美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.28

作成:2017.03.23

アイリスト

まつ毛エクステをつければノーメイクでも違和感なし?

まつ毛エクステのついた目
まつ毛エクステをつけると、それだけで目元が華やかになるので、メイクを簡単に済ませられ、ノーメイクになった時のギャップもカバーしてくれます。けれども、つけ過ぎはかえって違和感の原因になります。どれくらいがちょうど良いのでしょうか。

まつげエクステで目を演出すればノーメイクでも平気

まつ毛の量が多くて長さもあれば、そんなにメイクをしなくても目が大きく見えるでしょう。さらにカールしていれば、フランス人形のようにチャーミングです。
 
けれども、誰もが生まれつきまつ毛が多いわけではありません。そこで何らかの形でボリュームアップする必要があります。
 
その中でも、まつ毛エクステはサロンで施術を受けるので、仕上がりがきれいです。まつ毛の量やカールの種類も自由に選べます。自分のまつ毛に継ぎ足すので、動きも自然です。
 
ビューラーやアイラインを使わなくても、既に目がパッチリした状態になるので、メイクの時間を短縮できます。通勤や育児で朝が忙しい女性には重宝するでしょう。
 
アイメイクはライナーで輪郭を、シャドウで影を作り、目の存在感を強調します。縦幅や横幅、目の垂れ具合も自由に変えられるので効果は劇的ですが、あまりやり過ぎるとノーメイクになった時、極端なギャップが生じてしまいます。彼氏や友達と温泉やプールに行って「誰?」と聞かれたり、ガッカリされたりするのは屈辱的です。
 
まつ毛のエクステで目の輪郭や影を作っておけば、ノーメイクでも目元の印象は変わらないので、そのような心配は少なくなるでしょう。
ノーメイクを隠す

ノーメイクでも自然に見えるまつげエクステの選び方

まつ毛エクステは、目的に応じて適切な量やカールが異なります。慣れないうちはサロンの勧めに従いますが、こだわりが強くなって自分の理想を押し通すと、違和感のある仕上がりになりがちです。
 
日本人の上まつ毛の平均本数は100~120本ほどです。200本を超えると、かなり多い部類に入ります。ノーメイクとのギャップを感じさせないくらいに増やすなら、その半分の60本くらいが限度です。
 
それ以上は不自然過ぎて、まつ毛エクステをつけているのが丸分かりになってしまいます。同様に、長さは自分のまつ毛と合わせて1.5cm、太さは0.15mmが上限です。
 
まつ毛エクステのカールは、CやJが定番で人気もあります。DやCCになると、ノーメイクで見せるにはカールが目立ち過ぎます。
 
基本的に黒目の上はカールを大きめに、目尻に行くほど緩めにすると自然です。一重や奥二重で自分のまつ毛が下がりがちなら、Lカールで上向きにできます。

盛り過ぎに要注意!サロンでは希望を伝えて

スタッフからのアドバイス
まつ毛エクステはノーメイクでも大丈夫な目元を作ってくれますが、まつ毛をつける量や太さ、長さ、カールを間違えると違和感ばかりが強くなります。自分のまつ毛の1.5倍を目安に増やすくらいが自然です。
 
多くのサロンでは施術前にカウンセリングを行っています。「ノーメイクとのギャップをなくしたい」と希望を伝えれば、自分のまつ毛や目の形にあったまつ毛エクステを選んでくれるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。