美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.04.28

作成:2017.02.17

セラピスト

未経験でもなれる?副業でセラピストをする3つのメリットとは!


 

アロマセラピー」や「リンパセラピー」など、専門的な知識を身につけて人々に癒しを与える「セラピスト」は、お客様の喜びを身近に感じられるやりがいのあるお仕事です。最近では、女性のセラピストだけでなく男性も活躍できるサロンもあるので、性別問わず健康的で美しい身体を作りあげたいという人たちに人気がある職業です。

 

このように、セラピストの仕事は憧れの職業でもあるので「一度は仕事に就いてみたけれど、セラピストの仕事もしてみたい!」と思う人も少なくないでしょう。今の会社を辞めずに「副業」としてセラピストになれるのか、また、どんなメリットがあるのかなどをご説明していきます。その他、既にセラピストとして働いている人にもおすすめの副業まで、今後のお仕事選びに役立ててもらえればと思います。

 

INDEX
■副業でセラピストとして働く事はできる?
■副業でセラピストをする3つのメリット
■副業でセラピストをすると収入はどれくらい増える?
■副業でセラピストになるのに資格は必要?
■現役セラピストが副業を考える2つの理由
■現役セラピストにオススメの副業は?

副業でセラピストとして働く事はできる?


 

セラピストを副業にする事は可能です。例え、セラピストの経験がなくても採用してもらえるサロンは多く存在します。サロンの求人情報に「未経験OK」という内容と「副業OK」という事が書かれていれば、未経験でもセラピストに挑戦できるのです。今は違う仕事に就いているけど将来的にセラピストを目指したい!という人は副業で始めておくのも一つの手ではないでしょうか。未経験者を受け入れているサロンでは、研修制度が設けられているなど、技術に自信がない人でも始められるのではないでしょうか。

 

また、本業があるとどうしてもシフトが組みづらい事もあると思います。副業でのセラピストを受け入れているサロンでは、週に1日という勤務日数から働けるところもあり掛け持ちをして働く人にとってシフトが組みやすくなっているのも特徴です。その他、出勤する日程をインターネット上で調整できる「登録制」という働き方を採用しているサロンもあります。日程を電話などでいちいち調整する必要がないので、本業が空いた時間で気軽に勤務することが可能になります。

 

しかし、気を付けなければいけない点もあり、本業で働く会社の規則には従うようにしましょう。近年、正規雇用の会社でも副業を許可している所も増えていますが会社によって違うので確認が必要になります。

副業でセラピストをする事で得られる3つのメリット


 

副業としてセラピストになる事で得られるメリットは沢山あります。もちろん、セラピストを目指す上でそのための技術が学べる事も大きな利点でしょう。しかし、それ以外にもメリットとなる事があるのでご紹介していきます。

1. セラピスト以外でも役立つ技術を学べる

本業で美容系のお仕事に就いていながら、ノウハウを学ぶためにセラピストのお仕事を副業にしている人もいるようです。例えばエステティシャンの場合、最近では「アロマテラピー」を取り入れているエステサロンも多いので、副業としてアロマセラピストの仕事を経験しておくと、たことがあると本業でのサービス向上に役に立ちます。

 

また、本業がネイリストという場合にも、セラピスト業務が役立つそうです。ネイルサロンでは、ネイルの施術と並行して「オイルマッサージ」や「ボディケア」などのサービスを行う事があります。副業でセラピストを経験しておく事で、本格的なオイルマッサージの技術を取り入れられるのですね。

 

セラピストの技術は美容業界の様々な現場で活用できるので、自分のスキルを広げるためにも別のお仕事にどんどん挑戦してみてはいかがでしょうか。

2.一人のお客様に向き合える接客力がつく

セラピストの業務は、お客様お一人おひとりに向き合って施術していきます。そのため、お客様へ親身になってお話を聞き、お肌や体の悩みを聞き出します。それを踏まえて施術にあたる事で、お客様の求める結果やサービスを提供できるようになります。

 

美容業界では業務を分担制にする事も多く、なかなか1人のお客様に付きっきりになる事がありません。エステティシャンやセラピストのように1人のお客様を対応できる職種も少ないので、お客様に向き合う接客力を養える職業とも言えるでしょう。

 

お客様の考えや思っている事を上手に聞き出せないという人は、セラピストを副業にして力を付けて行っても良いのではないでしょうか。

3.健康維持のための知識を身につけられる

お客様に健康な身体を手に入れてもらうために、施術を行うセラピストはお客様だけでなく自分自身の健康管理もできるようになります。知識豊富なセラピストは、どのようなトラブルが起きても回避できるのではないでしょうか。

 

タイ古式マッサージなどのセラピスト業務では、施術をしながらセラピスト自身の健康にも効果を期待できると言われています。また、お客様と共に瞑想をする事で、日々のストレスから解放される時間ともなるのです。さまざまな健康維持の方法を身に付けることで、本業の方にも良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。

副業でセラピストをすると収入はどれくらい増える?


 

副業でセラピストをするという事は、セラピスト業務はアルバイトという事になります。アルバイトとして働く場合、お給料は基本的に「固定給」ではなく「時給制」になるので、働いた時間で変動する事になります。

 

しかし、経験やスキル次第で時給1,200円以上を稼げるサロンもあり、アルバイトとしてはなかなか高めの収入を手にすることができそうです。

 

たとえば…

仮に、時給が1,200円だった場合に1日3時間週に3日働いたとしたら「1,200円×3時間×12日=43,200円」という事になりますね。副業にプラスして43,200円の収入が増えるという事なのです。

 

ちなみに時給制ではなく、施術ごとにお給料がもらえる「歩合制」を採用しているサロンもあります。こちらは時給制と比べると収入が安定しませんが、自分の腕次第でお客様を増やせるのでモチベーションアップにも繋がるのではないでしょうか。

副業でセラピストになるのに資格は必要?


 

セラピストには「リラクゼーションセラピスト検定」や「IFA国際アロマセラピスト資格」など、様々な資格があります。しかしこれらの資格を含め、セラピストの資格は民間資格がほとんどです。そのため、本業でも副業でも施術するために必須な資格はないのです。

 

また、セラピストの国家資格もありません。セラピストを募集しているサロンは資格取得者を優遇しているものの、副業としてパートやアルバイトで働く分には資格がなくても問題ないことも多いのです。資格を持っていなくて不安な場合は、「資格不問」などと書いた求人情報を探してみると良いかもしれませんね!

 

とはいえ、将来的に正社員のセラピストになることを目指していて、“お試し”という形でセラピストを副業に考えている人は、どこかのタイミングで資格を取っておいても良いかもしれません。そうした人は、資格取得をサポートしてくれる制度があるサロンで働くのもオススメです。サロンの中には採用直後の研修などで、資格取得のための知識を教えてくれるところもあるので、求人情報に「お仕事をしながら資格取得が可能!」と書かれているお店を探してみるのも良いでしょう。

現役セラピストが副業を考える2つの理由


 

本業でセラピストとして働いていく中でセラピストはどんな事を理由に副業を考えるのでしょうか。体力仕事でもあるセラピストですが、その他にもいくつか理由があるようです。

1.勤務しているサロンのスタイルが合わない

勤務しているサロンとの方向性や施術スタイルが自分とは合わないと感じるセラピストも多いようです。サロンによって個性があり、施術の方法や規則も異なります。

 

「自分はこのままこのサロンで働いていても良いのだろうか・・・」などと悩んでしまう人も少なくありません。そんな時に、別の環境を知るという意味で副業を選ぶ人もいるのですね。

2.もっと稼ぎたい

生活水準を上げる為、もしくは今のお給料では足りないという時にも副業を考えるようです。セラピストは、歩合制でお給料が支払われる事もあり、お客様の予約状況で収入が変わる事もあります。

 

自分以外にもスタッフがいる中、自分だけ「勤務日数を増やしてください」とも言いづらく、休みの日を持て余してしまうことも。副業であれば、アルバイトを時給制でおこなう事ができるので収入を増やしたい人の願いは叶えられるのですね。

お悩み解決!現役セラピストにオススメの副業は?


 

既にセラピストを本業として働いている人も、「副業として別のお仕事をしたい!」という人もいるのではないでしょうか。セラピストの技術は、業界でも重宝されるものなので、実際に副業をしているセラピストは自身のスキルを活かせる職場を選んでいるようですよ。副業を悩んでいる人は、新たなチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

1.サロンのスタイルが合わないと感じるなら

違うサロンで副業として働いてみる

セラピストが副業を考える理由として、「経験を積んでスキルアップしたい!」という人や、「本業のサロンと方向性がイマイチ合わない」という人などそれぞれです。

 

本業のサロンが「副業OK」としているのであれば、他のサロンで経験を積んでみても良いのではないでしょうか。サロンが変われば、来店するお客様も違うし働くスタッフも変わります。そこで新たな考え方を身に付けられることも◎。

 

また、さまざまなサロンで経験を積むことでスキルアップにも繋がります。本業のサロンで学べなかった技術を学べるチャンスではないでしょうか。副業する事で仕事をしている時間が長くなり、体への負担がかかってしまうのも事実。ですが、経験や技術、収入など得る物も多い副業。どんな働き方をするかは自由ですが、試してみるのも良いかもしれませんね。

職種も変えて働いてみる

新たな可能性を確かめる為にも、今までとは全く違う職種にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。セラピストのように技術を身に付けている状態であれば、なかなか転職をする事もないのですが、勤務するサロンに息詰まるような事があれば一旦違う世界を見てみると良いですよ。

 

環境が大きく変われば考え方も変わり良い解決策を見いだせるかもしれません。本業はセラピストだという事は崩さずに、自分のスキルアップに繋がる職種を選んでみて下さいね。

2.もっと稼ぎたいと感じるなら

空いた時間に出張セラピストとして働く

お客様の依頼に応じ、自宅や宿泊先に出向きマッサージなどのセラピスト業務を行う出張セラピストという働き方があります。施術内容は、タイ古式マッサージや英国式マッサージなど自分の得意な施術方法で行う事ができるので、自分の技術を高く評価してくれる会社を選んでみてはいかがでしょうか。

 

出張先には他のサロンスタッフがいない事で不安を感じる人もいるかもしれませんが、派遣元の会社と宿泊先のホテルが提携している場合もあるのでトラブルも少ないようですよ。なにより、お客様がリラックスできる環境で施術を行えるので施術効果も抜群です。このような企業は登録制を採用している所が多いので、自分の空いている時間にシフトを組むことで収入アップも期待できるのです。

空いた時間にスクール講師として働く

近年はセラピスト志望者向けのスクールが増加しているので、副業でスクール講師をする人も多いようです。特に接客経験は実際にサロンで働いたことがないと得られないため、スクールの授業をする際に役立つのです。セラピストとしての経験を活かすにはうってつけのお仕事だと言えます。

 

また、人に知識や技術を教えることで自分の技術を再確認する事ができるので、スキルアップに繋がります。本業でセラピストを続けて行くのであれば、空いている時間にスクール講師として働く事はとてもおすすめですよ。スクールの授業は事前にスケジュールが決まっているため、予想外の時間まで働かなければいけないという事がありません。また、授業1コマでいくらという支払われ方もあるので、収入の予測も立てられます。

空いた時間に接客業で接客スキルを身につける

本業をセラピストとしている場合、百貨店やオーガニックレストランなどに併設された物販コーナーでの接客がオススメです。特にアロマセラピストなどの場合、施術業ではないですが施術で使う精油(エッセンシャルオイル)を販売している店舗も多く、アロマセラピストとしての知識を活かせば説得力のある商品の紹介ができるでしょう。

 

それだけでなく、接客力も身に付けられるのではないでしょうか。セラピストとしての施術技術があっても、お客様に正しい知識を伝えられなければ意味がありません。お客様はセラピストを頼りにしてサロンに訪れているので、信頼されるセラピストになる事は必要不可欠です。サロン業務に追われて接客力を学ぶ時間がないという人は、サロンが休みの日に接客業で働いてみても良いでしょう。

空いた時間にアルバイトで何ヶ所も掛け持ちする

とにかく収入が足りない!という人は、お金を稼ぐだけの仕事を選んでみても良いでしょう。副業は正規雇用されている仕事の他にアルバイトをする働き方ですが、Wワークという働き方であればアルバイトでいくつも掛け持ちしてみるのも良いでしょう。

 

Wワークの場合、すべてアルバイトで掛け持ちをする事になり多い人は1日で2か所に勤務するということも。仕事をしていく上で正規雇用されていなければいけないという決まりはないので、自分に合った働き方を見つけてみて下さいね。セラピストの資格を取るため今はお金が必要!という人もいるでしょう。技術を学べるサロンや接客マナーを学べる百貨店など手段は色々あります。まずは、WワークをOKとしている企業を見つける所からスタートさせましょう!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!