美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月26日更新

特集

梅雨の時期でもどんと来い! 天然パーマのヘアアレンジ術!


天然パーマの人にとって困る季節は、湿気の多い梅雨の時期と、髪が乾燥してパサつきがちな冬ですよね。髪がうねって、ハネて、広がって、毎朝ドライヤーやヘアアイロンと格闘している人も多いかと思います。ここでは天然パーマでもセットしやすい髪型や簡単にできるヘアアレンジをご紹介するので、悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

天然パーマにオススメの髪型は?

ショートカット

天然パーマの人はロングにして髪をまとめてしまいがちですが、実は一番オススメなのはショートカットです。ストレートヘアだとトップがボリュームダウンしてしまうショートカットも、天然パーマならパーマをかけることなく、ワックスを揉み込むだけでアレンジが決まります。
 
ただ、サイドがふくらみやすいため、毛量の多い人は美容師さんに言って調節してもらってください。まとめにくい前髪は長めにして横に流すか、眉につく位の短さにすると良いでしょう。厚みを残して重めにカットしてもらうと、スタイリングしやすいですよ。

ミディアムヘア

まとめにくく、肩にあたってハネやすいミディアムヘアは天然パーマにとって難しい髪型。でも、それもワンレングスにすることで簡単に解決できます。ウェットなスタイリング剤を使って毛先にボリュームを持たせると、あえて「くせ毛風カール」に仕上げたように見えるから不思議。おでこが見えるワンレングスに抵抗がある人は、前髪のみヘアアイロンで伸ばしてワックスでまとめるか、軽めにカットしてもらって散らしましょう。大人っぽい雰囲気に仕上がります。

ロングヘア

どうしても髪がまとまらない! という時、一番楽なのがロングヘア。どんなハネ毛でも束ねてしまえば何とかなります。伸ばせば伸ばすほど髪に重みも出て、扱いやすくなるでしょう。ただし、ロングヘアはしっかりスタイリングしないとだらしない髪型に見えがちなので要注意。
 
また、髪は長く伸ばすと毛先が傷みやすくなるので、普段からトリートメントなどでヘアケアをしっかりと行いましょう。天然パーマのふんわり感を生かすために、カラーリングするのもオススメ。ゆるふわ感を演出して、フェミニンなかわいらしさが醸し出せますよ。
 

髪をまとめる時のオススメヘアアレンジ

くるりんぱ

ミディアムヘア、ロングヘアの人は、髪の束ね方も悩みどころですよね。ただシュシュやヘアゴムで結ぶだけはつまらない…という人にオススメなのが、簡単なのにオシャレに見えるヘアアレンジ“くるりんぱ”です。
 
やり方としては、まず髪をゆるめにヘアゴムで束ねます。次に、結び目の上の髪を真ん中で分けて穴を作り、結んだ毛束をその中に入れます。最後は下に通した毛束を左右に引っ張れば完成。ロングヘアの人はこれを連続で行うと、立体感が増してより手の込んだ髪型に見えますよ。
 

⇒インスタで大人気のセルフアレンジスト、YU-Uさん。アレンジに必須の簡単テクニックを動画でレクチャー♪【くるりんぱ編】

部分三つ編み、編み込み

サイドや頭の上部だけ三つ編み、または編み込みをすると、全体的なボリュームが抑えられます。結び終わった毛先のあたりには天然パーマのカーリー感が出るので、まとまりつつもゆるふわ感が漂ってオシャレに仕上がります。前髪が長い人は一緒に編み込んでしまえば顔まわりが明るく見え、前髪の中途半端なカールも隠せるので一石二鳥。

ピンを使う

ボリュームが出やすい前髪やサイドの髪をピンで留めると、一気にスタイリングしやすくなります。ここでのポイントは、ゴールドやシルバーのピンを使うこと。よく見かける黒いアメリカピンだと髪と同化してしまい、“邪魔な髪を留めているだけ”に見えてしまうことも。何本かのピンを使って三角やスターなどの模様を作ったり、ビジューやラインストーンのついたピンを使ったりするとより一層かわいらしくなりますよ。
 


 
 
縮毛矯正やストレートパーマをかけるのは天然パーマとサヨナラする簡単な手段です。でも、どうせ天然パーマとして生まれてきたなら、それを生かす髪型やヘアアレンジを楽しんでみては? いろいろ研究して、自分の天然パーマと上手く付き合っていきたいですね。