美容スペシャリストな自分になるために

公開日:2018年11月22日

更新日:2019年4月11日

美容師

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情


 

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

 

忙しい仕事のため、いざ付き合ってみると休みのタイミングが全然合わないという理由で自然消滅してしまうことも多いそう。

お店が終わった後も、練習などで夜会える時間がほとんどなかったり、クリスマスなどのイベント時に会えなかったり、デートの約束をしていても急にお店に予約が入れば休日返上で出勤なんてことも・・・。

美容師の生活って?

美容師と恋愛を始める前にまず知っておきたいのが、美容師の生活事情ですよね。

美容師のお休みは関東だと火曜日、関西だと月曜日であることが多いです。なので1週間のスタートは祝日から。

ですが、お休みの日にもセミナーやコンクール、撮影会といったイベントが入ることも多く、なかなかちゃんとしたお休みがとれないという人も。

一日の流れ

09:00 出勤

出勤したら開店準備、今日一日の流れを確認する朝礼を行います。

10:00 美容室OPEN

カット、カラー、パーマ、スタイリングなどを含むお客様への接客をします。

↓(忙しければランチやトイレに行く時間もありません・・・)

19:00 美容室CLOSE

予約受付終了、残っているお客様の接客をこなします。

20:00 最後の予約のお客様終了

本日のお客様も全て終了!看板を下ろして後片付けに移ります。

21:00 閉店作業

ミーティング、次の日の準備、退勤

※閉店後、アシスタントの指導にあたることもあります。

 

1日のスケジュールは大体こんな流れですが、人によっては終電まで練習をして、朝も始発でサロンに出勤!ということもあります。

もし美容師とお付き合いできてあまり会うことが出来なくても、「なんで私に時間を作ってくれないの!?」なんて言葉は絶対にNG!美容師の仕事は一般的なサラリーマンよりも実は拘束時間が長いということをしっかり理解しておきましょう。

禁断の恋!? お客様を好きになったら

時間のない美容師にとって出会いのチャンスはお店の中だけ。お客様がたまたま自分の好みのタイプだったとしたら…? 間違いなく恋に落ちてしまいます。

 

告白してうまく付き合えれば万事オッケー! となりますが、問題は相手にその気がなかった場合です。

多くの人が気まずさを感じてしまい、サロンを変えてしまうそうです。そのため、お店の規則でお客様との恋愛禁止というサロンも多いみたいです。

 

お客様の誘い方

美容師からお客様を誘うのはリスクが高い。でも、美容師も人間です。

一度好きになってしまったらお客様だからといってその気持ちを止めることは難しいですよね。

お店の中では美容師とお客様ですが、一歩外に出ればただの男と女です。本当に好意を感じているならば、思い切ってその想いを相手にアプローチしてみるのもアリかも?

 

恋人の有無を確認する

うっかり恋人のいる相手にアプローチしてトラブルにならないためにも、まずは、相手に恋人がいるのかいないのかを確認してみましょう!

ストレートに「付き合ってる人いるんですか?」とサラッと聞くのもいいですが、「休みの日は何されているんですか?」の流れからさりげなく「彼氏さん(彼女さん)と遊んだりしないんですか?」とたずねてみてください。

「それがいないんですよー。付き合ってくれる人、募集中です!」なんて嬉しい答えが返ってくるかも。

連絡先を交換する

相手がフリーとわかったら、お客様との仲を縮めましょう!

いきなり「今度、飲みにいきましょうよー」なんて言うのはNG!相手に警戒されるだけです。

まずはその人との共通の話題を探して、話が盛り上がった流れでLINEやFaceBookなどのSNSを交換しましょう。

話が盛り上がっている時は、自然とお互いの心の距離も縮まっているものです。

そのタイミングを逃さず「LINE教えてよ」と切り出せば、きっといい反応がありますよ。

アピールする

うまく連絡先をGETできても、安心は禁物です。相手は、「営業のためにしているのかも・・・」「みんなとID交換してそう・・・」と思っているかも。

相手の話をよく聞いて目が合うたびに笑顔!これだけでも自分の想いに気づいてもらうきっかけになります。

また、帰り際に「LINE待ってます!」「今度、◯◯行こうね!」など、お店と関係ない話を出すことで施術中とのギャップを出すことができ、あなたは他の人と違うんだよと相手に大きくアピールすることができます。

もしかしたら、向こうもあなたが誘ってくれるのを待っているのかも・・・。

お客様と付き合う

美容師は華やかな職業です。それだけに誤解も多く、付き合ってからもお互いの気持ちがすれ違ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな時こそ相手にちゃんと向き合ってみましょう。

一緒に過ごす時間が少なくてもお互いの想いを丁寧に伝えあうことができれば、すれ違いもなくなるはずです。

 

美容師とのお付き合いはなかなか一緒に過ごす時間はありませんが、そのぶん会えたときのうれしさが増して結婚してからもずっと仲の良いカップルが多いそうです。

 

交際相手から探る美容師の恋愛事情

そもそも美容師は誰と恋愛することが多いか、あなたはご存知ですか?

美容師は夜遅くまで研修があったり、休日に仕事が忙しくなったりするため、プライベートの予定が立てにくいもの。そのため時間の都合をつけやすい美容師同士で付き合うことが多いと言われています。

さらに出会いの場に参加できる機会が少ないというのも、美容師同士が結ばれやすい理由の一つだと言えますね。

とはいえ、職場での恋愛は別れた後に気まずくなったり、仕事とプライベートとの区別が付きにくくなるというデメリットがあります。そのため意識的に同業者との恋愛を避ける美容師もいるようです。

 

また、美容師の中にはお客様と付き合ったことのある人も多いようです。

これも出会いの場が少ないことから説明できますが、美容師はお客様と話したり触れ合う時間が長い仕事だということも大きな理由になっていると考えられますね。

美容師と客が恋に落ちるきっかけは?

では、美容師と客という関係からどうやって恋に落ちるのでしょうか?

美容師がお客様に好意を抱くきっかけとして多いのが、ルックスが自分のタイプだったという場合。

サロンによっては美容師とお客様との恋愛を禁止していることもあるので、恋愛関係に発展しないようにしている美容師もいますが、好みの顔だったり、自分が好きなファッションをしている女性には思わず好意を抱いてしまうよう。

また、お客様の担当として会話を重ねていくうちに好きになってしまったというケースもあります。

 

反対に、客の立場から美容師の人を好きになるということもあります。

美容師は“美”を扱う仕事なので、見た目に気を遣っている人が多いもの。第一印象で恋に落ちるという人が多いようです。

しかも、好意を寄せている人が自分の髪に触れたり、シャンプーしてくれれば、仕事だと分かっていても嬉しくなりますよね。

お世辞にも「似合ってますよ」なんて言われればよりドキドキしてしまいます。では、客の立場で美容師を好きになった場合、どうすれば恋人の関係になることができるのでしょう?

 

美容師と付き合うための方法とは

最初のステップとして、まずは恋人がいるかどうかを探ってみましょう。

休日の過ごし方や会話の様子から、付き合っている人がいるかどうかを確認するのが基本です。

美容師の中にはプライベートなことを話したがらない人もいるので、「付き合っている人いますか?」など直接的な質問は避けた方が無難。どうしてもストレートに確認したい人は、何回か通って親しくなったときを狙って聞いてみましょう。

 

もし交際している人がいなければ、次はプライベートな関わりを増やします。

電話番号やLINEなど直接的な連絡先は聞きづらいですが、FacebookやTwitterなどのSNSであれば聞きやすく、しかも友達になりやすいというメリットがあります。

お互いの近況が分かれば共通点が発見しやすくなるので、普段からこまめにチェックして、来店した時に会話のきっかけとして使えるようにしておきましょう。

また、お店以外での関係を築いておくのもポイントの一つ。いきなりデートに誘うのは難しいという人は、複数人でのイベントや行事に誘ってプライベートな関係を深めていきましょう。

 

また、サロンで会った時にはお礼や感謝の言葉を口にするなど、礼儀正しくしておくのもポイント。

「○○さんにカットしてもらったヘアスタイル、評判良いの」「いつもキレイにしてくれてありがとう」など、美容師としてのプライドをくすぐるような言葉を投げかけてあげれば、好意を持ってくれるようになるかもしれません。

 

男性美容師と付き合うコツ

男性の美容師と付き合うためには、彼の仕事内容に理解を示してあげることが大切。忙しい美容師の仕事をしていると、サロン外で会える時間も少なくなります。

付き合う前から「次はいつ会えるの」や「いつ時間が空いてるの?」などしつこく聞いてしまうと、相手にうっとおしく思われてしまうかも…。

 

また、美容室を利用する人は男性よりも女性が多いので、必然的に男性美容師の方が異性に触れる機会が多くなります。

自分以外の女性と笑顔で会話しているからといって、ヤキモチをやくなんてNG。無事に交際に発展しても、嫉妬が原因でお別れしたというカップルが多いようなので、男性美容師には寛容な気持ちで接してあげると良いかもしれません。

女性美容師と付き合うコツ

女性の美容師を好きになったという場合は、信頼関係をゆっくりと築いていきましょう。

美容師という立場上、お客様からの好意やプライベートでの誘いを無下にはできません。

そのためデートに誘って「また今度」と言われたとしても、実はその気が全くないなんてことも。

返事を言葉どおりに受け取って何回も誘っていると、マイナスイメージになってしまうかもしれません。

連絡先をしつこく聞いたり、何度も連絡していると女性美容師に怖がられてしまうこともあるので、時間をかけてゆっくりと仲良くなるのがベストです。指名をして名前を覚えてもらう、プライベートな話をしてもらえるようになるなど、段階を踏んでいきましょう。

 

そして、お目当ての女性と同じ職場にいる男性美容師と仲良くなるというのも、女性美容師と付き合うための方法のひとつ。

先に男性美容師と仲良くなっておけば、男性美容師を巻き込んでお目当ての女性と遊ぶ機会を増やすことができますし、信頼関係も築きやすくなりますよ。

 

脈アリかどうかは、美容師の行動で確認!

気になっている美容師が自分に好意をもってくれているのか、気になりますよね。

いくらたくさんのお客様を相手にしている接客のプロといえど、美容師だって一人の人間。「いいな」と思っている相手に対しては無意識に行動をしてしまうことも。

接客時間が長い

大好きな人と話しているといつの間にか長い時間が過ぎてしまっているという経験も多いはず。美容師も一緒で、好きなお客様と話している時間はあっという間なのです。

プライベートの話から仕事の話まで、つい手を止めて夢中で話している内に施術時間が長くなってしまうこともしばしば。

こういうことが何回か続いた場合には、少なからず自分のことを良く思っていると考えて良いでしょう。

サロンの外で会うことを受け入れてくれる

基本的には、美容師側からサロンの外でお客様と会うお誘いをすることはあまりありません。恋愛関係になってもつれて、お店の大事なお客様を失ってしまうことのないように、店で禁止していることが多いためです。

なので客側から連絡先を聞いても食事に誘っても、リスクを回避するためにやんわりと断られることもしばしば。もしすぐにOKしてくれたのなら、自分に好意を持ってくれている可能性も大きいでしょう。

プライベートな話を聞いてくる

初対面の相手に対しては友達でも同じように、当たり障りの無い内容の会話をすることが多いはず。会う回数を重ねて仲良くなればなるほどに家族の話や恋愛の話などプライベートな内容を話すようになりますよね。

ですからもし美容師から恋愛観を話されたり、逆にこちらの恋愛観を聞かれたり、交友関係や家族のことなどを聞かれたりしたら少なからず自分のことを信頼していると思って良いでしょう。

気になっている美容師には、さりげなく恋人がいないアピールをしておくのもいいですね。

たくさん笑ってくれる

もちろん接客のプロなので誰にでも笑顔で話をすることはできますが、あまり仲良くない相手に対してずっと笑っているということは難しいもの。

反対に、好意を持っているお客様に対してはついつい楽しくなってくだらない話でも笑顔になります。「なんだか、他の人に接客している時よりもずっと笑ってくれている気がする」と感じているなら、あなたに好意を持っている可能性が大きいです。

さりげなく、自分以外のお客さんに接客している時の表情もチェックしておきましょう。

まとめ

キラキラしたイメージの強い美容師ですが、休日まで忙しくイベントが入っていることが多いので恋人がいないという人も多数。

気になっている美容師がいるのならまずはたくさんサロンに通って仲良くなって、さりげなく恋愛トークをして恋人がいないか確認したら、思い切って連絡先を聞いてみましょう。

「ヘアスタイルの相談に乗って欲しい」など伝えればサロンの外で会うことにも近づけるはず。

まずは一歩踏み出して、「他のお客とはちょっと違う」ということをアピールしましょう!

美容師の関連求人

美容師になるための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。