美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.27

アイリスト

裸眼はすっぴん!? メイク感覚のカラコン

ある口コミサイトが女性のカラコン事情について調査を実施しました。アンケートの結果、約半数の女性がカラコンをファッションやメイクの一部として扱っていることが判明。今回はカラコンに関する世間の声などを紹介していきます。

カラコンはファッションやメイクの一部!?

 


10月20日に株式会社T-Gardenが、大人気のカラーコンタクトレンズブランド「AngelColor MODICシリーズ」のイメージキャラクターに、元AKB48で現在はモデルとして活躍する永尾まりやの起用を発表しました。
 
同社は永尾の起用について、ファッションやメイクの一部にカラコンを取り入れてもらいたいと、女性層からの人気も厚い彼女を起用したと明かしています。では世間の女性たちは、カラコンに対してどういった考えを持っているのでしょうか?
 
ある口コミサイトは、普段カラコンを使っている女性801人を対象にアンケート調査を実施。「あなたにとってカラコンとは何ですか?」という質問に対して、約半数の女性が「メイク・ファッションの一部」と回答しています。さらに「特別な時につけるもの」(19.1%)、「日常に不可欠なもの」(17.1%)と続き、年齢に関わらず幅広い層の女性にとって、カラコンは定番のアイテムになっていることが判明しました。
 
SNS上でも「盛りたい時とか、外に出かける時は絶対にカラコンつける」「カラコンしたら若く見えるし、もはやファッションの一部!」「前はカラコンに少し抵抗あったけど、今はメイクの一部で手放せなくなってる」といった声が多く見られるように、カラコンは女性たちの間でかなり浸透しているようですね。

カラコン初心者には自然派がおススメ!

多くの女性が利用するカラコンですが、カラコンを選ぶポイントも年々変化しています。医薬品などを販売する某企業は、カラコン経験者と使用検討中の1,000人以上を対象に、「瞳の変化」について調査を実施。その結果、7割以上の人が「自然な変化」を希望していることが判明しました。
 
実際にSNS上にも「裸眼っぽく見えるカラコン、本当にナチュラルに目を大きくしてくれるから良いよ!」という声も見られ、自然派カラコン愛用者は多いようす。
 
ただ「カラコン初めてだから、何色が似合うか不安」と、カラコン選びを心配する人がいるのも事実。そんなカラコン初心者の方でも挑戦しやすい色味が、裸眼に近い発色で瞳の輪郭が強調されるサークルレンズタイプのもの。クリッとした瞳を演出しつつ、裸眼っぽく見えるナチュラルな仕上がりがポイントです。
 
また瞳の色に合わせたアイシャドウを選ぶと、さらにおしゃれ感がアップ。自然な色味のカラコンには、ブラウンやベージュなど同系色のナチュラルカラーのアイシャドウを選ぶのがおススメですよ。
 
見た目の印象を大きく変えるカラコン。毎日ファッションやメイクを変えるように、瞳の色も変えてみると、さらにおしゃれが楽しくなるかも。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。