美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月10日更新

特集

ダイエット中の思わぬ落とし穴! 意外と高カロリーな果物とは!?


 ダイエットをする際にはタンパク質や炭水化物を控えて、ヘルシーな野菜や果物をとるようにするのが定番。つらいダイエットの最中、おいしい果物を食べることだけが楽しみ…という人もいるだろう。しかし実はそこにダイエットの落とし穴が潜んでいる。果物の中には意外に高カロリーなものもあるのだ。
 
 それでは、一体どんな果物が高カロリーなのだろうか。たとえばメジャーどころではバナナがあり、100gで86kcalほどと言われている。ご飯1膳分のカロリーが250kcalくらいなのだが、バナナを大体2、3本食べると同じくらいのカロリー量になる。とはいえ、バナナは元々栄養価が高いというイメージもあり、朝食として毎日食べるという人もいるくらいなので、そこまで意外性はないかもしれない。
 
 ほかにメジャーな果物ではマンゴーもなかなかの高カロリー。100gにつき約64kcalで、1個で換算すると約160kcalもあるという。ただ、マンゴーには食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので、結果的にはダイエットに有効という説もある。しかしそれも生のマンゴーに限った話で、乾燥させたドライマンゴーの場合は100gで約360kcalという恐ろしい数値を叩き出すようだ。
 
 また、世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定されているアボカドも、高カロリーフルーツの代表格。100gにつき約187kcalもあると言われている。そこで「アボカドダイエットって無意味なの!?」と驚く人もいるかもしれないが、アボカドには脂肪燃焼効果のある成分や植物繊維が多く含まれている。ご飯の代わりにアボカドを食べて我慢するという方法ならダイエットに向いているようだ。
 
 だが高カロリーな果物として、これらはまだまだ序の口だ。中東などでその果実が「デーツ」と呼ばれ親しまれるナツメヤシは何と100gで約281kcal、さらに東南アジアや沖縄県などで収穫されるライチに似た果物、リュウガンも100gで約283kcalというモンスター級の栄養価。果物だからといって油断して何でも食べていると、痛い目を見てしまう。
 
 ダイエットに最適な果物だが、種類によって栄養価は様々。低カロリーで水分が多く含まれている梨など、ダイエットに向いているものもたくさんあるので、意外な落とし穴にはまらないようにきちんと調べておこう。
 
画像出典: Ronnie / Fruit (from Flickr, CC BY 2.0)