美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月19日更新

エステティシャン

コスパ抜群の美肌アイテム! プチプラを使って毛穴の隅々まで洗顔しよう!


毎日メイクをしているなら、当然その日の内にメイクを落として顔を洗っていますよね? ですがいつものクレンジング剤で化粧落としをして洗顔をして…と、単なるルーティンワークになってしまっている人も多いと思います。
 
でも、ちょっと待ってください。当たり前ですが、美肌の基本はお肌を清潔な状態に保つこと。テキトーな洗顔ではメイクや汚れを落としきれないかもしれませんよ。今回はお手頃価格のプチプラで手に入る洗顔のためのアイテムを紹介します。簡単に買える上、きちんとお肌をリセットできるアイテムはお役立ち確実。お客様のスキンケアを手助けするエステティシャンの人も参考にしてみてください。

もこもこ泡を作り出す

洗顔ネット

皮膚を傷つけず、かつ汚れを丁寧に落とすためには、洗顔料でキメ細やかな泡を作ることが必須です。そこで役立つのが、もこもこ泡を簡単に作り出せる洗顔ネット。ほとんどの100円ショップで取り扱っているので、手軽に買うことができますよ。また、洗顔ネットのもう一つの利点は、網状で水切れが良いため、すぐに乾いてカビ知らずなこと。お手入れは使い終わってから吊るしておくだけで良いんです。清潔な状態を保てるため、何度も気持ちよく使えてコストパフォーマンスも高いのがうれしいですね。

SNSで話題の“ほいっぷるん”

最近注目されているのが、100円ショップのザ・ダイソーから販売されている、濃密な泡をたっぷり作れる“ほいっぷるん”という商品。「30秒もかからずに泡立てられる!」「水の量で泡の硬さを調節できるところがスゴイ」と大絶賛されています。容器に水と洗顔料を入れて蓋をして、スティックを上下に動かすだけで容器いっぱいの濃密泡が完成。なお、使い終わった後はカビの発生を防止するためにも、容器をひっくり返してしっかり水切りをしてくださいね。
 

汚れを落とすためのアイテム

こんにゃくスポンジ

確実に汚れを落とすためには、グッズを使ってマッサージしながら顔を洗うのがオススメ。たとえばドラッグストアやスーパーで手に入る“こんにゃくスポンジ”は、お肌を傷つけることなくやさしくマッサージするのにもってこいです。とくに便利なのは「まかないこすめ」から出ている凍りこんにゃくスポンジ。「1,000円以下とは思えないほど優秀!」という声が続出しています。
 
こんにゃくスポンジを使う時は、水を染み込ませてやわらかくしてから泡立てた洗顔料をつけてお肌をなでるようにクルクルとマッサージしましょう。また、時間がない場合はこんにゃくスポンジに直接洗顔料をつけて泡立てて使うこともできます。
 

洗顔ブラシ

力を入れずに均一の圧力で顔を洗えるため、最近流行中なのが洗顔ブラシ。指では届かない毛穴の汚れまでしっかりと洗い流すことができます。ザ・ダイソーで取り扱っている以外にも、ネットショップでは500円前後で販売されている洗顔ブラシがたくさんありますね。
 
毛穴までクリアになれば、基礎化粧品の浸透もとっても良くなります。スキンケアがきちんとできれば、お肌の透明感も抜群にアップすることでしょう。お気に入りの洗顔グッズを見つけて、丁寧な洗顔を始めてみてくださいね。
 

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント