美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.16

エステティシャン

冷え対策には“足首”がカギ!? オフィスでもできる簡単マッサージで冷えとおさらば

毎日暑くなるこの季節。オフィスの冷房が効きすぎて冷えに悩まされることはありませんか? 上着やひざ掛けで冷え対策をする人は多いと思いますが、パンプスの足先まではなかなか対処しづらいですよね。今回はオフィスで簡単にできる、血行を良くして体を温めるマッサージ法を見ていきましょう。

血行が悪くなると冷えの原因に!? 血の巡りを良くしよう

太い血管がたくさん通っている足首。そこを冷やすと体全体の血液の循環が悪くなり、冷えの原因になってしまいます。特にオフィスではじっと座っていることが多く、より体が冷える原因に。温かいスープやドリンクで体を温めても一時的なもので、根本的な解決にはなりません。
 
そこでまずはデスクの下で簡単にできるマッサージをご紹介。足を組むように片足のひざにもう片方の足のふくらはぎを乗せます。ひざの上でふくらはぎを上下に移動させ、位置をずらしながらふくらはぎ全体をまんべんなくマッサージ。同時に足首を回すとよりさらに効果がアップするはず。反対の足も同様にマッサージを続けます。デスクの下の見えない範囲だけでできるので、周りにバレる心配もありませんよ。

女性に嬉しい効果がたくさん! 足首にあるツボとは

健康法のひとつとしてツボ押しマッサージは有名ですよね。実は足首には女性におススメのツボがあるんです。まずは「三陰交(さんいんこう)」というツボ。足の内側のくるぶしから指4本分ほど上の場所にあり、血行促進や生理痛緩和などの効果があると言われています。さらに、くるぶしの少し後ろ側にある「太谿(たいけい)」というツボも血行促進やむくみ解消が期待できるそう。1回に3~5秒程度、左右1セットとして1日5セットぐらいツボを押してマッサージしてみましょう。血行促進、むくみ解消、生理痛の緩和と女性に嬉しい効果ばかりなので、悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

足首を回すだけ!? 仕事が忙しいあなたに簡単な対処法

仕事に集中してマッサージまでできる余裕がないときは、その場で足首をくるくると大きく回してみましょう。それだけでも血行が良くなり体の冷えやむくみの改善になります。「マッサージはなかなかできないけど足首回すだけならいつでもできる! 冷えが気にならなくなってむくみもマシになった!」という声もネット上で上がっているので、めんどくさがりや仕事が忙しい方は足首を回すことを心掛けてみては?
 
冷えを放っておくとむくみの原因となり、老廃物が溜まって足首が太くなってしまうことも。紹介したマッサージ法を試して、血行改善に努めていきましょうね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。