美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月7日更新

特集

夏の日差しにも負けない美髪を手に入れよう! 人気モデル・石田ニコルのヘアケア方法・ヘアアレンジ


ロシア系アメリカ人と日本人とのハーフで、美髪モデルとして有名な石田ニコル。モデル業だけではなく、女優としてドラマや映画でも活躍していることから、名前を知っている人も多いのではないでしょうか?
 
石田は7月3日、渋谷で行われた「パンテーン サマーレスキュー イベント」に登場。自前のヘアケア方法やヘアアレンジについて語り、「それをすれば石田ニコルみたいなキレイな髪になれるの!」「なるほど~、参考にしよ」と話題になっています。夏の日差しに負けない美しい髪を手に入れるにはどうすればいいのか、見てみましょう!

美髪の代名詞・石田ニコルのヘアケア方法

石田ニコルといえば、その艶やかな美髪がトレードマークですね。今年2月から放送された「パンテーン」のトリートメントCMでも、お風呂上り姿でさらさらの髪を披露し、「CMの石田ニコルちゃんほんとかわいい…」「髪が艶々だし顔小さいし、憧れるなあ…」「めっちゃ目の保養になる!」と絶賛されています。
 

⇒Youtube 「PANTENE(パンテーン)お風呂上がりは、ダメージケアのゴールデンタイム! 石田ニコルさん篇」

 
それでは石田は一体どうやって、まばゆいほどの美髪を保っているのでしょうか? 7月3日のイベントでは、そんな誰もが抱く疑問に答えてくれています。そこでは司会者の質問に応じる形で、石田が普段から行っている日常のヘアケア方法を説明していました。
 
そのポイントは、髪を洗うときに「しっかり濡らしてからシャンプーする」「ごしごしこすって摩擦を起こさない」こと。髪がダメージを受ける原因として多いのは、意外かもしれませんが摩擦です。とくに髪を洗うときにはキューティクルがはがれやすくなってしまうため、できるだけ摩擦を起こさないようにしなくてはいけません。美髪を保つには正しいシャンプー方法が必須なんですね。
 
また、石田は「洗ったあとはトリートメントしてしっかり乾かす」ことも重要だと言っています。濡れた状態で放置するとキューティクルがはがれて髪が傷んでしまうので、しっかりと乾かしましょう。石田はそれをかなり入念に行っているようで、毎日のドライヤーに15分ほど時間をかけているそうです。普段から丁寧にヘアケアをしているからこそ、いつでも美しい髪を保てているんだと分かりますね。
 

髪が痛んだときは特別なヘアケア

さらに石田は、「日差しによって髪が痛んでしまったときは、ヘアパックを週に一度するようにしている」「夏には髪が潮風できしんでしまうので、なるべく潤して、髪の保湿を大事にしている」などと発言しています。モデルという仕事柄、夏場でも外で撮影することが多い石田。紫外線は肌だけではなく髪にもダメージを与え、乾燥させたりツヤをなくしたりする原因になってしまいます。石田は紫外線によって髪が痛むのを防ぐために、きちんとダメージの度合いに応じたヘアケアを行っているんですね。
 

トレンドになるかも! オススメのヘアアレンジ

そのほか石田は、今年の夏はどんなヘアスタイルがオススメかについても語っています。その内容は「髪をハーフアップにして、頭の上にお団子を作り、お団子にバンダナを巻いてアレンジしたらかわいい」というもの。
 
実は最近、海外ではハーフアップ+お団子のヘアコーデやちょっとレトロなバンダナを使ったオシャレが流行っているんです。とくにバンダナは日本でも2016年夏のトレンドアイテムになるとも言われているので、お団子にバンダナを巻くヘアアレンジをすると、カジュアルなかわいさで人気者になれそうです。美しい髪を持っているだけでなく、最先端のスタイルを積極的に取り入れていく姿勢も石田が人気を集めている理由なのかもしれませんね。
 
 

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント