美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月20日更新

エステティシャン

美を追求する人々の営み! 古代から現在に至るエステの歴史!


「美しくなりたい」という願いは、女性にとって永遠の課題。いつの時代でも、女性たちはその願いを叶えるためにさまざまな努力を行ってきました。ですが、美しくなるための方法がエステティック(エステ)として確立されたのは比較的最近のこと。
 
今では当たり前のように社会に浸透し、誰でもその恩恵に授かっているエステについて、あなたはどれほど知っていますか? ここでは古今東西で発展してきた、美を追求するための営みの歴史をご紹介。ドラマや驚きに満ちたその歴史を見ていきましょう!

エステ業界の革命

「ヘレナ・ルビンスタイン」という化粧品ブランドの名前を、聞いたことがあるという人もいるんじゃないでしょうか? この化粧品会社の設立者でもあるヘレナ・ルビンスタインこそが、エステ業界の歴史を大きく動かした人物だと言われています。というのも、彼女は現在イメージされるようなエステサロンの生みの親であり、女性の美に関する考え方を発展させた立役者なのです。
 
ヘレナ・ルビンスタインがその頭角を現したのは、まずは化粧品の開発でした。オーストラリアの薬局に勤めていた彼女は1894年に「ヴァレーズ」という美容クリームを発明。人によって肌質が異なるということは、現在では当たり前の前提とされていますが、それにいち早く気付いて作られた化粧品がこの「ヴァレーズ」でした。
 
その後、1902年にヘレナ・ルビンスタインは世界初のエステサロンを開業します。科学的なアプローチを取り入れ、マッサージなども行うエステサロンの登場は美容業界にとって革命的な出来事で、今私たちが通っているサロンの原型となっています。
 
また、百貨店やデパートの化粧品売り場が現在あるような形になっているのも、ヘレナ・ルビンスタインの影響です! 彼女は1915年に世界で初めて、化粧品をデパートで販売しました。美容部員を置き、化粧品を魅力的に演出することで華やかな売り場を作り出すその手法は、画期的だと一躍話題に。
 

さらにさかのぼれるエステの歴史

1900年頃に大きく発展したエステ業界ですが、それ以前からエステの起源になるようなものは世界各国に存在していました。たとえば最も有名なものの一つには、18世紀フランスの貴族社会で行われていた施術があります。当時のフランス貴族は牛乳風呂に入ることが当たり前だったくらい、美への意識が高かったのですが、そこでは召使いの手で化粧品やオイルなどを使用したマッサージを受けるということも行われていました。
 
さらに時代をさかのぼると、最古のものとして古代エジプトのクレオパトラが行わせていた施術が有名です。ここでも召使いが使われて、ボディマッサージが行われていました。また、ネイルアートの一種を施したり、美容的観点から髪を扱ったりと、現代のエステを先取りするような発想があったと言われています。
 

日本におけるエステ

それでは、日本ではエステはどのように発展してきたのでしょうか? 日本におけるエステの原型は、1895年に開業された理髪店で行われた施術だと言われています。そこではアメリカから輸入した方法を用いて、いわゆるフェイスマッサージが行われて人気を博しました。そのマッサージは「美顔術」と呼ばれ、一般的に普及していくことになります。
 
それから時が経ち、1970~80年代に入ると好景気によって人々の暮らしが豊かになっていきました。そして人々が余裕のある生活を手に入れると、もっと美しさを追求したいという需要が生まれます。それを受けて、日本各地でエステサロンが開業していくことに。
 

主要なエステ協会の歴史

エステ業界の発展と合わせて、さまざまな協会が設立されました。その先駆となったのは1972年に設立された「日本エステティック協会」です。エステの普及や、エステティシャンの養成を目的とした日本エステティック協会は国際的なつながりも持ち、世界中に支部を持つエステティシャン教育団体「CIDESCO」の日本支部をその中に含んでいました。
 
さらに、1987年には「日本エステティック業協会(AEA)」が設立。エステブームによってエステサロンが乱立したことに対応して、サロンの健全な経営を推進してきました。また1995年に設立された「日本エステティック工業会」では、エステサロンで使用される化粧品や器具が安全に使用されるようにチェックする活動が。そのほかにも2003年設立の「日本エステティック機構」のように、多数の団体が業界の健全化を図って活動しています。
 


 
 
美を追求する人の願いを叶えるため、古代から現代まで連綿と続いてきたエステの歴史。現代日本でも、人々が安心して美しくなれるように、より一層の業界の健全化が図られています。とはいえ、日本にはエステティシャンの国家資格がなく、まだまだ発展途上という状況。働きやすい環境を作るためにも、エステティシャンになりたい人は、エステ業界の動向にこれからも注目していきましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。