美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.30

ブライダル

一生に一度の結婚式に、手作りブーケを作ろう!

ブーケ

 

手作りブーケで結婚式を挙げよう

青いお花のブーケ

 

最近では、手作りしたブーケを結婚式で使う人が増えています。新婦自ら作る人、お友達が作ってプレゼントしてくれたりと、様々です。また、手作りブーケを作るメリットは、費用が安く抑えられる・世界に一つしかないオリジナルのブーケが作れる・造花なら保存ができるなど、たくさんあります。ブーケにこだわりたい人にとって、手作りすることはおすすめです。

手作りブーケの作り方

手で持たれているブーケ

 

それでは、手作りブーケの作り方をご紹介いたします。

今回は、比較的作り方が簡単な「クラッチブーケ」の作り方をご紹介。

手作りクラッチブーケ、準備するもの

  • ドレスの色に合うお好みの花
  • グリーン系のフローラルテープ
  • 生花や造花を切るアレンジメント用のハサミ
  • 花の色に合う持ち手に巻くためのリボン
  • リボンを止めるためのピン

クラッチブーケの作り方

  1. 造花や生花などの茎の長さを揃えて茎をハサミで切る
  2. テープを巻きやすいように、不要な葉っぱなどを切り取る
  3. 花をキレイに束ねて、茎の部分にフローラルテープをきつめに巻き付ける
  4. フローラルテープが隠れるように、リボンをしっかり巻き付ける
  5. リボンをキレイにピンで止めたら、クラッチブーケの出来上がり~!

手作りクラッチブーケの場合、費用が1,000円~10,000円とかなり抑えることができますのでおすすめです。また、クラッチブーケの他にも、キャスケードブーケ・オーバルブーケ・ラウンドブーケ・ナチュラルブーケなど、様々な形がありますのでお好みやドレスの形に合わせて、ブーケの形を選んでくださいね。

手作りブーケを作る時に気を付けること

手作りブーケを作る時には、どのようなことに気を付けると良いでしょうか。

手作りブーケを作る時に気を付けること

  • ブーケの花の色をドレスの色に合わせる
  • テープで茎を巻くときに、持ちやすいようにきつく止める
  • 大きすぎず小さすぎず、目立ちすぎず地味過ぎず、程よい大きさ、程よい存在感のブーケを作る
  • 生花でブーケを作る際は、作る直前まで冷蔵庫で花を保管しておく
  • 生花でブーケを作る際は、短時間で作り上げる

手作りブーケは、世界に一つしかない1点もの。形や色にもこだわることができますし、費用も抑えることができます。あなたも手作りブーケを作ってみませんか?

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す