美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月16日更新

エステティシャン

花嫁姿を美しく輝かせる! 人生に一度きりの晴れ姿を演出するブライダルエステの世界!


女性なら誰もが憧れる、人生に一度きりの晴れ舞台・結婚式。美しい花嫁姿になって、結婚式を最高の思い出にしたいと願う人は多いのではないでしょうか? そんな願いをサポートするのが、ブライダルエステティシャンという仕事です。
 
ブライダルエステとは、結婚式当日に女性が最も美しい姿で輝けるように手助けするエステのこと。女性の人生の一大イベントに携わり、最高の美しさを提供するブライダルエステティシャンの仕事は、やりがいに満ちています。ここではその仕事内容や目的、働き方について見ていきましょう。

ブライダルエステティシャンの仕事とは

結婚式を挙げる女性は、ほとんどの人がブライダルエステを受けると言われています。つまり、ふだんエステに通わない人も、この時ばかりは奮発して挙式当日に備えるのです。結婚式が女性にとってどれほど大切なイベントか良くわかりますね。
 
結婚式に当たって女性が気にするのは、ウエディングドレス姿になった際に露わになるお肌の調子や、ムダ毛の状態、顔や体のむくみ。それらを満足のいく状態に整えるために、ブライダルエステでは以下のような施術を行います。

お肌の調子を整える

入念なフェイスケアやボディケアによって、結婚式当日に向けて、クライアントのお肌の調子を整えます。目指すのは、ニキビや吹き出物を治療し、シミやクスミをなくすこと。そこで特に重要なのが、ウエディングドレスから覗くデコルテや背中といった部分です。ふだんは衣服に隠れて見えず、本人では確認しにくい場所なだけに、肌荒れなどが生じないよう丁寧なケアを行う必要があるでしょう。

脱毛やシェービング

全身に脱毛を施したりシェービングをしたりすることで、ムダ毛やうぶ毛が残らないようにします。やはりここでも、ドレス姿で目立つ背中や首筋といった箇所を入念に処理しておくことが重要です。また、化粧のノリを良くするためにも、シェービングは挙式の数日前までに終えておくことが推奨されています。

痩身エステ

ドレスを着るに当たって、背中や脇、二の腕といった部分のぜい肉が気になる女性は多いのではないでしょうか? ブライダルエステでは、そんな女性のために痩身エステを施すこともあります。マッサージによって体を引き締めたり、バンテージを巻いて体型を矯正したりと、その方法は様々。短い時間ではなかなか効果が出にくいため、痩身を狙う場合は長期間の施術が行われることが多いです。
 

ブライダルエステには様々なプランが!

結婚式のどれくらい前からエステを受けるかは人それぞれ。その期間に応じて得られる効果も異なるため、目的に合ったプランを組み立てるのがオススメです。たとえば、長い場合は半年ほど前から施術を受けるプランも。ドレスが似合うように体型を整えたいという人や、入念なケアを受けたいという人がこのプランを選びます。その分費用も多くかかりますが、じっくりと施術を受けられるので、安心して結婚式に望めるのが魅力。心配性の新婦にもオススメですね!
 
また、逆に短期間で集中してエステを受けるプランもあります。この場合は、結婚式当日に向けてお肌の調子を整える施術が中心になるでしょう。ただ、肌質や体質に合わない化粧品を使うと肌荒れが生じてしまうことも。ブライダルエステは、それなりに余裕を持った日程で臨みましょう。
 

こんなところにご注意!

結婚式は泣いても笑っても一度きり。「ほかのサロンに通っておけばよかった…」「こんなエステを受けたかった…」といった後悔が万が一にもないように、自分に合ったサロンやプランを見つけることが大切です。また、事前にお試しコースを受けたり、エステティシャンと相談したりしておくと、さらに万全に準備が整えられるでしょう。
 
とはいえ、せっかく良いサロンを見つけても、結婚式の日程に合わせて施術を受けられないのでは本末転倒。サロンは事前予約をして、確実に日程を調整できるようにしておきましょう! もちろん予算面での検討も忘れてはいけません。結婚式自体の費用もかかるため、夫婦で相談して、無理のないコースを選んでください。
 

ブライダルエステティシャンになるには

結婚式はほとんどの場合、人生に一度しかないイベントです。そのため、当日までに十分な成果が得られなかったら一大事! ほかのエステティシャンと比べても責任重大で、より一層の緊張感がある仕事だと言えるでしょう。しかし、だからこそかけがえのないやりがいを得られるのがブライダルエステティシャン。その仕事に就くには、一体どうすればいいのでしょうか?
 
絶対に必要な資格は、理容師国家資格。これがないと、シェービングを行うことができません。そのほかにブライダルエステに関わる国家資格は存在しないのですが、日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)が認定しているエステティシャンの民間資格なども取得しておくことで、仕事に就きやすくなるでしょう。
 
ただ、ブライダルエステティシャンには様々な専門的テクニックが求められます。たとえば、結婚式までの決まったスパンで結果を上げる必要があるほか、精神的に疲れたり、ナイーブになったりしている新婦を安心させて良好な関係を築かなくてはいけません。そのため、ブライダルエステ専門店に就職してから、その道の経験を積んでいくといいでしょう。

 


 
 
女性が人生で最も美しく輝く瞬間を演出するブライダルエステ。それは責任重大であるからこそ、とてもやりがいのある仕事です。また、華やかなブライダル業界に携われるというのも、魅力の一つでしょう。エステティシャンの花形とも言えるブライダルエステティシャンをぜひあなたも目指してみてください!

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント