美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.01.25

作成:2017.01.24

アイリスト

ドライアイの人にアイリストができること

強くつむる目
まつ毛エクステ施術の前に「私、ドライアイなんです」と言われると、アイリストとしてはドキッとしませんか。
 
まつ毛エクステが原因でドライアイになることはありませんが、まつ毛を付けるグルー(接着剤)には要注意。実はこのグルーが目のトラブルの原因になることがあるのです。

まつ毛エクステはドライアイになる?

コンタクトが取れる
まつ毛エクステの施術を行うとき、施術する側のアイリストも、施術をされる側も、気になるのが「ドライアイ」ではないでしょうか。
 
粘膜と涙で常に潤って保護されている眼球の表面。目の使い過ぎや合わないコンタクトレンズの使用など、何らかの異常によって保護機能が損なわれてしまうことがあります。ドライアイは、目がゴロゴロするような不快感や、「かすみ目」「疲れ目」などを生じるようになる症状で、国内だけで推計2,000万人が悩んでいるとされます。
 
もはや国民病とも言えるドライアイですが、時々「まつ毛エクステをすると目がしみる。これが原因でドライアイになったのでは?」と考える人がいるようです。
 
実は、まつ毛エクステ自体がドライアイの原因になることはありません。まつ毛エクステの施術を受けて、目がしみるような感じがする人は、もともとドライアイにかかっている人がなりやすい症状です。
 
理由は、まつ毛をくっつけるグルー(接着剤)にあります。まつ毛を付けるときに塗るグルーがまつ毛をくっつけるとき、グルーに含まれる成分が蒸発します。この蒸発する成分は目に沁みやすい成分で出来ており、ドライアイの人は目の表面が乾いているためにこの成分に敏感で、しみると感じやすいのです。
 
また、まつ毛エクステを施術したアイリストの技術レベルが低いと、グルーの揮発成分ではなくグルーそのものが目に入ってしまうこともあります。これはまさにドライアイの原因になることもあります。

アイリストはグルーに要注意

セルフケア用品
アイリストとしては、自分の手で施術したまつ毛エクステで、お客様に痛い思いをさせてしまうのは心苦しいですね。そのためには、事前にしっかりと説明をしておくことをおすすめします。特に「私、ドライアイです」とおっしゃるお客様には、施術前のカウンセリングで詳細を説明して理解してもらわなくてはなりません。
 
考えられるリスクや、グルーが原因で目がしみるように痛むことがあり得ることを伝えます。また、ドライアイの治療中であれば医師に相談した上で再度施術を受けてもらうほうが良いことについても説明しましょう。
 
その上で、施術後のお客様のセルフケアや行動の中でグルーが目に入らないように、次のことに気を付けていただきましょう。

お客様のケア方法にも要注意

グルーが完全に固まるまで5~6時間かかります。まつ毛エクステ装着後5~6時間はお風呂もクレンジングもしないようにしていただきましょう。

仕草や行動は大丈夫?

グルーが摩擦で落ちて目に入らないように、目元をこすらないようお願いしましょう。

ケア用品は何を使っているか

オイルクレンジングはグルーを落としてしまうので、専用の目元クレンジング剤を使うようにしましょう。
 
グルーの取り扱いに注意すれば、まつ毛エクステとドライアイの関係を気にせず施術できるようになります。

ドライアイのまつ毛エクステはグルーに注意

目元をまつ毛で美しくしたいアイリストと、エクステで美しくなりたいお客様にとって、ドライアイは困りもの。ですが、しっかりした技術で施術して、グルーの扱いに注意すれば、ドライアイの原因になることも、ひどくなることもありません。
 
事前に考えられるリスクと対策をアイリストがきっちりと説明して対応して、お客様の目を守りながら魅力的で安全なまつ毛エクステを作り上げましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。