美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月1日更新

特集

ダイエットが水の泡になるって知っていてもやめられない止まらない! ダイエット中の天敵食


 メディアでは朝ごはんをグリーンスムージーに置き換えて美味しくキレイに痩せる! なんて騒がれてるし、実際にチャレンジしてみたんだけど、やっぱり何かが物足りない。口さみしい。そんな時にはついつい食べてしまうんだアレを…ということで、今回は“やめられない止まらない”ダイエットの天敵食を紹介していこう。
 
 まずは天敵食の東の横綱から。「ポテチやめられないんだよー!」「じゃがりこ。週に1回は食べてるな」「マックのポテト、やっぱり美味い」という声が上がるように、ダイエットでは避けるべき炭水化物であるイモ系が大活躍している。ほんのり甘いジャガイモにシンプルな塩味で、ついつい食べ過ぎてしまうのだろう。中には「ポテチにプラスして炭酸飲料」といったダイエット天敵界の大ボス“炭水化物+糖分”といったものをやめられない猛者も出現。こんな大ボスと戦っていてはいつまで経っても全クリするのは不可能だ。
 
 そして西の横綱といえばやはり「クレープを無性に食べたくなる」「ミスドのフレンチクルーラー」「パルムうますぎる…」という意見もあるように、スイーツを挙げる人が多い。ダイエットで一番食べてはいけない夜食として食べる人も多く、「明日からまたがんばればいいか…」とどこかで聞いたようなセリフを吐いて欲望に負けてしまう。
 
 変わり種としては「キャベツ太郎が好き」「冷凍庫にはチューペットが山ほど入ってます」「アラフォーのくせにすももは見つけたら買ってしまう」という、幼い頃から食べている駄菓子をやめられない“三つ子の魂百まで系”が登場。小遣いでチマチマ買っていた子ども時代と違って大人買いできるのがダイエットでは最大の問題なのだ。
 
 それ以外にも「食べ物っていうかハバネロ一味が手放せない」「回転寿司のガリ」というダイエットにはさほど影響がないけど、食べまくると体に悪いんじゃないか? とツッコミたくなるようなものを好む人や、「色もきれいだしかまぼこ食べたくなる」「魚肉ソーセージ一択」という魚のすり身愛好家も意外と多い。
 
「少量ならいいよね」などと自分に言い訳をしてやめられない止まらない状態になるダイエットの天敵食は人それぞれ。“ついつい”をやめられないから痩せないってのは知っている。でも食べたい…。欲望と乙女心を天秤にかけて格闘する女子の日々は続いていく。