美容スペシャリストな自分になるために

作成:2020.10.29

美容師

美容師が喜ぶ差し入れ6選!避けるべき差し入れもあるの?


 

担当の美容師や美容室で働くスタッフ全員に感謝の気持ちを込めて贈る「差し入れ」。初めて渡す時は、何をあげたら良いものなのかと悩んでしまうでしょう。美容師は、差し入れをいただき嬉しい気持ちもありながら、貰ってすぐに帰宅できるわけではないので、差し入れが悪くなってしまわないかなど気になってしまう事も。差し入れを渡す際には、どんなものをあげるか十分に考えてから渡すようにしましょう。

 

INDEX
■1.渡す時間はいつでもOK!有名店のお菓子
■2.夏の暑い時期にぴったり!アイスクリーム
■3.お昼やおやつに最適!ファストフード
■4.女性スタッフが大喜び!ドーナツ
■5.季節問わず喜ばれる!コーヒーやカフェラテ
■6.親しい仲であればOK!ハンドクリーム
■差し入れを選ぶ3つのポイント
■NG!避けるべき差し入れは?
■まとめ

1.渡す時間はいつでもOK!有名店のお菓子


 

美容師に差し入れを渡す時間は、施術の予約時間によって変化するものです。渡す時間も視野に入れて差し入れを選びたいものですよね。そこで、予約時間を問わず無難に喜ばれるのは「お菓子」ではないでしょうか。

 

高級デパートや百貨店に行くと、多くの有名店がその時におすすめするスイーツを販売しています。お誕生日や何かのお祝い、記念日にも喜ばれるものなので、お世話になっている美容師に差し入れするにも最適です。

 

また、きちんと贈り物として可愛いラッピングが施されているので、貰う美容師もテンションが上がりますよ。可愛くて美味しいものが好きな美容師にはピッタリです!

夏の暑い時期にぴったり!アイスクリーム


 

夏の暑い時期に渡したいのが、「アイスクリーム」。すぐに溶けてしまうという難点もありますが、アイスクリームが嫌いという人は少ないのではないでしょうか。

 

日本の夏は年々暑くなり、リフレッシュしたい時にもアイスクリームはおすすめです。ただし、美容室に冷蔵庫がある事が条件。美容師との会話でこっそり聞き出しておくのがポイントですよ。

 

アイスクリームの場合、日持ちが良い分、焦って食べる必要もなく食べたいときに食べられるというのが一番の利点。男女問わず、アイスクリームの差し入れは喜ばれるのでは?バニラやチョコレートといったものからフルーツ系のアイスクリームまで幅広く用意しておく事で、スタッフみんなの好みを網羅できるでしょう!

お昼やおやつに最適!ファストフード


 

意外と喜ばれるのが、ハンバーガーやポテトなどの「ファストフード」です。忙しくてゆっくり食事を摂れない美容師にはもってこいの品。ポテトを軽くつまんだり休憩時間にハンバーガーを頬張ったりと、バックルームでササッと食べられるのが嬉しいところです。

 

また、価格もお手頃なので、差し入れする方もされる方も気を使わずに済むのではないでしょうか。1人分だけでなく、スタッフのみんなに差し入れできるというのも良い所でしょう。

 

しかし、気を付けないといけないのが匂いの部分。ファストフードは匂いが強いので、美容室などのおしゃれな空間に漂わせてはいけないものでもありますよね。その場合、迷惑がかかってしまうリスクがある事も頭に入れておきましょう。

女性スタッフが大喜び!ドーナツ


 

特に女性の美容師に喜ばれるのが、「ドーナツやパン」などのスイーツではないでしょうか。商品が冷めてしまう事もなく、時間が経っても美味しいものです。

 

チョコレートやクリームでデコレーションされているドーナツなどは見た目も可愛いから、女性には大人気です。可愛いお菓子を見ると写真を撮りたくなり、「お客様より差し入れして頂きましたー!」などと、SNSに投稿してくれる美容師も多いのでは?

 

なるべくなら、差し入れした事により笑顔になってくれるものを選びたいですよね。美容師が食べた事のないような珍しいスイーツなら、尚更、スイーツの話題で盛り上がるでしょう。

季節問わず喜ばれる!コーヒーやカフェラテ


 

誰からも愛される差し入れとして、「コーヒーやカフェラテ」というのはいかがでしょうか。中には、コーヒーが苦手という人もいるのですが、コーヒー好きにはたまりません。リフレッシュをしたい時や、気持ちを落ち着かせたい時にコーヒーがあると良いですよね。

 

業務に追われて疲れてしまうであろう夕方に渡してあげる事で、喜ばれること間違いなし!カフェインの効果で眠気も吹き飛び、1日を乗り切る事が出来るのではないでしょうか。

 

ブラックコーヒーはちょっぴり苦手という人には、ミルクたっぷりのカフェラテをプレゼントしてみましょう。若い世代に人気のあるタピオカドリンクなども良いかもしれませんね。季節に合わせてホットかアイスかも選んでみてください!

親しい仲であればOK!ハンドクリーム


 

差し入れとしては少し難易度が上がりますが、親しい美容師であれば「ハンドクリーム」をプレゼントするというのも良いでしょう。美容師という仕事は、シャンプーなどの水仕事や薬剤を使いますので、手荒れに苦しまされる事がほとんどです。

 

差し入れと言えば食べ物を想像しますが、ハンドクリームは美容師にとって必需品なので、きっと喜ばれますよ。保湿効果の高いものや香りが良いものを選ぶと、より喜ばれるでしょう。

 

このような差し入れは、担当してくれる美容師との仲が親しく信頼関係も築けるようになった頃に、差し入れしてみてくださいね。まだ、あまりよく知らないという間柄でプレゼントしてしまうと、驚かれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

差し入れを選ぶ3つのポイント


 

美容師に差し入れを選ぶ際に、3つの事を意識してみてくださいね。選び方を工夫するだけで、より喜んでもらえるようになるのではないでしょうか。

 

  • 小分けされていてみんなでシェアしやすいもの
  • 常温で日持ちするもの
  • 価格は美容師が気を使わない程度のもの

 

美容師1人だけに差し入れするのではなく、美容室で働くみんなに食べてもらえるものが最適ではないでしょうか。1人だけにあげてしまうと、個人的なプレゼントのように感じ取られてしまいます。そうなると、他のスタッフとギクシャクしてしまう事も…。

 

お菓子などは、小分けされていてシェアしやすいものを選び、常温で日持ちするものがおあすすめ。バックルームに冷蔵庫がないという事も考えて選びましょう!

NG!避けるべき差し入れは?


 

いつもお世話になっている美容師へ差し入れをする際、避けるべきものも存在する事を頭に入れておきましょう。何でも良いだろうというわけにはいかず、今後も関係を続けていく美容師との仲を崩さないように、配慮してみてくださいね。差し入れとして避けるべき商品をご紹介します!

高価すぎる差し入れ

想いが強すぎて高価な差し入れをしてしまえば、気を使わせてしまう事に。美容師としては、すべてのお客様と平等に接しなければなりません。高価なものをもらうと、特別扱いをするべきなのかな…と美容師を悩ませてしまいます。

 

あくまでも、客のひとりという事を念頭に入れ美容師と接するようにしましょう。高価なものをあげた方が良いに決まっている!と思っている場合には、少し視点を変えて考えてみると良いですよ。

 

「いつも、ありがとう」という気持ちを伝えるには、値段は関係ないのです。あまりに高価なものを渡されてしまうと、お返しする際にも高価なものでなればならないの?と気を使わせてしまうことにもなりかねません。

手作りの差し入れ

手作りのケーキやクッキーなどの差し入れは、お店で売られているものに比べて日持ちしないので注意が必要です。いくら料理の腕に自信があっても、何かあってからでは責任が取れないので手作りの品を差し入れするのはやめましょう。

 

料理人やパティシエであれば、「今度、お菓子作ってくださいよー!」なんて会話になるかもしれませんが、そうでない限り手作りというだけで警戒されてしまう可能性もあります。中には、人の手作りのものは食べられない…という人もいるのでお気を付けください。

ケーキなどの生もの

ケーキなどの生ものを差し入れする場合は、鮮度の良いうちに食べなければならないので、美容師を焦らせてしまう事も。座る暇もないという事も考えられるので、ケーキを放置してしまうようでは勿体ないですよね。

 

差し入れで食べ物を渡す場合には、日持ちするものが基本。仕事中に食べるにしても落ち着いて座れる時間も読めないし、帰宅してから食べるには時間も遅くて食べたくない…なんて事が考えられます。極力、生ものの差し入れは控えましょう。

お惣菜など匂いがキツイもの

香辛料を使った料理や油物など美味しい事には変わりはないのですが、香りが強い事がほとんどです。ニンニクやナンプラー、ごま油など香りが強いお惣菜を差し入れする場合には、一旦考えなおしましょう!

 

普段食べる分には問題ないのですが、差し入れで持っていくのは美容室の営業時間内になるという事をお忘れなく。バックルームの天井が施術ルームに繋がっている美容室もあるので、他のお客様に迷惑がかかってしまう事もあります。差し入れをする際には、周りの人にも気を使うようにすると良いのかもしれませんね。

恋愛感情が込められているもの

美容師はおしゃれでお話も上手!という事で、恋に落ちてしまう人もいるのではないでしょうか。美容師とお客様という関係ではなく、恋人になりたい…と感じている人も少なくないのかもしれません。

 

しかし、恋愛感情がたっぷり込められたものを渡してしまえば驚かれてしまう可能性があります。互いが気になる存在なのであれば良いのかもしれませんが、美容師が何とも思っていないという場合には困惑させてしまう事になります。美容師として長く担当してもらいたいと思うのであれば、差し入れでアピールするよりも会話を楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ


 

美容師に渡す差し入れは、喜ばれるものもあれば悩ませてしまうものもあります。良かれと思って渡したはずなのに、そうではない事もあるのです。そうならない為にも、差し入れするものは渡されて困らないものにする事が大切。

 

常温で日持ちするものを選び、みんなでシェアできる小分けのものが最適です。季節を考慮する必要はありますが、チョコレートやお煎餅なども喜ばれるのではないでしょうか。

 

一方、生もののケーキや香りの強い惣菜など、扱いに気を使わなければならないものは避けるようにしましょう。感謝の気持ちを伝えられれば良いわけなので、忙しい美容師の状況も踏まえて最適な差し入れを選んでみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。