美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.09

作成:2017.02.01

アイリスト

まつ毛は育毛が基本!まつ毛美容液のおすすめな使い方

まつ毛はつけ足すから、育てる時代?

まつ毛

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo 重村俊雄/モデル:モデルファクトリー]


まつ毛エクステやつけまつ毛をよく使用していると、目やまつ毛に負担をかけてしまうということをご存知ですか?つけまつ毛は、接着剤を直接地肌につけます。まぶたは皮膚が薄いので、肌荒れやかゆみを起こしやすく、地まつ毛の根元につけることでまつ毛が抜けやすくなることもあるんです。

そして、つけまつ毛を外すとき、そのまま手で引っ張って外していませんか?この外し方も皮膚に負担をかけてしまい、肌トラブルを起こす可能性があります。まつ毛エクステは接着剤が目に入って充血したり、まつ毛自体に負担がかかったりして、抜けやすくなります。

いくつになっても印象的な目元をキープするために、まつ毛をつけ足すのではなく、地まつ毛を育てることから始めましょう。

まつ毛美容液と育毛剤の違いや効果的な使い方とは

朝食

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo tkcymd/朝食はたまごかけご飯(TKG)]


まつ毛にハリやコシを与えて、長さや量をアップさせ、デカ目効果が期待できるまつ毛美容液や育毛剤。まつ毛美容液は、まつ毛を健康に保つための化粧品です。マツエクやつけまつ毛、ビューラーの使用によって傷んでしまったまつ毛を修復するトリートメント成分が配合されています。主に配合されているのは天然成分なので、副作用がほとんどなく、気軽に使うことができます。

一方、まつ毛育毛剤は、まつ毛周辺の血行を良くする「ビマトプロスト」という有効成分を配合しているものが主流で、医師の処方箋が必要です。目のかゆみや充血といった副作用がでる恐れもあるため、ドラッグストアなどで手軽に購入できるまつ毛美容液を使うのがおすすめ。効果的な使い方としては、洗顔後のきれいなまつ毛に使用し、毎日継続してつけてみてください。すぐに効果があらわれるわけではありませんが、肌のケアと同じように長期的に使用することで、徐々にまつ毛にハリやコシが出てきますよ。

体の中から育毛を目指す!おすすめ食品

まつ毛を育てるためには、食べ物にも気を配りたいものです。まつ毛にピンポイントに効くという食品はありませんが、育毛効果のある食べ物はたくさんあります。特に、タンパク質が欠かせません。牛肉や牛乳、小麦に含まれるL‐シスチンや、マグロやチーズ、鶏肉に含まれるメチオニン、大豆や牛レバー、魚介類、玉子、ヨーグルトに含まれるビオチンは、どれもタンパク質の生成をサポートしてくれます。ぜひ意識して摂ってみてください。

まつ毛の育毛に効果的なまつ毛美容液や食品についてご紹介しました。まつ毛美容液はいろいろな種類のものがあるので、ぜひあなたのお気に入りを見つけてみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。