美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.04.21

作成:2017.04.19

アイリスト

まつ毛をセパレートにするアイテムと作り方

大きな目
 
盛り盛りのまつ毛や、束になった太いまつ毛は、一昔前に大流行しました。しかし、今そのメイクをしていると古いと思われてしまう可能性もあります。今のトレンドまつ毛は、抜け感やスキを作ることです。足してばかりのアイメイクではなく、引き算が必要です。
 
そのために、重要なのはまつ毛をセパレートさせて、細く長くキレイに見せることです。セパレートまつ毛の作り方や、意外なオススメアイテムを紹介していきます。是非、参考にしてみて下さい。
 

マスカラの使い方がポイント

積み木ブロック
まつ毛を長く見せたいからといって、マスカラを何度も何度も重ね塗りしてしまうことはありませんか?マスカラを重ね塗りしすぎてしまうと、まつ毛がダマになったり、束になってしまったり、まるで虫の足やひじきのようなまつ毛になってしまいます。
 
まつ毛をより長く見せてセパレートするには、根元を太く毛先を細長く見せる必要があります。ポイントになるのは、マスカラの使い方です。
 

マスカラはロングタイプを使う

マスカラにも様々なタイプがあります。ボリュームタイプやカールタイプなどありますが、おすすめはロングタイプのマスカラです。毛先に向かってまつ毛を長く見せることができます。
 

余分なマスカラ液を落とす

最初にマスカラをつけるときに、マスカラをそのまま使用していませんか?ボトルで一度マスカラブラシをしごき余分な液を落としましょう。たくさんのマスカラ液が付いてしまっている状態で、マスカラを塗ってしまうと、ダマやパンダ目の原因にもなってしまいます。
 
ボトルでのしごきが足りないときは、コットンなどで軽くブラシを拭ってから、マスカラを使用しましょう。
 

歯間ブラシでまつ毛をセパレート

歯ブラシ
 
マスカラでセパレートまつ毛を作ろうと頑張っても、うまくいかないときがあります。上手にまつ毛をセパレートするためのおすすめアイテムは、歯間ブラシです。目尻のまつ毛や、下まつ毛にマスカラを塗る時、付属のブラシでは太くて大きい場合があります。
 
この歯間ブラシは特別なものではなく、100円ショップでも購入できる、大量に入った歯間ブラシで十分です。歯間ブラシは、極細で小さいため、短いまつ毛や細かい部分にも対応することができます。まつ毛をしっかりと整えることで、よりキレイなセパレートまつ毛ができます。
 

簡単にできるセパレートまつ毛

セパレートまつ毛の作り方を紹介してきましたが、そこまで難しいテクニックが必要なわけではありません。マスカラのタイプを変えたり、普段持っているマスカラにひと手間加えて使ったりするだけで、簡単にまつ毛をセパレートすることができます。
 
さらに歯間ブラシを使用すると、セパレートまつ毛が上手く作れるためオススメです。盛りまつ毛からセパレートまつ毛にチェンジして、トレンドの抜け感メイクを演出してみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。