた体を癒すのには最適です。普段マッサージを受けに行く習慣のない人は、せっかくの機会なので美容室でマッサージを受けてみるのも良いでしょう。

人気ナンバー3◆お菓子サービス

女性に特に喜ばれるお菓子サービス。カラーやパーマの待ち時間に提供されるドリンクと一緒にクッキーやキャンディが添えられます。

 

美容室こだわりのお菓子を用意してくれる所もあり、ちょっとした楽しみとして美容室に訪れる人も多いのではないでしょうか。とはいえ、人前でお菓子を食べるのに抵抗がある人もいます。食べやすい大きさのお菓子が用意されている事が多いのも特徴ですね。

 

また、担当する美容師によっては、手を付けなかったお菓子をお土産に持たせてくれる事もありますので、そんな時は遠慮なくいただきましょう。

いざという時に助かる◆携帯やパソコンの充電

家を出てハッと、携帯の充電がない事に気づいてしまうなんて事はないでしょうか。もしくは、用事を済ませてから美容室に行くときなど、既に充電が残りわずかなんてこともあります。

 

携帯の充電は、携帯端末の状態によっても減り方が異なりますので、予期せぬことがおこります。あらかじめ自宅で充電して来たり、持ち運び用の充電機を使ったりするのがベストですが、どうしてもの時には美容室で充電をさせてくれることがあります。

 

毎回、美容室に訪れるたびに充電させてもらっていると嫌な顔をされてしまうかもしれませんが、本当に困った時にだけ借りるようにすれば問題はありません。注意したいのがパソコンの充電です。パソコンを使用しながらの充電は、カラー剤などの薬液がパソコンへ飛び跳ねる可能性が高いので、施術中には使用を控えるようにしましょう。

会話をせずにゆったりと過ごせる◆雑誌や漫画の完備


 

美容室に行ったら会話をしなければならない、と思っている方も多いのではないでしょうか。せっかくの休日にゆったりと過ごしたい、そう思うことは自然な事。

 

仲の良い美容師がいる場合には、会話をしながらヘアスタイルをチェンジしていくというのも悪くはありませんが、静かに過ごしたいという人には雑誌や漫画がとても役に立ちます。本を読みながらの施術は、美容師もお客様も無言で時が過ぎていきますが、それはそれで良い時間とも言えるでしょう。

 

普段、雑誌を読む時間が取れない人も、この機会に雑誌を読むなどしてファッションやメイクのトレンドを吸収するなど、実のある時間になりますよ。美容室には、最新の雑誌がいくつも用意されているので、読みたい雑誌を選んで待ち時間を有効に使うことができます。

時間がかかる施術の暇つぶしに◆映画やドラマの視聴

本を読むことが得意ではない人に喜ばれる映画やドラマの視聴。このサービスを取り入れている美容室は多くはありませんが、映画好きには一番のリラックス方法となります。

 

他のお客様もいるので大きな音量で観ることはできませんが、待ち時間があっという間に終わってしまいます。映画を最後まで観る時間はないかもしれませんが、美容師との話題作りともなり喜ばれるサービスのひとつとなります。

 

時間を無駄にしたくない人には、美容室にも行けて映画も観られるなんて一石二鳥ですね。

子育てママも綺麗にしていたい◆託児サービス

子育てママは、家事や育児に追われ忙しい毎日。小さなお子様がいる時には、誰かに預けて美容室に行くことが難しい時もあるのです。預けている事を気にしてしまい、ゆっくり美容室でサービスを受けることが出来ないママもいます。

 

そんな時に助かるのが、託児サービス付きの美容室です。美容室内に託児スペースやキッズスペースがあり、プロの保育士さんに預けている間にサービスを受けることができる、とても便利なサービスです。

 

キッズスペースにはベビーベットやおもちゃがあり、ビデオ鑑賞などを楽しみながらママが綺麗になるのを待つ事ができるので、子育てママも安心して美容室に赴けます。託児サービスがある美容室を探していくママも多いようです。

どんなサービスがあったら嬉しい?お客様の本音とは


 

今まで受けてきた付加サービスの他に、こんなサービスがあったらいいなというものには、様々な意見が寄せられました。出来る出来ないは別として、美容室でサービスを受ける人はそのような意見があったのでしょうか。その中で、いくつかご紹介していきます。

 

  • 付加サービスよりも、要望通りに施術してもらえたら嬉しい。
  • カフェみたいに気軽に飲食が出来れば嬉しい。
  • 髪の毛のケア方法や乾かし方、日々のアレンジ方法など髪質に合わせて教えてほしい。
  • 他のお客様を気にしなくても良いように、完全個室にしてほしい。
  • 待ち時間のあるメニューだけでなく、すべてのメニューでドリンクのサービスをしてほしい。

 

その他にも、ハンドマッサージやFree Wi-Fiの完備、漫画本の充実など様々な意見がありました。どれも取り入れている美容室はありますが、すべてを取り入れるのは難しいので美容室選びの材料のひとつとしておくのが良いかもしれませんね。

 

意見の中にあったように、付加サービスよりも要望通りに施術してもらいたいというのが本音ではないでしょうか。ドリンクサービスやハンドマッサージで、そのサロンに通い続けるかを決めるのではなく、カット技術や担当美容師との相性で、「自分を理解してくれて伝えたいことが伝わる」、そんな美容師と出会えた時に通い続ける美容室かどうかが決まります。

 

こんなサービスがあったらいいなというものは沢山あるものの、美容室全体で技術の向上やムラのない高い接客で統一されていれば、きっとお客様に選ばれる美容室になるでしょう。

本当に美容室?!ちょっと変わった付加サービス


 

続いては、ユニークな付加サービスをご紹介します。他店と差別化を図るため、美容室オーナーは試行錯誤している事と思います。ちょっぴり変わったサロンにするには、こんな事も付加サービスとして取り入れられているのです。

バーカウンターでのアルコール提供

その名の通り、美容室内にバーカウンターを設置しアルコールを提供しているサロンもあります。髪を切りたい、パーマをかけたい、それだけでなく話をしたい、愚痴を聞いてほしいなど、様々なお客様に寄り添えるよう、ビールなどの販売を行ってふらっと立ち寄れるサロンにしているようです。

 

バーカウンターも美容師のお手製のもので、木材の寸法を測るところから始まりカットやヤスリをかけたりと手作り感を出すことでアットホームな雰囲気を出せるのかもしれませんね。専門知識がないと難しい分野でもありますが、こうして自分のサロンだからこそ出来る独自の空間作りが、お客様に喜ばれるサービスに繋がっているようです。

スーツの仕立てまで、トータルコーディネート

こちらは、男性向けの理容室での付加サービス。理容室の数が年々減る中、ミラノやロンドン、 ニューヨーク、アメリカ西海岸といった海外の文化を好む大人な男性や若年層に人気があります。

 

散髪とシェービングの従来の施術メニューだけでなく、ヘッドスパやフェイシャルマッサージ、更にはスーツやジャケットがオーダー出来る理容室も。髪だけでなく、全身のトータルプロデュースをしてくれることにより、その人の最大限の魅力が引き出され、従来のバーバーの枠組みを超えた存在となっているのです。

 

ヘアスタイルやフェイシャルマッサージなど、上から下までその人に合わせてスーツをコーディネートしてくれるのだから、自信を持ってビジネスシーンで活躍していけそうですね。

他のお客様も気にならない個室サービス

美容室に行った際に他のお客様が気になってしまうなどと、心休まる空間ではない事が多いのですが、全席完全個室にしている美容室もあるのです。

 

他のお客様の会話や視線が気になり余計疲れてしまうなんて事もあるでしょう。他のお客様と遭遇することのない個室空間であれば、本音で美容師と向き合うことができ、なりたい髪型もうまく伝えられるのではないかと思います。美容師側も同様で、一緒に働くスタッフにお客様との会話を聞かれることもなく、自分の人間性を出しつつ会話をしていけるのではないでしょうか。

 

このように、双方にとっても良いサービスがあることで働きやすく、お客様も足を運びやすい美容室となるようですね。オリジナリティのある付加サービスを採用し、技術にプラスアルファで喜ばれるおもてなしを提供できると良いですね。

まとめ


 

今やコンビニの数よりも多いと言われている美容室。街中にたくさんある美容室の中で自分のお店を選んでもらうために、ユニークな付加サービスを導入しているお店も多いのですね。

 

「とは言っても、何をしたら良いのか分からない・・・!」という方。例えばお酒好きの美容師さんならアルコールの提供をしたり、子供好きの美容師さんなら託児所を用意したりと、自分の好きなことを付加サービスとして提供してみてはいかがでしょうか。

 

その他にも、他では買えないようなオリジナル商材を揃えたり、海外旅行に来たような雰囲気作りにこだわるなど、ライバル店には真似できないようなオリジナル要素を加えることでも十分話題に繋がるはず。

 

まずは丁寧な接客力と技術力を磨いて、「絶対にまた来たい!」と思ってもらえるような付加サービスをプラスで用意できると良いですね。

Author:美プロ編集部

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。