美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.19

作成:2017.07.18

エステティシャン

エステティシャンの仕事:ポイントカードの作り方

エステティシャンの仕事として、美容に関しての知識の習得や技術を磨くことはとても大切な事ですが、それ以外にも顧客を獲得していくことも大切です。今回は顧客獲得のための方法の一つとして、ポイントカードを作成についてご紹介します。

需要のあるポイントカード

黒いカード

まずは、ポイントカードの需要について考えてみましょう。お客様の立場として考えると、続けて通うことで何か特典や割引などのメリットがあると、また継続して通おうと思うのではないでしょうか。

エステティシャンは、ポイントカードなどの販促物を上手く利用することも大切です。ポイントカードなどの販促物を使うと、リピーターを確保しやすくなります。来店回数や金額に応じて、スタンプを押すのが一般的です。

しかし、ずっと持ち歩くのは嫌だというお客様も多く、来店のたびに提示することを面倒と感じる方もいます。そこでお客様の特性を把握しサロン側でお預かりして、エステティシャンがしっかりとポイントカードを管理する方法を、取り入れてみてもいいでしょう。

いずれにしても需要が高いことは確かです。エステティシャンの心配りと需要のある販促物でガッチリとリピーターを掴むことです。

ポイントカードの作成方法

魅力的なポイントカードを作るために、様々なお店のものを参考にしてみましょう。ある一定のポイントが溜まったら、金券のプレゼントやコースの無料施術が受けられるなどが人気です。また、お客様のリピート回数によって、特別感ができるようにポイントカードの用紙や色なども変えてみるのもおすすめ。常連になりたいという心理が働きやすくなるかもしれません。

エステティシャンは、施術の間にさりげなくポイントカードの紹介と特典内容、需要が高まるように説明をするとよいでしょう。

そのほかにも、クーポン券なども需要があるでしょう。しかし、一番大切なのは、エステティシャンとしてお客様に喜んでいただくサービスをすることです。特典の需要以外にお客様が求めるレベルやサービスを模索する努力も忘れずに。

ポイントカードで再来店率アップを

カードを持つ女性

いかがでしょうか?リピートを促すことによって、安定した顧客獲得につながります。

いずれにしても経費の掛かるものですから、より効果の高い需要のあるポイントカードやクーポンを作成しなければなりません。利用回数や年数に応じてポイントカードをステップアップさせていくというステップカードもいいでしょう。エステティシャンの個性やお店の雰囲気に合った販促ツールの活用を考えましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。