美容スペシャリストな自分になるために

2018年12月11日更新

エステティシャン

有村藍里も経験! 親知らず抜歯で顔が変化

「親知らずの抜歯をすると小顔になれる。」こんな噂を聞いたことがある方も多いはず。でも、実際のところはどうなのでしょうか?

タレント・有村藍里が抜歯によって“整形疑惑”に発展したことや、抜歯した人の体験談をご紹介。親知らずの抜歯を考えている人はぜひ参考にしてください。

有村藍里は親知らずの抜歯で“整形疑惑”

 


 

子供の頃にはなかったのに、大人になると多くの人に生えてくる“親知らず”。綺麗に生えてそのままにしている人もいれば横向きに生えて他の歯の邪魔になってしまい抜歯する人もいて、対処法は人それぞれです。

そんな親知らずについて、「抜くと小顔になる」という噂がまことしやかに囁かれていますが、実際のところ親知らずの抜歯で顔の形は変わるのでしょうか?

 

女優・有村架純の姉として知られる有村藍里は、『踊る! さんま御殿!!』に出演し、親知らず4本と乳歯2本を抜いた際のエピソードを披露。また、2018年3月には『ナカイの窓』に出演し、歯茎を削る歯肉形成を受けたことも告白。

歯列矯正をするために抜歯したそうなのですが、親知らずを抜いたことで顎が細くなり、顔が以前にくらべてかなり変化してしまったと言います。

その時に世間からは「整形」と言われ、今でも疑惑を持たれていると説明しました。これには世間から「親知らずって抜いたら小顔になるの?」「そんなに顔って変わるんだ!?」といった声が上がり、興味を持った人も多かったようです。

 

笑うと歯茎が見えてしまうガミースマイルが一番のコンプレックスだったと語る有村藍里ですが、歯列矯正、裏側ワイヤー矯正、抜歯、マウスピース矯正、セラミック矯正、歯肉カットを経て長年悩んでいた歯並びを改善したと言います。

ちなみに、この歯茎を焼き切るというガミースマイルの治療は美容整形とも矯正ともとらえることができ、有村は後者の矯正の一種であると主張しています。

親知らずの抜歯で顔の形は変わる?

では実際の所、親知らずを抜くと本当に顔が変わるのでしょうか?そのような噂があるのには以下のような理由があります。

筋肉が衰え、顎が小さくなる

今まで物を噛むのに使っていた親知らずを抜くことで、それまで使っていた顎の筋肉が衰えます。そのため、周辺の顎が小さくなり「小顔になった!」と感じる人もいるようです。

痛みでしばらく物が食べられなくなる

親知らずを抜いた後には、しばらく強い痛みが残ります。顔も大きく腫れてしまう場合も多いため、数日間は固い物やたくさんの量を食べることが出来なくなります。数日間少食になって痩せたことにより、小顔になったと錯覚する場合もあります。

えらが目立たなくなる

下の親知らずが生えている場所が、ちょうど顎のえらの部分に当たります。そのため、そこに生えていた歯を抜くことでえらの部分の面積が小さくなり、小顔になったように見えることもあります。

ネット上の体験談

ネット上で経験者の体験談を見てみても、顔の形が「変わる」人と「変わらない」という人両方の声が上がっていました。
 
変わるという人は、「写真を見比べたら顎周りが前よりシャープになってる!」「親知らずを抜いたら顔が長くなった」「微妙に顔がほっそりしてる気がするけど、やっぱり親知らずを抜いたせい?」という声がちらほら。
 
ただ、圧倒的に多いのは「変わらない」という声。ネット上には「私は上下4本全部抜いたけど、顔の形なんて一切変わってないよ」「小顔になると聞いて期待してたけど微塵も変化なし」といった声が数多く上がっていました。中には「歯科医の先生に小顔になれるかって聞いたら『関係ないですよ』って言われた(泣)」という声も。
 
また、顔がほっそりしたという人の中には「親知らずを抜いた後、あまり食べられなかったから顔がげっそりした」という人も見られました。抜歯の影響で食事が思うように摂れず、痩せたせいで顔が小さくなったと感じている人も多いのかもしれませんね。
 
ただ、有村のように“歯列矯正”をして顔の形が変わることは多いようで「前に出てた歯を矯正したら、口元が引っ込んで鼻の下が長くなった」「歯並びを整えたら下あごが小さくなってきた。結構変わるもんだね」と変化を感じている人も少なくないようです。

そもそもなぜ生える?

親知らずが1本も生えない人と、早いうちから4本とも生えている人と様々なパターンがあります。

親知らずは本来は全員が生えていたもの。以前は生肉や木の実、野菜など固い食べ物をよく噛んで食べる必要があったため通常の歯と同じように全員にこの親知らずが生えていました。

しかし、現代では子供の頃から柔らかい食べ物を食べる人が増えたため親知らずを使う必要がなくなり、きちんとまっすぐ生えてこない、まったく生えてこないという人が多くなったのです。顎の筋肉が弱くなり全体的に顎が小さくなったため4本まっすぐ生える隙間もなくなり、そこに無理矢理生えることによって悪い影響をもたらしてしまうことも。

 

親知らずの生える年齢は人によってまちまちなので、20代の今はまだ生えていないという人でも、今後30代になってから突然生えてくるという可能性も大いにあります。

親知らずを抜いた方が良い場合

ここまで読んで、「小顔にならないのなら、痛い思いをして抜きたくないしこのままでいいや。」と考える人も多いでしょうが、下記のような場合は早めに抜かないと、他の歯にも悪い影響を与える可能性が大きくなってしまいます。

一部だけが生えてきている場合

全て生えてきてくれれば良いのですが、一部だけが生えてきてその周りを歯肉が囲んでいる。そういう場合には、歯肉と歯の間の隙間に食べ物が挟まってとれなくなることが多く、虫歯や歯周病を生み出す原因となります。

痛みを感じなくても、親知らずが少しだけしか見えていない場合には一度歯医者に行って相談してみましょう。

噛み合わせが悪くなっている場合

親知らずが生えたことによって、今までしっかり合っていた噛み合わせが微妙にずれてしまう場合も。噛み合っていないと親知らずはそのまま大きく生えてくるようになるので、不自然な角度で生え進むとさらに噛み合わせが悪くなることも。

 

そのままの状態でいると顎関節症を引き起こす原因にもなるので、「なんだか最近しっかり噛めないな」と感じたらこれも歯医者で伝えましょう。

歯並びに影響を与えている場合

親知らずが生えて周りの歯を圧迫することによって、歯並びに悪い影響を与えてしまうことも度々あります。今までは綺麗に並んで生えていた周りの歯並びが崩れてしまう前に、なるべく早めに抜歯することが最善でしょう。

 

親知らずの抜歯による顔の変化は、人によってまちまちなことがわかりました。ただ、抜歯することによって歯並びを改善できたり虫歯の予防になったりと小顔になれる以外のメリットもたくさん。

もちろん綺麗に生えていて痛みや他の歯への影響がない場合には抜く必要もありませんので、まずは歯医者で一度相談をしてみるのが良いかもしれません。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。