美容スペシャリストな自分になるために

2017年6月2日更新

エステティシャン

ミランダ・カーも実践!? ブラシ1本で出来る美容法「ドライスキンブラッシング」とは?

「ドライスキンブラッシング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは今世界的に注目されている美容法で、“美脚”などの効果が期待できると言われています。ブラシ1本で実践することができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

「ドライスキンブラッシング」とは

「ドライスキンブラッシング」とはその名の通り、身体を乾いたブラシで擦るという美容法。日本でいう「乾布摩擦」のようなもので、かなり単純な美容法といえます。それもそのはずで、この「ドライスキンブラッシング」は欧米に古くから伝わる美容法。使用する道具も最新の器具などは必要なく、ブラシ1つでOKです。
 
そんな伝統的な美容法を、ミランダ・カーをはじめ様々な海外セレブたちが実践し話題に。もちろん日本でも注目されており、2015年には「めざましテレビ」にも取り上げられています。しかしこの時の街頭インタビューによると、ドライブラッシングを知らない人もまだ多いようでした。

「ドライスキンブラッシング」のやり方

それでは早速「ドライスキンブラッシング」のやり方を紹介していきましょう。まず使用するブラシですが、あまり毛が固すぎると肌にダメージを与えてしまうので、柔らかめのブラシを用意しましょう。そしてリンパや血液の流れに沿ってブラッシングするというのが一般的なやり方。シャワー前などにやると良いそうですよ。
 
また「ドライスキンブラッシング」のやり方は、「ミス・ユニバース・ジャパン」の公式栄養コンサルタントを務めていたエリカ・アンギャルのフェイスブックでも紹介されています。このサイトによると、まず最初は足先から心臓へ向けてブラシを動かしていくとのこと。次に手先から心臓に向けてブラッシングし、その後に背中・お腹・胸・首の順でブラシをかけていきます。お腹のブラッシングをするときは、大腸の動きに沿って時計回りにかけるようにしてください。
 
効果としては、ブラッシングで皮膚組織を刺激することによって、皮膚に本来備わっているデトックス機能の活性化が期待できると言われています。老化した角質のピーリングにもなるので、継続していけば綺麗な肌を手に入れられるかもしれませんね。
 
画像出典:Kevin Doncaster / Brush (from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。