美容スペシャリストな自分になるために

2019.05.09

美容師

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情


 

「美容師=出会いがたくさんあってモテそう」というイメージをする人が多いかもしれません。ですが、実際は土日休みも取りにくく早朝から深夜まで働くために恋人がいないという美容師も多数。

また、せっかく恋人ができたとしても忙しい仕事のため、いざ付き合ってみると休みのタイミングが全然合わないという理由で自然消滅してしまうことも多いそう。

 

お店が終わった後も、練習などで夜会える時間がほとんどなかったり、クリスマスなどのイベント時に会えなかったり、デートの約束をしていても急にお店に予約が入れば休日返上で出勤なんてことも・・・。

「それでも、一度くらいはお洒落な美容師さんと付き合ってみたい!」という方のために、今回は美容師の恋愛事情について詳しく見ていきましょう。

美容師の生活って?

美容師と恋愛を始める前にまず知っておきたいのが、美容師の生活事情ですよね。

一般的には、美容師のお休みは関東だと火曜日、関西だと月曜日であることが多いです。

ですが、お休みの日にもセミナーやコンクール、撮影会といったイベントが入ることも多く、なかなかちゃんとしたお休みがとれないという人も。

一日の流れ

  • 09:00 出勤
  • 出勤したら開店準備、今日一日の流れを確認する朝礼を行います。

  • 10:00 美容室OPEN
  • カット、カラー、パーマ、スタイリングなどを含むお客様への接客をします。

  • 19:00 美容室CLOSE
  • 予約受付終了、残っているお客様の接客をこなします。

  • 20:00 最後の予約のお客様終了
  • 本日のお客様も全て終了!看板を下ろして後片付けに移ります。

  • 21:00 閉店作業
  • ミーティング、次の日の準備、退勤

    ※閉店後、アシスタントの指導にあたることもあります。

 

1日のスケジュールは大体こんな流れですが、アシスタントの場合は終電まで練習をして、朝も始発でサロンに出勤!ということもあります。

美容師の仕事は一般的なサラリーマンよりも実は拘束時間が長いということをしっかり理解しておかないと、すれ違いの原因になってしまいます…。

禁断の恋!? お客様と美容師の恋愛

時間のない美容師にとって出会いのチャンスはお店の中だけ。お客様がたまたま自分の好みのタイプだったとしたら…? 間違いなく恋に落ちてしまいます。

 

「遊んでいそう」「毎日たくさんの出会いがありそう」と思われがちですが、実はほとんどの美容師が時間と出会いのなさを嘆いているのが現実。そんな少ない出会いの中でどうやって恋人を見つけるのか?そう考えるとやはり、サロンに来てくれるお客様やサロンモデルさんとの出会いが要になってくるのですね。

 

実際に数少ない出会いのチャンスを掴んでお客様とお付き合いをする美容師も多く、美容師の半数はお客様との恋愛を経験したことがあるんだとか!

ただ、順調にお付き合いをして結婚まで向かえば何も問題がありませんが、結婚までたどりつかずにお別れを選ぶカップルも多いのが現実。その場合には、どれだけ円満にお別れをしたとしてもどうしても気まずくなってサロンを変えられてしまうことが多いのです。

 

そうやって色恋沙汰でサロンのお客様を減らしてしまうことを防ぐため、美容師とお客様の恋愛を禁止しているサロンも。とはいえ、禁止と言われると余計に足を踏み入れたくなってしまうのが本音ですよね。その結果が、美容師の半数以上がお客様との恋愛を経験している、という数値に繋がるのでしょう。

 

お客様と付き合う、美容師の本音って?

美容師とお客様との恋愛が多いことが分かりましたが、実際にお客様と付き合うということに対して美容師はどのように思っているのでしょうか?

お店に迷惑をかけたくない

お客様と恋愛している美容師が多いと言っても、まだまだお客様との恋愛を禁止しているサロンも。恋愛のもつれで大事な常連さんを減らしてサロンを困らせないよう、お客様からの個人的なお誘いは極力お断りしたいという美容師も多いのです。あくまでお客様との関係は仕事上の出会いであり、プライベートとはきっちり分けたいという思いもあるのですね。

これからも通って欲しいから受け入れる

自分にとって大事なお客様だから、本当は恋愛関係に発展させたくない。だけど、ここで断って今後サロンに来てくれなくなるのは嫌だからお誘いを断れない…という本音を抱えている美容師も。特に女性美容師に多く見られるので、相手が本当にプライベートで会うことに対して乗り気なのかどうかを見極めた上で誘うようにしましょう。

美容師側からのアピールが難しい

もちろんお客様との恋愛も大歓迎!という美容師も多くいます。ですが、仕事中のため美容師側からお客様をお誘いすることが難しいというのも本音。特にアシスタントだと1対1で話せる時間がとても限られているので、お客様から連絡先を聞いてもらえたり誘ってもらえるのを待っていることも多いのです。

夢を持たれ過ぎていないか不安

お客様との恋愛をしたいけど、仕事の時の自分の姿だけしか見られていないということに不安を覚えている美容師も。実際若いうちは収入もそこまで安定しにくく、連休もなかなか取れないことから、いざ付き合ってから「思っていたのと違う!」と振られてしまうのを恐れているのです。すぐに恋愛関係に発展するのではなく、まずは友達として仲良くなっていきたいと考えている慎重派な人も多いかもしれませんね。

 

美容師の誘い方

仕事中の美容師さんをこちらから誘うのって、とっても勇気のいることですよね。だけど、好きになってしまったら待っているだけでは何も始まりません!少しでもこちらに興味をもってもらえるように、不自然になり過ぎないような誘い方を身に付けましょう。

自然な誘い方なら、きっと相手も嫌な気持ちにならずに受け入れてくれるはず。

 

恋人の有無を確認する

うっかり恋人のいる相手にアプローチしてトラブルにならないためにも、まずは、相手に恋人がいるのかいないのかを確認してみましょう!

ストレートに「付き合ってる人いるんですか?」とサラッと聞くのもいいですが、「休みの日は何されているんですか?」の流れからさりげなく「彼氏さん(彼女さん)と遊んだりしないんですか?」とたずねてみてください。

「それがいないんですよー。付き合ってくれる人、募集中です!」なんて嬉しい答えが返ってくるかも。

連絡先を交換する

相手がフリーとわかったら、お客様との仲を縮めましょう!

いきなり「今度、飲みにいきましょうよー」なんて言うのはNG!相手に警戒されるだけです。

まずはその人との共通の話題を探して、話が盛り上がった流れでLINEやFaceBookなどのSNSを交換しましょう。

話が盛り上がっている時は、自然とお互いの心の距離も縮まっているものです。

そのタイミングを逃さず「LINE教えてよ」と切り出せば、きっといい反応がありますよ。

アピールする

うまく連絡先をGETできても、油断は禁物です。毎日たくさんのお客様とかわるがわる会話をして、連絡先交換の機会も多い美容師だからこそ、しっかり自分のことを印象付けることが大切なのです。

相手の話をよく聞いて目が合うたびに笑顔!これだけでも自分の想いに気づいてもらうきっかけになります。

 

また、帰り際に「LINE待ってます!」「今度、◯◯行こうね!」など、お店と関係ない話を出すことで施術中とのギャップを出すことができ、あなたは他の人と違うんだよと相手に大きくアピールすることができます。
もしかしたら、向こうもあなたが誘ってくれるのを待っているのかも・・・。

交際相手から探る美容師の恋愛事情

そもそも美容師は誰と恋愛することが多いか、あなたはご存知ですか?

美容師は夜遅くまで研修があったり、休日に仕事が忙しくなったりするため、プライベートの予定が立てにくいもの。そのため時間の都合をつけやすい美容師同士で付き合うことが多いと言われています。

さらに出会いの場に参加できる機会が少ないというのも、美容師同士が結ばれやすい理由の一つだと言えますね。

とはいえ、職場での恋愛は別れた後に気まずくなったり、仕事とプライベートとの区別が付きにくくなるというデメリットがあります。そのため意識的に同業者との恋愛を避ける美容師もいるようです。

 

また、美容師の中にはお客様と付き合ったことのある人も多いようです。

これも出会いの場が少ないことから説明できますが、美容師はお客様と話したり触れ合う時間が長い仕事だということも大きな理由になっていると考えられますね。

美容師と客が恋に落ちるきっかけは?

では、美容師と客という関係からどうやって恋に落ちるのでしょうか?美容師が好きになるお客様の特徴をいくつか見ていきましょう。

見た目がタイプ

美容師がお客様に好意を抱くきっかけとして多いのが、ルックスが自分のタイプだったという場合。

サロンによっては美容師とお客様との恋愛を禁止していることもあるので、恋愛関係に発展しないようにしている美容師もいますが、好みの顔だったり、自分が好きなファッションをしている女性には思わず好意を抱いてしまうよう。

話している内に好きになってしまう

お客様の担当として会話を重ねていくうちに好きになってしまったというケースもあります。いつも楽しそうに話を聞いてくれたり、前に話していた内容を覚えていてくれていたりすると、「この子は話していて楽しいな。もっと知りたい!」と思うのです。仲良くなってきたらちょっとだけ甘えてみたり小さなわがままを言ってみても、男性美容師の心をくすぐることができるかも。

気遣いができる

いつも指名をしてくれるだけではなく、他の美容師さんと仲良くしているお客様も好印象。色んなスタッフと仲良くしているのに自分のことを指名してくれていると思うと、相手に特別感を与えることができます。また、「皆さんで食べて下さいね!」とたまに差し入れを持ってきてくれたりすると、「いい子だなあ」と好意を持ってもらいやすくなるかもしれません。

 


 

反対に、客の立場から美容師を好きになるということもあります。美容師は“美”を扱う仕事なので、見た目に気を遣っている人が多いもの。第一印象で恋に落ちるという人が多いようです。

しかも、好意を寄せている人が自分の髪に触れたり、シャンプーしてくれれば、仕事だと分かっていても嬉しくなりますよね。

お世辞にも「似合ってますよ」なんて言われればよりドキドキしてしまいます。では、客の立場で美容師を好きになった場合、どうすれば恋人の関係になることができるのでしょう?

美容師と付き合うための方法とは

美容師と付き合うためには、普通の友人から恋人になる手順とは少し異なる方法でのアピールが必要です。他のお客さんの中で埋もれてしまわないように、そして急激に距離を詰めすぎて引かれてしまわないように、適度な距離感を保ちながら距離を縮めていきましょう。

恋人がいるかどうかを確認

最初のステップとして、まずは恋人がいるかどうかを探ってみましょう。
休日の過ごし方や会話の様子から、付き合っている人がいるかどうかを確認するのが基本です。

美容師の中にはプライベートなことを話したがらない人もいるので、「付き合っている人いますか?」など直接的な質問は避けた方が無難。どうしてもストレートに確認したい人は、何回か通って親しくなったときを狙って聞いてみましょう。

まずはSNSで繋がってみる

もし交際している人がいなければ、次はプライベートな関わりを増やします。電話番号やLINEなど直接的な連絡先は聞きづらいですが、FacebookやTwitterなどのSNSであれば聞きやすく、しかも友達になりやすいというメリットがあります。

お互いの近況が分かれば共通点が発見しやすくなるので、普段からこまめにチェックして、来店した時に会話のきっかけとして使えるようにしておきましょう。

複数人での食事やイベントに誘ってみる

お店以外での関係を築いておくのもポイントの一つ。いきなり2人きりでのデートに誘うのは難しいという人は、複数人でのイベントや行事に誘ってプライベートな関係を深めていきましょう。

まずはサロンの中にいる同性の美容師さんと仲良くなって食事の予定を立てて、「今度〇〇さんと食事に行こうって話しているんですけど、よかったら一緒にどうですか?」と複数人でのイベントに誘って自然に仲を深めていくのも良いですね。

お礼はしっかり、笑顔で伝える

サロンで会った時にはお礼や感謝の言葉を口にするなど、礼儀正しくしておくのもポイント。この時に忘れてはいけないのが、必ず笑顔でいること。

「○○さんにカットしてもらったヘアスタイル、評判良いの」「いつもキレイにしてくれてありがとう」など、美容師としてのプライドをくすぐるような言葉を投げかけてあげれば、好意を持ってくれるようになるかもしれません。

毎回指名をする

毎日たくさんの人と会う美容師にアピールするためには、まずは顔と名前を覚えてもらうこと。何度か指名をして担当してもらう内に、相手にも「あ、〇〇さんまた指名してくれてる」と印象づけることができます。

何度か会って話をしている内に、自然に恋愛の話に持っていくことができるはず。仲良くなってきたら少しサロンに行く期間を開けて、「あれ、最近〇〇さん来てないな」と意識させるのも効果的です。

ここだけの話、をたくさんする

仕事の悩みや最近行った美味しいお店の話など、話を始める時に少しだけ声を小さくして「ここだけの話ね」と切り出すと「なになに?!」と興味を持ってもらいやすくなります。たとえ本当はここだけの話ではなかったとしても、2人だけの秘密を共有しているという気持ちは恋愛に発展しやすくなるはず。

「この子は自分に心を開いてくれているのだな」と思わせることで、相手からも心を開いてもらいましょう。

 

男性美容師と付き合うコツ

美容師の仕事に理解を示す

男性の美容師と付き合うためには、彼の仕事内容に理解を示してあげることが大切。忙しい美容師の仕事をしていると、サロン外で会える時間も少なくなります。
付き合う前から「次はいつ会えるの」や「いつ時間が空いてるの?」などしつこく聞いてしまうと、相手にうっとうしく思われてしまうかも…。

強い嫉妬は絶対にNG!

また、美容室を利用する人は男性よりも女性が多いので、必然的に男性美容師の方が異性に触れる機会が多くなります。

自分以外の女性と笑顔で会話しているからといって、ヤキモチをやくなんてNG。無事に交際に発展しても、嫉妬が原因でお別れしたというカップルが多いようなので、男性美容師には寛容な気持ちで接してあげると良いかもしれません。

悩み相談をする

ヘアスタイルの悩み、仕事の悩み、友人関係の悩みなど、とにかく小さなことでも相談をしてみましょう。男性というのは頼りにされていると実感することで「この子を守ってあげたい」と思うもの。どんなにささいなアドバイスでも、「ありがとう、なんだか〇〇さんに聞いてもらったら気持ちが軽くなった♪」と笑顔でお礼を伝えるようにしましょう。

女性美容師と付き合うコツ

しつこく迫らず、時間を掛けて仲良くなる

女性の美容師を好きになったという場合は、信頼関係をゆっくりと築いていきましょう。

美容師という立場上、お客様からの好意やプライベートでの誘いを無下にはできません。そのためデートに誘って「また今度」と言われたとしても、実はその気が全くないなんてことも。

 

返事を言葉どおりに受け取って何回も誘っていると、マイナスイメージになってしまうかもしれません。

連絡先をしつこく聞いたり、何度も連絡していると女性美容師に怖がられてしまうこともあるので、時間をかけてゆっくりと仲良くなるのがベストです。指名をして名前を覚えてもらう、プライベートな話をしてもらえるようになるなど、段階を踏んでいきましょう。

まずは男性美容師と仲良くなる

お目当ての女性と同じ職場にいる男性美容師と仲良くなるというのも、女性美容師と付き合うための方法のひとつ。

先に男性美容師と仲良くなっておけば、男性美容師を巻き込んでお目当ての女性と遊ぶ機会を増やすことができますし、信頼関係も築きやすくなりますよ。
仲良くなった男性美容師には、こっそりと女性美容師へ好意があることを伝えておくと後々協力してもらえるかもしれません。

さりげなく相手を褒める

女性は、男性よりも承認欲求が強いもの。外見でも内面でも、小さなことでも定期的に褒めてあげるのが効果的です。「今日も可愛いね」などわざとらしい褒め方は逆効果になってしまうので、「メイク変えた?いつもと印象違っていいね」「いつも笑って話してくれるから癒されるよ」など、さりげなく会話の中で褒めてあげることを心がけましょう。褒められて嬉しいと思う気持ちを与えることで、恋愛にも発展しやすくなるはず。

 

脈アリかどうかは、美容師の行動で確認!

気になっている美容師が自分に好意をもってくれているのか、気になりますよね。

いくらたくさんのお客様を相手にしている接客のプロといえど、美容師だって一人の人間。「いいな」と思っている相手に対しては無意識に行動をしてしまうことも。

接客時間が長い

大好きな人と話しているといつの間にか長い時間が過ぎてしまっているという経験も多いはず。美容師も一緒で、好きなお客様と話している時間はあっという間なのです。

プライベートの話から仕事の話まで、つい手を止めて夢中で話している内に施術時間が長くなってしまうこともしばしば。

こういうことが何回か続いた場合には、少なからず自分のことを良く思っていると考えて良いでしょう。

シャンプーやブローまで担当してくれる

美容師の人数が多いサロンだと、カットはスタイリストが担当してシャンプーやブローはアシスタントがお手伝い、という流れがほとんど。ですが、好意のあるお客様なら自分が1人で担当したいと思う気持ちが生まれるはず。忙しい中でも、腰への負担が大きいシャンプーまで毎回1人で担当してくれるということは、少なからず自分に好意を持ってくれていると考えて良いでしょう。

サロンの外で会うことを受け入れてくれる

基本的には、美容師側からサロンの外でお客様と会うお誘いをすることはあまりありません。恋愛関係になってもつれて、お店の大事なお客様を失ってしまうことのないように、店で禁止していることが多いためです。

なので客側から連絡先を聞いても食事に誘っても、リスクを回避するためにやんわりと断られることもしばしば。もしすぐにOKしてくれたのなら、自分に好意を持ってくれている可能性も大きいでしょう。

カットモデルをお願いされる

たくさんのモデルを施術する必要のあるアシスタント時期はもちろん、スタイリストになってもコンテストや撮影のためのモデルが必要になります。通常は、親しい友人や他の美容師に頼んだり、街でモデルハントをして見つけたりするのが自然な流れ。

せっかくお金を払って通ってくれているお客様に、無料でカットやカラーをするモデルを頼むということはとても珍しいことなのです。そのため、今常連としてサロンに通っているのにモデルを頼まれた場合にも好意を持ってくれている可能性があります。

プライベートな話を聞いてくる

初対面の相手に対しては友達でも同じように、当たり障りの無い内容の会話をすることが多いはず。会う回数を重ねて仲良くなればなるほどに家族の話や恋愛の話などプライベートな内容を話すようになりますよね。

ですからもし美容師から恋愛観を話されたり、逆にこちらの恋愛観を聞かれたり、交友関係や家族のことなどを聞かれたりしたら少なからず自分のことを信頼していると思って良いでしょう。

気になっている美容師には、さりげなく恋人がいないアピールをしておくのもいいですね。

自分の恋愛話をしてくる

気になっている相手と話していると、相手のことを知りたいという気持ちだけでなく相手に自分のことを知って欲しいという気持ちも生まれるはず。毎回いつのまにか恋愛の話になる、やたら細かく恋愛のことを聞いてきたり自分の恋愛観を話してきたりする、といった場合には好意を持ってくれているかもしれません。こちら側も好意があるのなら、「その考え方分かります!私たち似ていますね」など同調してあげると、一気に距離が縮まるはず。

たくさん笑ってくれる

もちろん接客のプロなので誰にでも笑顔で話をすることはできますが、あまり仲良くない相手に対してずっと笑っているということは難しいもの。

反対に、好意を持っているお客様に対してはついつい楽しくなってくだらない話でも笑顔になります。「なんだか、他の人に接客している時よりもずっと笑ってくれている気がする」と感じているなら、あなたに好意を持っている可能性が大きいです。

さりげなく、自分以外のお客さんに接客している時の表情もチェックしておきましょう。

会えない?浮気?美容師と付き合う上での悩みや心得

想いが実って、晴れて憧れの美容師さんと恋人同士に!だけど、実際に付き合ってみるとなんだか想像していたのと違う…?美容師と付き合う上であるあるな悩みや心得ておくべきことをご紹介。

 

他のお客さんやモデルさんに嫉妬

これは、美容師を恋人に持つ人ならば誰でも「あるある!」と共感してしまうはず。美容師という仕事柄、恋人以外にも「可愛いですね」「とっても素敵です」と褒めることも多々。また、髪を触ったり肩をマッサージしたり、仕事上異性へのボディタッチも避けられないのも嫉妬してしまうポイント。それだけでなく、技術向上のために綺麗なモデルさんをサロンに呼んで一緒に仕事をすることも多くあります。

 

ですが、そんなことにいちいち嫉妬していてはお互いすぐに辛くなってしまいます。お客様への褒め言葉やボディタッチは美容師として働く上でどうしても避けられない仕事の一つ。決して恋人に嫉妬して欲しくてやっていることではないのです。
それをきちんと理解した上で、色んなお客様から「かっこいい!」と言われている姿を見ても、「あんなに素敵な人が自分の恋人だなんて誇らしい」と心に余裕を持ちましょう。

 

美容師という仕事に理解のある恋人でいてあげることが、相手にとっても一番嬉しいはず。

浮気が心配

サロンで働く美容師は、毎日たくさんのお客様と触れ合うことになります。もちろん同性だけでなく異性のお客様を担当することも多々。そのため、「可愛いお客さんがいて浮気をされたらどうしよう…」という悩みを持つ人も多いはず。

 

ですが、意外と一途な性格の人が多いのが美容師の特徴なのです。恋愛の話になった時にさらりと「実は最近彼女ができまして~」と常連のお客様に惚気たり、女性のお客様にプレゼントの相談に乗ってもらったりすることも多いのです。

どれだけ綺麗でも可愛くてもサロンに来るお客様はただのお客様、彼女は彼女。と割り切っている人も多いので、相手を信用してあげましょう。

会える時間が少ない

以前よりも休日数が増えてきているとは言え、美容師の休日は一般企業と比べるとどうしても少なく感じられます。また、週末や祝日など一般的にお休みとされている日は、逆にサロンにとってはお客様のかき入れ時。

平日休み同士のカップルならば問題なく付き合っていけますが、もしも片方が土日休みだとすればなかなかお休みが合わず、会える時間がとても限られてしまうでしょう。

 

「付き合ったばかりなんだから毎日会いたい!」という可愛いわがままも、美容師である相手にとっては負担になってしまいます。「週に1回会えたらラッキー」というくらいの気持ちで、たまに会えた時には思いっきり楽しむようにしましょう。

仕事終わりの夜遅くから美味しいものを食べにいったり、平日に休みを合わせてゆっくり買い物を楽しんだり、限られた時間の中で楽しめる関係が長続きの秘訣です。

仕事第一で、あまり出掛けられない

忙しい美容師にとっては、連休を取得するのも難しいことです。ゆっくりお休みを取って海外旅行へ、なんてこともなかなか叶えられないかもしれません。また、事前にお休み希望を出していたとしても、常連さんからの予約が入ってしまったら急に出勤をしなくてはいけないことも。

サービス業である手前、どうしても生活はお客様第一になりがち。独立して自分のお店を持った後も、アルバイトのスタッフが急に体調を崩してお休みをするようなことがあれば穴埋めで出勤をしなくてはいけない場面もあるはず。

 

そんな時でも「私と仕事、どっちが大切なの?!」なんてセリフはご法度です。恋人と一緒に過ごしたいという気持ちを押えて出勤している人がほとんどなので、そこをきちんと理解してあげましょう。

楽しみにしていたデートを仕事でドタキャンされたとしても、「今日の穴埋めに、今度のお休みは絶対美味しいお店に連れて行ってね!」など明るく言ってあげると相手からもとても感謝されるはず。

収入が少ない

スマートに働く美容師はとても格好良く見えますが、実は若いうちはそこまで収入が多くないのが現実。バリバリ働く一般企業の女性ならば、彼女の方が高収入、なんてカップルも多いはず。

そのため、有名な旅館に泊まったり高級なレストランに毎月食事に行ったり、という生活は若いうちは難しいかもしれません。たまの連休に一緒に贅沢をするために、普段は家で手料理を振舞ったり公園に散歩に出かけたりと、あまり背伸びしないデートをするのがおすすめ。「お金のかかる恋人だな…」と思われてしまわないように注意が必要です。

 

お店を任されたり、独立して自分のお店を持ったりすればどんどん収入も上がっていくので、それまではお互いの収入に見合った生活の中で楽しみを見つけるようにしましょう。

美容師と付き合うメリット・デメリットとは?

何となくかっこいいから、という理由だけで美容師と付き合いたいと考えている人も多いのではないでしょうか。実際に美容師と付き合う上でのメリットやデメリットを知って、憧れの美容師との未来をしっかり想像してみましょう。

メリット①ヘアスタイルのアドバイスをしてもらえる

やっぱり何といっても一番のメリットはこれ。美容師という仕事柄、恋人にはいつも可愛く綺麗でいて欲しいと思っています。今まで自分に似合う髪型や髪色が分からなかった人も、美容師と付き合った途端に垢抜けて綺麗になることも。

その他にも、今トレンドのヘアスタイルを教えてくれたりデートの時には可愛くヘアアレンジをしてくれたりと、自分を可愛くプロデュースしてくれるのは何よりもメリットですね。

メリット②美容室代が安くなる

新しいカラー剤が入荷した時や新しいカット技術の練習をしたい時など、恋人にモデルを頼む美容師も多くいます。練習に付き合う代わりに安く綺麗になれて、しかも仕事中の恋人の姿を見ることができるなんてまさに理想ですよね。真剣にカットをする姿を見て、さらに好きになってしまいそう。

メリット③疲れた時にはマッサージも

カットやカラーだけでなく、ヘッドスパやマッサージの技術を持っている美容師も多数。「何だか最近デスクワークが続いて肩こりが…」という時にも、サロンに行かずに恋人にマッサージをしてもらえるなんて最高ですよね。もちろん相手も仕事で疲れているので毎回とは言えませんが、たまにお願いしてみると喜んで引き受けてくれるはず。

メリット④話し上手で、話していて楽しい

普段いろんな年齢のお客様と話をしているため、美容師は実はとっても情報通なのです。物知りな人が多いので、会話をしていても新しい発見が多くて楽しめること間違いなし。

こちらが悩み相談をしても真摯に聞いてくれて、的確なアドバイスをもらえることも多いはず。話し上手で聞き上手な美容師と付き合っていると、「口下手だから一緒にいても無言の時間が続いて苦痛…」なんて悩みも不要です。

メリット⑤真面目で勉強熱心な人が多い

美容師と聞いて、「チャラそう…遊んでいそう…」とマイナスなイメージを持つ人も多いかもしれません。ですが、それは実は大きな間違い。常に新しい技術を身に付けてお客様に提供していかなくてはいけない美容師に、ちゃらちゃらと遊んでいる時間はないのです。

お客様のためにしっかりと勉強をして、仕事に対しても真面目な人ばかり。夢に向かって前向きに頑張っている姿を見ると、こちらまで「頑張ろう!」と良い刺激を与えてもらえるはず。

 

デメリット①休みが少ない

せっかくお付き合いを始めても、忙しい美容師だとなかなか会う時間を作れなくて寂しい思いをすることも。連休も取れないので、仕事終わりの夜遅くに数時間だけ会う日々が続くこともあります。そんな時にも不満をぶつけるのではなく、「お仕事頑張ってね、応援しているよ」と伝えて、会った時には思いっきり楽しむことが大切。

デメリット②常に見た目に気を使わなくてはいけない

いつもたくさんのお洒落な女性を目の前にしているからこそ、彼女に対してもお洒落で可愛くいてほしいと考えるのが美容師の本音。元々洋服や髪型に気を使っている人ならば全く苦に思わないかもしれませんが、会っている時に常に綺麗でいなくてはいけないと気を遣うのは、少し疲れてしまうかもしれませんね。

デメリット③こだわりが強い

常に見た目に気を使っている美容師。こだわりが強いあまりに、「もっとこういう服を着た方がいいよ!」「その髪型よりも前の方が似合っていた」など、恋人にもついつい口出しをしてしまうことも。ほっといてよ!と正面から否定をすると相手を傷つけてしまうので、「確かにその服装も可愛い!今度やってみようかな~」と軽く流してあげられる心の余裕が必要になります。

デメリット④安定しにくい

サービス業であるため出勤日や出勤時間はもちろんのこと、若いうちはなかなか収入も安定しにくいのが美容師の仕事のデメリット。また、自分のお店を持ったりして忙しくなるとさらにお休みが取りにくくなることも。

そのため、ゆくゆくは落ち着いて結婚を…と考えている女性の気持ちに気づけず、がむしゃらに働き続けていつの間にか気持ちがすれ違ってしまうことも多いんですね。

デメリット⑤やっぱり嫉妬してしまう

仕事に真面目で誠実な人が多いと頭で分かっていても、やっぱり毎日可愛い女性と一緒に働いていることに嫉妬してしまう人が多数。自分の気持ちを隠し続けて理解のある彼女の振りをして、その内爆発してしまうなんてことも。そうならない内に、しっかりと2人で話し合うことが必要です。

 

休みが合わない、浮気が心配になるなど、美容師と付き合うことのデメリットももちろんありますが、それ以上に友達に自慢できるようなメリットもたくさん。

まとめ

キラキラしたイメージの強い美容師ですが、休日まで忙しくイベントが入っていることが多いので恋人がいないという人も多数。

気になっている美容師がいるのならまずはたくさんサロンに通って仲良くなって、さりげなく恋愛トークをして恋人がいないか確認したら、思い切って連絡先を聞いてみましょう。

「ヘアスタイルの相談に乗って欲しい」など伝えればサロンの外で会うことにも近づけるはず。

まずは一歩踏み出して、「他のお客とはちょっと違う」ということをアピールしましょう!

美容師の関連求人

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。