美容スペシャリストな自分になるために

遺伝で決まるまつ毛の長さと一重の関係


 

一重まぶたと二重まぶた、まつ毛が長いのは遺伝の要素が大きいと言われています。だからと言って、がっかりする必要はありません。二重まぶたになる可能性や、一重まぶたでも魅力的に見えるエクステやメイクについて紹介します。

どうして一重の人と二重の人がいるの?

産まれた時から一重の人もいれば二重の人もいます。産まれた時は一重だったけど、いつしか二重になっていたという人も多いでしょう。

 

一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたを持ち上げる「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」という筋肉に左右されます。これが弱いと二重になる折り目がつきません。遺伝の影響もありますが、特に赤ちゃんや子供の頃はまぶたの皮下脂肪が多いため、筋肉を持ち上げる時の妨げになります。

 

逆に皮下脂肪が減少したり、筋肉が鍛えられたりすることで、二重まぶたになる可能性もあります。目元をマッサージして血管やリンパの老廃物を流しやすくしたり、普段から二重になるように、細いスティックや綿棒でなぞって線をつけたりするのも効果的と言われています。ただし、赤ちゃんや子供の頃は皮膚が弱いので、無理せず成長に任せましょう。

二重まぶたの人のまつ毛が長い理由


 

二重まぶたは、一重まぶたよりもまつ毛が長く見えやすいというメリットがあります。生え際が持ち上がっているので、同じ長さでも一重より長いと感じるのです。実際にまつ毛の長さが長いのではなく「長く見える」という事なのですね。一重まぶただとまつ毛が下に向いて生えているので、パーマやエクステでカールさせる時に、少し強めにすれば見栄えが良くなりますよ。

 

最近では「Lカール」と言って、根元からカギ型に立ち上がっているエクステもあります。これなら下を向いたまつ毛をカバーできるので、自分のまつ毛が短くても自然に長くカールして見えます。まつ毛のカールで影を作れれば目元が立体的に見えるでしょう。

一重まぶたに合うメイクとエクステの選び方

一重まぶたには、ブルーやパープルなどの寒色系を選ぶようにしましょう。グレーやブラウンも大人っぽさを演出できるのでお勧めです。逆に、オレンジやピンクなどの暖色系やパールが強いものだと一重まぶたを強調するので、避けた方が無難です。

 

ブラウン系のアイシャドウを使ってグラデーションにすると、二重のような影を作れますので、目元に近い部分に塗る濃い色のアイシャドウとのバランスをみて、グラデーションにチャレンジしてみましょう。

 

また、一重まぶたでは、目の幅のバランスが横に偏りがちです。そこで黒目の上のまつ毛を、マスカラやつけまつ毛、エクステでボリュームアップすると、黒目が大きく見えて縦幅が広くなります。是非、試してみてくださいね。

一重まぶたで短いまつ毛でも綺麗になれる

たとえ遺伝の影響で一重まぶただとしても、メイクによっていくらでも魅力的に見せられます。ポイントは目元をシャープにして、立体的に仕上げることです。寒色系のアイシャドウを使って大人っぽく、エクステはカールが強めのLカールを使って、まつ毛の存在感を出すと良いですよ。また、黒目の上にマツエクを多く付けることで目の縦横比のバランスがよく整った目元を作り上げられます。

 

一重まぶたか二重まぶたかは大人になってからも、何らかの拍子で変わる可能性はあります。体調を崩した際に二重まぶたになり、そこから二重で定着するなんてことも多々あります。

 

生まれつき一重まぶただからと諦めずに、一重まぶたで最大限に魅力を発揮させてみましょう!二重では出来ないメイク術もあるはずです。

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。