美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.08.04

エステティシャン

うなじ美人になれるケア方法

うなじのケア方法を紹介。産毛の処理や、剃毛後のアフターケア、アップスタイル時の注意点について取り上げていきます。「産毛が濃くてアップスタイルに自信がない」という人は参考にしてみてください。

うなじの産毛処理で美人度アップ!

 


女性の中には、夏を涼しく過ごすために髪をアップスタイルにするという人も多いと思います。そんな時に気になるのがうなじの産毛。ネット上を見ると「うなじの毛が濃くてポニーテールができない… 暑いのに」「浴衣に合わせてまとめ髪にしたけど、うなじが毛深くてカッコ悪い(泣)」といった声も少なくありません。ではうなじの産毛はどのように処理すればいいのでしょうか?
 
まず、自分で手入れする際には肌を傷つけないことが大切。カミソリで剃る方法はきれいに産毛を処理できますが、うなじは自分から見えないため、肌を傷つけてしまう可能性があります。どうしてもカミソリで剃りたいという人は、誰か他の人に剃ってもらうといいでしょう。
 
剃る際には、始めに蒸しタオルを当てて肌を柔らかくしておきます。その後、シェービングクリームを剃る部分にのせ、毛の流れにそって上から下に剃っていきましょう。この時に、産毛処理と併せて襟足の形を整えるのも忘れずに。「W型」「U型」など、自分の髪の生え方に合わせて整えると綺麗なうなじができますよ。
 
「もっと手軽に処理したい」という人には、電気シェーバーがおススメ。カミソリほど深剃りはできませんが、肌を傷つけることもなく、失敗しづらいのがポイントです。電気シェーバーを使用する際は、髪の毛を剃ってしまわないように三面鏡でチェックしながら首の後ろから耳の後ろまで剃っていきましょう。シェービングクリームなどは使わなくても大丈夫。化粧の上からでも使えるので、「うなじの産毛処理忘れてた!」という時でもすぐに使用できるのが嬉しいところです。

産毛処理後はアフターケア必須!

産毛の処理をすれば肌の色がワントーンアップしたような印象になり、きっと「私のうなじってこんなにキレイだったんだ!」と感動するはず。ただ、うなじは産毛を処理した後が大切。顔と同じで肌がデリケートなため、産毛処理をした後はアフターケアをしてください。
 
ネット上では「首周りの肌が荒れててうなじもガサガサ」といった声もありますが、そんな人は特に念入りなケアが必要。普段スキンケアで使用している化粧水や乳液、オイルなどをしっかりと肌になじませて乾燥を防ぎましょう。
 
また、念願のキレイなうなじを手に入れた際はアップスタイルをしたくなるものですが、ここで注意したいのが「日焼け」です。いつも髪を下ろしている人は油断してしまいがちですが、アップスタイルの時は紫外線が直撃。日焼け止めをしっかり首にも塗り、日傘などで直射日光から肌を守ってくださいね。
 
ちょっと頑張ってうなじをケアすれば、アップスタイルがいつもよりぐっと綺麗にキマるはず。「産毛」「スキンケア」「日焼け」の3つのポイントをしっかりおさえて“うなじ美人”を目指しましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。