美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.23

エステティシャン

飛行機は砂漠よりも乾燥している? 飛行機での長距離移動で気をつけたい美容対策!

夏休みが近づいてきて、そろそろ旅行の計画を立てようというときに気になるのが移動時間。特に海外旅行といった飛行機での移動となると、狭い機内で長時間を過ごすことで美容面に影響を及ぼしてしまうことも。飛行機に乗る前や、乗ってからでもできるケアにはどんな方法があるのでしょうか。

飛行機は足がむくみやすい!

飛行機に長時間乗っていると、トイレなどを除けばシートに着席した状態が続くためにどうしても足がむくみやすくなります。むくみは血行が悪くなったり体内の水分の循環が滞ることでで起き、症状がひどいとエコノミー症候群にも繋がってしまうので絶対に回避したいですよね。むくみ対策にはまず服装選びから注意が必要で、長距離移動の日はスキニーやジーンズといったタイトなパンツは履かないようにして体への圧迫感を減らしましょう。ベルトも余裕を持たせて留めるのが良いかもしれません。
 
また搭乗後は定期的に足を動かしたり、ふくらはぎや足の裏のマッサージ、指の曲げ伸ばしを繰り返したりとストレッチを心がけて同じ姿勢が続くことを避けてください。トイレに立った際には、アキレス腱を伸ばしたり膝や腰を曲げるといった運動もお忘れなく。

冷えは美容だけでなく健康にも大敵!

夏の暑い時期だとつい薄着のまま搭乗しがちですが、機内の冷房温度が適温かどうかは搭乗するまで分かりません。冷えは体の血流を悪くして肌に悪影響を与えるだけでなく腹痛などの原因にもなるので、長時間であるほど健康面にも影響が及んでしまいます。パーカーなどの厚手の上着を羽織っておいたり、ストールやブランケット、ホッカイロをあらかじめ手荷物に用意しておくのも方法です。

飛行機の中は砂漠よりも乾燥している?

飛行機の中で実は見過ごしがちなのが“乾燥”。機械の結露を防ぐためにあえて機内を乾燥させているため湿度は20%以下という場合が多く、これは砂漠をも下回る数値と言われています。そのため、喉や鼻の乾燥を防ぐためにもマスクは必需品で、肌の乾燥対策に化粧水を持ち込む人も。その他にも「ウェットティッシュも保湿に加えて洗顔や手拭きの代用になって便利」「濡らしたおしぼりをテーブルに置いたままにしてる!」といった方法を実践している人もいるようです。
 
せっかくの旅行ですから、長距離移動対策を忘れないようにして快適な空の旅を過ごしてくださいね。
 
画像出典:Mike Knell / Interior(from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。