美容スペシャリストな自分になるために

2017年3月15日更新

セラピスト

30代からでも遅くない? セラピストの年齢層や年齢制限について


人の体や心に癒しを与えるセラピストのお仕事。仕事場はサロンだけでなく、スポーツクラブやスパ施設など様々な場所でリラクゼーションを提供しています。大きなサロンとなると、客層は若い人からお年寄りまで幅広い世代が訪れるもの。最近では男性のお客さんも増え、老若男女問わず人気があるんですね。
 
お客さんだけでなく、セラピストとして働く人も20代から60代まで様々な世代の人がいます。今回は、セラピストの年齢層や年齢制限について詳しく見ていきましょう。何歳までセラピストを目指せるのか、世代ごとに働き方がどう違ってくるのかについてもご紹介しますよ。

セラピストの年齢層って?

セラピストの年齢層は、サロンによって異なります。若者向けのサロンだったら20代、30代が中心となりますし、中には40代、50代が多く働いている落ち着いた雰囲気のサロンも。スタッフの働き方も正社員だけでなくアルバイトや業務委託など様々で、学生や主婦の人もいるんですよ。Wワークで、他の仕事を副業としながら働いている人も珍しくありません。
 
セラピストは国家資格が必要ないため、転職先としても人気が高い職業。実は新卒でセラピストになった人よりも、30代から働き始めたという人の方が多いそうです。年齢不問、未経験でも歓迎してくれるサロンもたくさんあるので、年齢に引け目を感じる必要はありませんよ。
 

何歳までセラピストになれる?

とはいっても、現実的には何歳までがデビュー可能な年齢なのでしょうか。セラピスト養成スクールに入学する際や、民間資格を取得する際には、年齢制限はほとんどありません。またサロンの求人に応募する際にも、「高校卒業」を必須としているところはあるものの、上限を明記しているサロンは少ないです。それでもサロンの方針や客層によっては、30代でも採用されないことがあるので、働きたいサロンのことをよく調べておく必要があるでしょう。
 
そして求人広告に載っている文章から、サロンの求めている年齢層がわかることもあります。「若手活躍中」「20代スタッフ多数在籍」とあれば20代を求めていることになりますし、「主婦の方も活躍中」とあるサロンなら30代、40代でも採用してくれるでしょう。ただし、これらの文章はあくまで目安なので、年齢が心配であればサロンに問い合わせてみるのが一番ですよ。
 

年齢によるセラピストの働き方の違いとは

セラピストの年齢ごとの働き方についてですが、まず10~20代はサロンデビューしたばかりの新人がほとんど。ですがサロンで一番活躍しているのもこの世代です。若くて体力があるため、20代が中心のサロンは賑やかな印象を受けますよね。経験を積んだ30代あたりのスタッフは、研修や新人の指導を行ったり、サロンの管理職やオーナーを任されるようになるでしょう。
 
また独立や開業を目指している人は、大体40代で自分のお店を持ち始めるようです。さらに年齢を重ねて50代、60代になると体力の衰えを感じ、セラピストを引退するか、講師の道を歩み始めるかのどちらかを選ぶ人が多いようす。それでも現役で働き続けたいという人は、講師とサロンでの仕事を半々で行ったり、自宅をサロンにして完全予約制にするなど、自分のペースで働けるような工夫をしているそうですよ。
 
マッサージやリフレクソロジーは力が必要なので、どうしても若い方がたくさん活躍出来るお仕事になります。ですが体力に自信があり、セルフメンテナンスや筋力トレーニングを欠かさずに行うことが出来れば、いくつになっても現役でいられるはず。セラピストになりたいけど年齢が心配という方も、今のうちに体力や体の調子を整えておきましょう。自分の体をしっかりコントロールすることが、一流のセラピストになるための近道なんですね。
 

年齢関係なく活躍できるセラピストの職場

セラピストは、若い人が活躍しているイメージがあるかと思いますが、実際には仕事に対して年齢制限はありません。ここでは、年齢に関係なく活躍できるサロンを探すポイントをご紹介します。
 
セラピストの求人に応募する人の年齢層は、基本的には20~30代に集中しています。そしてサロンによっては、若い年代に絞って採用を進めるところもあるよう。
その一方で「主婦(主夫)歓迎」や「年齢不問」といった条件で採用を行っているサロンも多数。そのようなサロンは、研修制度が充実していて、未経験やブランクがある人でも働きやすい職場作りがされています。サロンによっては、プロ講師から接客技術やセラピストに必要な知識・技術についての研修を無料で受けられるところも。
このように、未経験でもセラピストになれる待遇もあります。サロンはどのような人材を求めているか、どのような待遇があるかを求人でチェックしてみましょう。

主婦がマッチする求人を見つけるには

結婚して家庭に入った後、セラピストとして働きたくなる主婦も多い様子。以下では主婦がセラピストの求人を探す際、チェックすべきポイントをご紹介します。まず主婦が働くにあたってネックとなるのが、勤務時間の問題。主婦として家事や育児をこなすことを考えると、フルタイムで働くのは難しいケースも。そんな時は時間の融通をつけやすいパート勤務を検討するのがおススメ。サロンの求人には週1回から勤務可能なところや短時間勤務が出来るところなど、主婦でも働きやすい勤務体系があるサロンは沢山あります。女性が多いセラピスト業界だからこそ、働きやすい環境づくりに取り組んでいるサロンが多いのかもしれません。
 
また過去にセラピストとして働いていた経験がある場合、仕事に対するブランクも主婦にとっては不安な要素。そんな時は各サロンの研修制度に注目してみましょう。短期間でスキルが身につく実践的な研修を行っているサロンが多くあります。研修を受ける時間や曜日を自由に選択できるサロンもあるので、自分の都合に合わせて知識を付けることもできるはず。また、セラピストとしての技術が衰えていない場合には、技術チェックをパスすればすぐにサロンに配属されて実践デビューすることも。未経験でもブランクがあっても、セラピスト業界は主婦にとって働きやすい環境と言えそうです。

 
画像出典:WorldSkills UK / Beauty Therapy (from Flickr, CC BY 2.0)WorldSkills UK / Beauty Therapy – Katie Wright (from Flickr, CC BY 2.0)Roger Mommaerts / PT-OT 025 (from Flickr, CC BY 2.0)

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント