美容スペシャリストな自分になるために

2017年9月14日更新

エステティシャン

毛深い男性の悩みをまとめてみました

毛深い男性の悩みについて紹介

昔と違って体毛に対して男性の考え方、感じ方が変化しています。現在では、プールや海など露出の機会が増える夏になると自分の毛深さに恥ずかしく感じたり、コンプレックスに思ったりする男性も多いよう。

さらに、毛深い男性は女性からあまりよく思われないケースも。このページでは、そんな毛深い男性に注目し「毛深い理由」「毛深くならないための対策」についてまとめました。気になるかたはぜひ、ご一読ください。

毛深い原因

男性が毛深くなってしまう原因は、ホルモンの分泌量に関係します。男性ホルモンには、毛の成長を促進させたり、体を筋肉質にしたりとさまざまな働きをします。そのため、男性ホルモンが、たくさん分泌されることによって毛深くなってしまうのです。それは、女性も同じで男性ホルモンが分泌されることによって、髭が生えてきた!体毛が濃くなったという話もチラホラ…。
ここでは「毛深くなってしまう」理由を調査しました。

ホルモンバランスの乱れ

生活環境が崩れてしまうと、ホルモンバランスも連鎖して乱れてしまいます。元々、毛深かった方は余計に毛深くなってしまう原因になるので、生活習慣を整えるようにしましょう。

遺伝子

小さい頃から毛深かった人は「遺伝」の可能性が高いです。両親のどちらかが体毛が濃い方はいませんか?両親じゃなければ祖父母はどうでしょうか。隔世遺伝(かくせいいでん)の可能性も充分にあります。それぐらい毛と遺伝子の関係性は深いです。

毛深い男性の対策・処理方法

毛深くなる原因が分かったら、次は対策と処理方法を見ていきましょう。

対策方法1:生活習慣を正す

肉ばかりを食べていませんか?肉は男性ホルモンを増加させしまうため、なるべく魚や野菜中心の食生活にしましょう。

また睡眠も一緒です。仕事が忙しいからと睡眠を惜しんでしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

対策方法2:体を冷やさない

体を冷やす行為はホルモンバランスを崩してしまう原因の1つです。そのため、お風呂をシャワーでパパッと済ますのではなく、しっかりと湯船につかって体を温めましょう。リラックス効果もあるため、睡眠も一緒に改善できますよ。

処理方法1:エステに行く

「毛が気になって仕方ない」という方は、多少はお金がかかってしまいますがエステサロンへ行くのがおすすめ。最近では、男性サロンも増加傾向にあります。中には男性スタッフのみで運営しているサロンもあるので通いづらさの心配はありません。

処理対策2:自己処理は電動シェーバー

簡単に毛を剃りたいと考えている男性は電動シェーバーで毛を剃るようにしましょう。炎症を防ぐためにも、毛を剃ったあとは必ず水分が多めのローションや乳液を塗って保湿おくことがポイント。保湿をしないと肌が荒れる原因になってしまいます。

毛深い男性

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント