美容スペシャリストな自分になるために

植物のあふれるオフィスで仕事効率アップ! “グリーンアメニティ”の効果と取り入れ方とは


最近では会社のオフィスも凝ったインテリアやデザインでおしゃれな空間になっていることが多いですよね。新しい会社や建物でなくても、居心地のいいオフィスだと出社するのも楽しくなるもの。逆に無駄がない作りのオフィスでも、どこか息苦しいと感じられる場合があります。そんなときには職場に植物をプラスしてみませんか?
 
仕事をするときの環境はとても大切で、オフィスの雰囲気によって効率が左右されることもあります。そこでオフィスの環境を改善するのに手軽でおすすめなのが、観葉植物を取り入れる「グリーンアメニティ」なんです。今回はグリーンアメニティの効果や、より効果的な取り入れ方について見ていきましょう。

グリーンアメニティとは

「グリーンアメニティって何?」と聞きなれない言葉に耳を傾げてしまう人も多いかもしれません。これは一言でいうと、室内に植物を置くことによって様々な効果をもたらす試みのこと。このグリーンアメニティの効果をオフィスにも取り入れようという試みが近年広まりつつあり、積極的に職場に植物を取り入れている会社や、またオフィスに向けた観葉植物のレンタルも登場しているんですよ。
 
たとえば大きく丸い葉っぱの植物を置けば、オフィスは優しく柔らかい雰囲気に。そして葉がとがっていて先の細い植物ならスタイリッシュな雰囲気になるなど、置いておく植物の種類によってもオフィスの雰囲気はガラッと変わります。また、デスクワークを行う場所だけでなく、社外の人が訪れる応接室や接客スペースなどに置くという活用法もあるんですね。
 

グリーンアメニティの効果

植物は光合成によって二酸化炭素を吸収し、酸素を供給してくれるもの。そのため植物を室内に置いておくだけで、室内の空気をきれいにしてくれる効果があると言われています。それだけでなく加湿効果も期待できるため、観葉植物さえあれば加湿器も空気清浄機も必要なくなるかもしれませんね。
 
また、「緑を見ているだけでなんとなく癒される」という視覚効果もグリーンアメニティの効果の一つだとされており、社員のストレス軽減にも大きく役立ってくれそうです。ストレスが減れば職場の人間関係も円滑になり、作業効率のアップも期待できますよ。それにオフィスで植物を育てるような意識を持てば、社内のコミュニケーションにも役立ってくれるでしょう。

より効果的に植物の恩恵に授かるために

それでは、観葉植物がもたらす効果をより良くオフィスに取り入れるにはどうすればよいのでしょうか? まず、ワークスペースにはあまり邪魔にならない、小ぶりなサイズの植物を置きましょう。腰くらいの高さのものを選んだり、棚の上に小さめの鉢を並べるようにしたりと、視界に入りやすいところに置くのがポイントです。また窓の近く、天井付近に垂れて伸びるツタのような植物を置けば、カーテンの代わりとなって日差しを柔らかい木漏れ日のようにしてくれるでしょう。
 
そして会社の出入り口やエントランス、応接スペースなど社外の人の目に触れる機会が多い場所には、大きな葉っぱの植物を置きましょう。大きな葉っぱは目に留まりやすく、室内の雰囲気を一気に和らげてくれます。そのほか、テーブルや椅子の近くに背の高い植物を置いてパーテーションの代わりにするのもいいですね。目隠しとしての役目を果たしつつ、閉鎖的な空間にすることを避けられるので一石二鳥です。
 


また、デスクの上に乗るような小さいサイズの植物でも視覚効果は十分に得られるはず。仕事中に一番目につく場所に置いておくことで、パソコンで疲れた目を癒すことができるのではないでしょうか。たんに癒し効果があるだけでなく、小さな植物にはインテリアとしての効果も望めます。小瓶に入れたり、水の中で育つ植物を透明なグラスの中でガラス玉と一緒に入れて育ててみたりと、小さい方がおしゃれな工夫を凝らすことができるんです。
 
ただし倒れたり落ちたりしないように、置く場所には十分気を付けましょう。また、手入れを怠って枯らせてしまうと見た目も良くない上、残念な気持ちになってしまいます。植物も生きているものなので、大事に扱ってあげてくださいね。
 
画像出典:KLPA (Joshua Kulpa) / My Pothos plant (from Flickr, CC BY 2.0)bfishadow / Leica M9 Sample (from Flickr, CC BY 2.0)Travis Wise / Decorated My Officemate’s Desk(from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント