美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月13日更新

特集

お酒のおともに最適! おつまみ界の代表・枝豆は美肌やダイエットにも効果的!?


 仕事終わりの最初のビールは至福のひと時。夏はもちろん冬でも、「この1杯を飲むために頑張っている!」という人は多いだろう。そしてそんなお酒にはおつまみがつきものだが、ビールといえばやっぱり枝豆だろう。お酒の席では必ずセットで注文するという人も多いベストカップルだが、実は枝豆は栄養満点で体にいいだけでなく美容効果も満載。いいこと尽くしのおつまみなのだ。
 
 枝豆とお酒との相性がいい一つ目の理由は、お酒による二日酔いを防いでくれるということ。枝豆のタンパク質には「メチオニン」というアミノ酸の一種が含まれている。このメチオニンは、同じく枝豆に含まれるビタミンB1やビタミンCとともにアルコールの分解を促してくれるので、二日酔いだけでなく悪酔い防止にもつながるらしい。そのためお酒をよく飲む、飲んだ次の日は必ず二日酔いになるという人にほど枝豆はオススメだ。
 
 また、飲み会や晩酌の時には食事よりお酒がメインになってしまうこともあるだろう。そんな時、「栄養が不足してしまいそうで心配…」という人もいるはずだが、枝豆にはビタミンやカルシウム、鉄分やミネラルなどの栄養がとても豊富に含まれている。そのためお酒のおともとして枝豆を選べば、偏りがちな食事のバランスを取ることができる。
 
 枝豆にはほかにも女性に嬉しい効果が盛りだくさん。シミやそばかすなどの色素沈着を防ぐビタミンCや、肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンの分泌を促すオルニチンなどが含まれているので、美肌作りに一役買ってくれるのだ。そして枝豆は低カロリーなことに加えて、脂肪の代謝を高めるコリンや脂肪吸収を抑えるサポニンなどの栄養も豊富なので、ダイエットにも効果抜群。さらに食物繊維がお腹の調子を整えてくれ、お通じの改善も期待できるので、お酒を飲まない人でも枝豆を食べることによるメリットを得ることができる。
 
 しかし、お店で出てくる枝豆は塩で味をつけていることが多く、食べ過ぎると塩分の取り過ぎにつながって美容にも健康にも逆効果になってしまう。お酒と枝豆、どちらもおいしいがくれぐれも飲み過ぎ&食べ過ぎにはご注意を!

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント