美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月25日更新

美容師

需要拡大中!!目元のケアに特化したプロ「アイリスト」に迫る


メイクのなかでも、女子がとりわけ力を入れるのが“アイメイク”。アイシャドウをたっぷり塗って、アイラインを引く。また、ビューラーやホットカーラーでまつげをカールさせて、マスカラをたっぷりつける。たくさんの努力の結果、自分が満足するアイメイクが完成するのですが、学校や出勤などで忙しい朝には大変ですよね。
 
そんな女子のメイクの負担を減らしてくれるのが、アイリストです。人工まつ毛を植毛する「まつ毛エクステ」や、まつげのカールを持続させる技術を使って、専門店も続々とオープン。今回はそんなまつ毛ケアのプロフェッショナル・アイリストについて紹介していきます。

アイリストの仕事内容

若い女性を中心に大人気のアイリストですが、実際にどんな仕事をしているのか気になりますよね。もちろん、目元のケアが全般になるのですが、それぞれ細かなところまでこだわりがあるので、詳しく見ていきましょう。

カウンセリング

アイリストの仕事は、まずカウンセリングからスタート。天然パーマやクセッ毛など人それぞれ髪に特徴があるように、まつげにも個性があるので、お客様のまつげに関する状態や悩みを確認。その後、どうやって施術を進めていくのかを決定します。目のまわりの施術には大きな不安が伴うので、お客様に安心してもらえるような丁寧なカウンセリングを心掛けましょう。

まつ毛エクステ

まぶたに人工まつげを植毛して、まつげの量を増やす施術方法です。まつげエクステを何本つけるか、どんな角度で植えるかなど、細かなところまで決めていきます。どんな風につけていくかが決定したら、さっそく植毛! 専用の接着剤を使ってエクステをまぶたに取り付けていきます。つける位置がズレると目に違和感が残ってしまうので、1本1本ていねいにつけていきましょう。

まつ毛カール/まつ毛パーマ

自まつげに特定の施術を行うことで、まつげのカール感を維持するための方法で、主に2つの方法があります。髪に例えると、ヘアアイロンで髪をカールさせるのが「まつ毛カール」、専用の液でパーマをあてるのが「まつ毛パーマ」と言えるかもしれません。そのため、同じ施術を選んだとしても、やり方は人によってさまざま。まつげが硬い人の場合は通常よりも長めの時間が必要になったり、カールやパーマの仕方が左右で変わったりすることがあるので、お客様によって臨機応変に対応できるようにしておきましょう。
 

資格があればあるだけレベルアップにも繋がる

アイリストになるためには、「美容師免許」が必須。というのも、専門知識が少ないアイリストによるまつ毛エクステでの被害が増大したからです。そのため、アイリストの仕事をするためには、美容師免許が必ず必要ということになりました。しかし、反対に美容師免許だけあれば良いというわけでもありません。美容師免許はあくまでも美容師のための免許、アイリストになるための知識や技術は一から身につけなければなりません。せっかく勉強するなら、持っていると有利になる免許を取っておくといいかもしれませんね。

美容師免許(必須)

2008年3月に、厚生労働省より「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」が発表され、まつげエクステを施術するところは美容所登録を行わなければならないということと、施術者は全員が美容師免許所得者でなければいけないということが決められました。

まつげに関する施術の資格

他にも、「アイデザイナー技能検定」や「まつ毛エクステンション技能検定」、「アイラッシュリスト技能検定」など、まつ毛に関する検定を受けておくこともおススメします。また、JWA日本ウィングエクステンション協会の「レベルチェックテスト」は、資格そのものにはなりませんが、自分のレベルを図れるいい機会になるので、興味がある人はぜひ受けてみてください。
 

需要が高いアイリストが活躍できる場とは?

アイリストの活躍の場は、主に3つです。どこもアイリストの仕事自体は変わりませんが、少しずつ特徴があるので、その違いについて見ていきましょう。

エステ

トータルサロンとして、取り入れるところが多くなっているようです。エステティシャンとしての経験や資格がなくても、美容師免許を持ってればOK。ただし、即戦力として欲しいという場合もあり、“アイリスト経験のある人”という条件がプラスして加わることも。

美容院

新しいサロンがオープンしたり、既存の美容サロンがまつ毛ケアの施術を新たに行うことになったりするケースが多いです。ただ、まつ毛ケアを専門でやるというよりは、美容師としての仕事も平行してやることにもなるので、仕事量は他に比べて多いかもしれません。

アイラッシュサロン

目元のケアに特化したサロン。美容サロンでは、午前中から午後の早い時間にかけては主婦層や学生が中心で、夕方頃からは会社帰りのOLなどが多くなるのが特徴です。また、最近では、残業して夜遅くまで働く女性のために、夜の20~21時頃まで営業しているサロンもあり、帰りが遅くなることもあります。
 

アイリストの給料&休日は?

どんどんと需要が高まっているアイリストですが、その分休みが無いんじゃないか?という不安や、逆にお給料高いじゃ?という期待もあるかもしれません。では、実際にはどのくらいなのか見ていきましょう。

給料

サロンにもよりますが、給料は月給およそ18万円からのスタートとなります。また大手の美容サロンであったり、アイリストとしての経験が豊富であったりする場合は月給20万円以上も望めます。さらに、それにプラスして指名料などの歩合がつくケースもあり、スタッフを束ねる立場である「チーフアイリスト」などになると、月収30万円以上を望めることもありますよ。

休日

アイリストの仕事は接客業のため、土日祝日などの世間的な休日が稼ぎ時になり、自分の休暇は平日に取るというスタイルになります。だいたい月に8日ほど休み、というところが多いようです。とくに忙しくなるのは夏休みや冬休みなどの長期休暇や、結婚式が多いシーズンやクリスマス前です。イベントが多いこの時期や、個人で指名をもらうことが多くなると、長期的に休みを取ることが難しくなることもあります。
 


 
 
美容師免許は持っているけど、アイリストの経験は全く無いという人でも、ほとんどのサロンが教育制度を設けているので、安心して挑戦してみてくださいね。

美容師の関連求人

美容師になるための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。