美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.28

作成:2017.07.21

エステティシャン

不器用なエステティシャンについて

不器用だからエステティシャンのお仕事に向いていなのではないか、と悩んでいる方に「不器用」を克服する方法を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

不器用でもヤル気が大切

悩んでいる女性

不器用だからエステティシャンは向いていない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

エステティシャンの仕事は、お客様の体に直接触れるため、不器用であることから、失敗しないかと不安に思う人もいると思います。

では不器用は、エステティシャンの仕事にどのように関係してくるのでしょうか。

エステティシャンは、ボディケアやフェイシャル、脱毛など幅広く行っており、エステティシャンの手わざにより、施術効果やお客様の満足度が変わります。そのため、不器用であることは成果が十分に出ないことに繋がる可能性があるのです。さらに、不器用であるがゆえに、施術やサロンワークに時間がかかってしまい、次のお客様をお待たせしてしまうことも予想されます。

しかし、不器用だからといって、デメリットになるというワケではありません。

プロのエステティシャンとしてやる気や努力、お客様を楽しませたいという気持ちがないと、良いエステティシャンになるのは難しいのです。それは、不器用な人でも行うことができ、自分の頑張りによって変えることができます。

知人に練習台になってもらい不器用を克服

プロのエステティシャンでも最初のうちは、他のエステティシャンよりも、施術に時間がかかってしまったり、手順を覚えられなかったりしたこともあったようです。

どうやってそれを乗り越えたのか、一番の方法は「努力すること」です。施術でうまく成果を発揮できない場合は、同僚や家族などの知人に練習台になってもらうとよいでしょう。

人によって、体形や肉付きは変わるため、その人にあった施術をするには…ということを考えながら、リアルな連取ができます。また、知人の場合すぐに意見をもらえるため、不器用を克服する良い練習になりそうですね。

このように、コツコツと努力を積み重ねることで、不器用さを克服したという例もあります。さらに、社内研修や勉強会にも積極的に参加し、学ぶ姿勢を常にもって行動することが大切です。

経験が一番の武器

やる気にあふれる女性

最初のうちは、不器用であることによりスタートが遅くなってしまったり、周りの人よりも自分が出来ないと感じたりしてしまうこともあります。しかし、どんな人でも最初は初心者です。

努力を怠らない、現場で経験を積み重ねていくことで、自分の施術に自信が出てきます。自信をつけていくことで、不器用は自然と克服していけるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。