美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.27

アイリスト

男性顧客におすすめのまつエクデザインをご紹介

笑顔の男性
2005年辺りから普及してきたまつエク。元々は女性向けの美容としてスタートしたまつエクですが、現在では男性専用サロンがオープンするなど、男性の間でも広がってきました。では、男性はまつエクに何を求めているのでしょうか。

男性が求めているまつエクとは

男性はまつエクによって何を得たいのでしょうか。まつエクをされる男性の方は、営業マンや社長などといった他人と会う機会が多い人がほとんどです。
 
このようなお客様は「目をキレイにすると見た目が変わって相手に好印象を与えられる」と実感しているようで、一度施術したらパッチリ目が癖になり、リピーターになるお客様も多くいます。

このデザインでこの印象になる

アイリスト向けに、実際に男性のお客様が来られた時のためにデザインや長さ、太さなどを解説していきます。
 
女性用のまつエクではカールを強くさせるほど華やかな印象になりますが、男性の場合カールを強くすれば親しみやすく優しい印象に、反対にカーブを減らせばキリッと男前な印象になります。
 
また、女性は「気付かれるかな?」くらいが丁度良いのに対し、男性は「気付かれない」くらいが丁度良いです。
 
片目40〜50本でスタートする場合が多くまつエクサロンではJカール、Cカール、Dカールが主に用いられますが、カーブの緩いJカーブの使用が多い反面Dカールは滅多に使用しません。
 
まつエクの太さは細くなればなるほどナチュラルになりますが、0.1mmと0.12mmが主流になっています。女性の場合0.15mmを好むお客様もいますが、0.15mmはマスカラを塗った感じがあるため男性には不向きです。
 
長さは6mm〜8mmが目安となり、女性の9mm〜13mmに比べるとかなり短くなります。素材はナチュラルに仕上がるセーブルやミンクが多用されています。

男性にまつエクを説明する時は論理的、具体的に

男性に説明する女性
「男性脳」「女性脳」と言われますが、男性は女性に比べて美容に関する知識が少なく、そして数字や論理、スペックなどといった明確化できるものを重視します。
 
男性に対してまつエクを説明する際は、論理的で具体的、そして初心者にも優しい説明を心がけていきましょう。

男性もまつエクをする時代にアイリストがするべきこと

男性がまつエクをするようになった今、アイリストは男性向けに分かりやすいマツエクの解説をしなければなりません。
 
男性は女性とは違った特性を持っていますので、その特性に合わせて分かりやすくデザインなどの解説をし、男性が求めているゴール(ナチュラルに目を強調したい)まで導きましょう。
 
男性は比較的経済的に余裕があるお客様も多く、一度心を掴んだら長く愛用してくれますので、販売戦略の一環として力を入れておきたいポイントです。
横を向く男性

Author:美プロ編集部

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。