美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.17

アイリスト

透明マスカラは実はまつ毛の万能アイテム?

透明感のある女性
透明マスカラはナチュラルメイクに使う物というイメージがあるかもしれませんが、実は色々な使い方ができる万能メイクアイテムです。
 
最近はたくさんの種類の透明マスカラが発売されているのですが、人気の商品や使い方について調べてみました。
 
美容液が入っているものもあるので、まつ毛エクステを付けている人にも透明マスカラはオススメです。

透明マスカラが人気の理由

多くの人に愛用されている透明マスカラですが、その人気の理由は種類の多さといろいろな使い方ができるという事にあります。
 
普通の黒いマスカラを塗った後に透明マスカラを塗っておけば、カールをキープしてくれますしマスカラが目の下に付いて黒くなるのを防いでくれます。
 
ナチュラルメイクの時は、まつ毛にたっぷりと透明マスカラを塗っておけば自然なツヤ感で目元をパッチリ見せる事ができます。
 
また、もともとまつ毛が濃くて長い人は、黒いマスカラを塗るとメイクが濃くなってしまう事もあります。
 
そんな時は透明マスカラを塗っておけば、自然でパッチリしたまつ毛になるのでオススメです。

透明マスカラの種類は2種類

透明マスカラには、メイク用タイプと美容液が入ったタイプの2種類があります。メイク用タイプはまつ毛のカールのキープ力が強いので、マスカラを塗った後のトップコートに使うのがオススメです。
 
もちろんビューラーで上げたまつ毛に透明マスカラだけを塗ってもカールはキープされるので、学校や会社に行くときのナチュラルメイクに向いています。
 
メイク用タイプの透明マスカラはお手頃価格のものが多いので、気軽に試すことができますね。
 
もう一つが、美容液タイプです。
 
美容液タイプの透明マスカラは、まつ毛の育成を助けてくれたりダメージの修復をする効果があります。
 
ブラシではなくチップやコームタイプの物もあり、根元に塗りやすいのでまつ毛エクステを付けている人にもオススメです。
 
まつ毛のダメージが気になる人は、寝る前にたっぷり塗ってから寝るようにして下さい。
化粧セット

オススメの透明マスカラ

透明マスカラのオススメは、やはり定番でロングセラー商品のものです。モノによってはコンビニやドラッグストアで手軽に買う事ができますし、もちろん美容液効果が期待できる商品もあります。
 
まつ毛エクステを付けている人は、オイル入りのものは避けると良いでしょう。
 
口コミサイトで評判のものを購入するのも良いのですが、やはり一番重要視するべきは、自分が求める効果を持ったもの、そして使いやすいものです。

透明マスカラは使わないともったいない!

マスカラをする女性
使い道がたくさんある透明マスカラ、今までは「学生が学校につけていくものでしょ?」と思っていた人も多いのではないでしょうか?
 
最近は100円ショップでも透明マスカラが売られていて、意外と人気があります。最近流行りの「まつ育」にも使えるので、まずはお手頃な値段のものから試してみてはいかがでしょうか。
 
いろいろな透明マスカラを試してみて、お気に入りの1本を見つけましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。