美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.19

作成:2017.09.12

エステティシャン

第一印象でわかる!? 女性がチェックしている男性の見た目

男性の第一印象が決まるポイントとは?

女性が男性の第一印象を決めるポイントはどこなのか、調査してみました。巷では、女性はこの人無理!と思ってしまうと、受け入れられなくなってしまう傾向があるという話も…。そうならないために男性は、ぜひ参考にしてくださいね。

女性に見られているポイント

  • 身体の部位:顔(口元・鼻)、におい、爪、髪、お腹、すね、腕
  • 衣類   :シャツ、ジャケット、Tシャツ、靴下、服全体
  • 声    :ボリューム、滑舌、口調

では、女性はこれらから何を見ているのでしょうか?それは「清潔感」です。身体や衣類に関しては清潔感は、もちろんのこと「声」に関しても、不快に感じないかをチェックしています。

清潔感のある見た目とは?

では、女性に受け入れられる/好印象を残すためにはどのようなことを気を付ければよいのでしょうか?

第一印象を決めるポイント

  • 無精ひげがないか
  • 鼻毛が出ていないか
  • 体臭はアウトか
  • 口臭はしないか
  • 爪は清潔か
  • 髪は伸びたまま放置されていないか
  • シャツの襟元が黄ばんでいないか
  • ジャケットがシワだらけじゃないか
  • Tシャツは色あせていないか
  • 靴下に毛玉がないか
  • ビール腹が出ていないか
  • ジャストサイズの服を着ているか
  • 腕毛は濃いか
  • すね毛を放置したまま短パンを履いていないか
  • 声のボリュームが小さすぎないか
  • 滑舌は聞き取れるか
  • タメ口じゃないか

まずは無精ひげや鼻毛、爪、髪をカットして清潔感を出し、汗しみやシワ、毛玉のない衣類を身にまといましょう。もちろん、香りのエチケットも大切です。体臭や口臭はもちろん、においの強すぎる香水もNG。できる限り「無臭」がベストです。

清潔感を出すには「エステ」に通う人も

自己処理をすると濃くなるすね毛やひげ、腕毛。さらに、シェイバーなどで肌荒れを引き起こして清潔感から遠ざかってしまうこともあります。
そのような人におすすめなのが、エステです。現在では、メンズ専用のエステサロンも増加し、さまざまなメニューが用意されています。ニキビケアや小顔矯正、脱毛など、清潔感を得るために通う人もたくさん。通っている人の中には、フェイシャルケアをしたことによって「肌が明るくなった」「女性から話しかけてもらうことが増えた」という人もいるのだとか。

第一印象は、3秒で決まってしまうといわれており、そこで受け入れてもらえるかがカギ。清潔感を身に付けて、好印象を残せるように頑張りましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。