美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.29

アイリスト

瞳の色に合わせてアイシャドウをチョイス! カラコンの色別アイメイクを学ぼう!!

手軽に顔を可愛く見せられるカラコンは大人気。定番のブラックやブラウン以外にも、グレー、ブルー、ピンクなどさまざまな色が販売されています。せっかくいろいろな色があるんだから、ぴったりのアイシャドウと合わせてさらにおしゃれにしたいもの。カラコンとアイシャドウのコーディネート術を見ていきましょう。

ナチュラルカラーにはナチュラルなアイシャドウを

日本人がもともと持っている瞳の色に近いブラウンのカラコンをする時は、ナチュラルカラーのアイシャドウを塗るのがおすすめ。ブラウン、ベージュなどのアイシャドウを塗ればふんわりと穏やかな顔に、ピンクのアイシャドウならキュートな魅力のある顔になります。アイシャドウはごってりと盛るのではなく、あくまで薄めに。ネット上では「ベースに薄いブラウン、目尻にピンク、目の際に濃い目のブラウン」「まぶたの上の方から下に向かって徐々に濃い色のブラウンになるように塗る」といった声が上がるなど、グラデーションを作る人も多いみたい。また、アイラインもブラックより柔らかい印象を与えるブラウンを使って、まつげの間を埋めるように細く引き、目を強調しすぎないのもナチュラルに見せるコツです。

ブラックはオールマイティ

目力をアップさせるブラックのカラコンは、どんな色のアイシャドウとも合います。クールビューティーを目指すなら、グリーンやブルーなどの寒色系アイシャドウを取り入れてみましょう。ここで注意したいのは、アイホール全体を寒色で覆うと人によっては顔が暗く見えてしまうということ。寒色系アイシャドウは目尻の部分だけ、もしくはまつげの生え際に沿って細く入れ、ポイント使いにとどめます。アイホールにはゴールドやベージュなど肌になじむ色を塗ると失敗がありませんよ。
 
ドーリー系のゆるふわ女子になりたい人は、ブラウンやベージュのアイシャドウを上まぶただけではなく下まぶたにもきっちり塗ります。囲み目ラインを作れば、カラコンを入れた瞳がさらに大きく見えますよ。また、まつげは手抜きなくしっかりと持ち上げ、カールも抜かりなく。

個性的なカラーをよりオシャレに

ベージュやグレーのカラコンを入れる時は、ポイントカラーにレッドを使って大人っぽくセクシーな印象に。アイホールの下半分と下まぶた全体にボカせば、フェロモンたっぷりの目を作れます。ブラックのアイラインで目尻をはねあげるキャットラインを引けば完璧。
 
また、ブルーやグリーンなど個性的なカラーのカラコンには、「赤紫で目を囲んで『アナ雪』のエルサ風メイクに」「全体はライトグリーンのアイシャドウ、涙袋にはパープル。今日はクレオパトラです」といったように、思い切った個性派メイクをしてみると楽しいかも。カラコンの色に合わせたアイシャドウを使って、バランスのいいおしゃれな目元を作ってくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。