美容スペシャリストな自分になるために

ビジネスシーンで活躍できる女性の服装とは! マナーに合わせた夏・冬のオススメコーディネート!


ビジネスシーンで活躍したい女性にとって、実はとても重要なのが職場での服装です。いくら仕事がよくできても、ビジネスマナーに合わない服装をしていたら職場から浮いてしまうだけでなく、上司からの評価にも響いてくるかもしれません。逆にビジネスマナーに合った素敵な着こなしができれば、それだけで“デキる人”という印象を与えられるはず。
 
そこで今回は、職場で絶対NGな服装や守るべきマナーについてご紹介。最近浸透しつつあるオフィスカジュアルや、夏・冬ごとの季節に合わせたコーディネートについても取り上げていきます。

ビジネスにおける服装のマナー

では実際に、職場ではどんな服装がNGとされるんでしょうか。最もNG度が高いのは、胸元が開きすぎているトップスや、下着が透けているシャツなど「露出しすぎファッション」。男性社員からすると目のやり場に困る上、女性社員からしても男性社員に媚びているように見えてしまうため、極力避けるようにしましょう。そしてこれも社会人としての常識ですが、清潔感のない服装もNG。ふとしたときに襟や袖が汚れているのを見られたら、だらしない人間という印象がついて、「仕事もできないんだろうな…」と思われてしまいます。洗濯やアイロンがけを欠かさず、人に好感を与えられる服装を心掛けてください。
 
また、ヒョウ柄などのアニマル柄や目立つカラーなどの「派手すぎファッション」もNGです。派手すぎる服装は職場で浮いてしまう原因になりますし、取引先の相手などから白い目で見られてしまう可能性も。とはいえ、色使いが単調すぎると地味な印象になってしまうため、マナーの範囲内でオシャレなコーディネートを考えることが大切なんですね。
 

オフィスカジュアルって何?

最近ではオフィスでの服装規定が緩くなり、カジュアルな服装でも許される職場が増えてきています。そこで登場したのが「オフィスカジュアル」という概念。シャツにタイトスカート、カーディガンやジャケットなど、スーツより楽な服装で働けるため仕事の効率アップにも役立ちます。とはいえ、職場によってどこまでがオフィスカジュアルに含まれるのかは異なるので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。
 
また、オフィスカジュアル特有の悩みもあるようす。毎日のコーディネートを自分で考える必要があるため、上手く着回ししないとすぐに着る服がなくなってしまうんです。そこで以下では職場のマナーに合った、オススメのコーディネート例をご紹介します。
 

夏のコーディネート

夏場のコーディネートで押さえるべきポイントは、何よりもカラーと素材。暑苦しい印象を与えないためには寒色系のアイテムを活用するのが大切です。そして職場で薄着になるのはマナー的にNGなので、通気性がよくて過ごしやすい素材のアイテムを選ぶことが重要なんですね。
 
ここで紹介するコーディネートは、軽くて涼しいシアサッカー素材のジャケットに、パンツスタイルのくるぶし丈ボトムを合わせるというもの。足元まで軽やかな印象のコーディネートで、カラーもホワイト系で統一すれば清潔感を出すこともできます。オフィスファッション専門ブランド「THE SUIT COMPANY」ではほかにも体型や職場の雰囲気に合わせたアイテムが多数揃っているので、スーツスタイルで決めたいときにはオススメです。
 

夏のコーディネート

冬のコーディネート

また、冬のオフィスファッションではセーターやカーディガンを活用するのが大切。ただし着ぶくれすると子供っぽい印象になってしまうので、スラッとしたシルエットを作る必要があります。また、冬なら足元にブーツを合わせたいところですが、これはマナー的にNGなのでパンプスが合うようにコーディネートを考えましょう。
 
全体的に重苦しい色合いにならないよう、セーターは明るめの紺色をチョイス。グレーのジャケットを羽織ればアズーロ・エ・グリージオ(紺とグレー)の落ち着いた着こなしになり、ビジネスシーンにぴったりです。くっきりとしたラインのジャケットを羽織ることにより、全身の印象を引き締めることもできます。デザイナー・佐藤可士和がプロデュースする「SUIT SELECT」では、スタイリッシュなデザインのアイテムが多く揃っています。
 

冬のコーディネート


 
画像出典:Jeremy Keith / Jessica at the office(from Flickr, CC BY 2.0)WHITE THE SUIT COMPANY 公式ショップブログスーツセレクト公式ブログ