美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.19

エステティシャン

固定式に可変、パワーブロックっていったい何? 知っておきたいダンベル入門

ダンベルというと、ボディビルダーのようなムキムキマッチョの人が筋トレで使うことをイメージする人も多いかもしれません。実は、ダンベルは女性のシェイプアップやダイエットにも効果的。「試してみたくてもいっぱいあって何を選べばいいのかわからない…」という人のために、今回はダンベルの種類や選び方を見ていきましょう。

無理に重い物を選ぶのはNG!? 自分に合ったダンベル選び

一口にダンベルと言っても、その重さや形は多種多様。重すぎるダンベルで無理にトレーニングするよりも、自分に合った重さのダンベルを選ぶことが重要です。重量が重いと負荷が大きくなり筋肉が付きやすくなりますが、ダイエットを目的とする場合は軽めのダンベルで行う方が無難。初心者の女性なら1~3㎏程度の重さから始めると良いと言われています。
 
ダンベルには大きく分けて、重さが変えられない重量固定式ダンベルと重さを変えられる可変式ダンベルの2つがあります。自宅で手軽にトレーニングする場合は可変式ダンベルがおススメ。重りの組み合わせで重量を変えられるので、1セット揃えておくと自分のレベルが上がっても新しいものを購入する必要がありません。初めはペットボトルに水を入れて持ってみて、ある程度自分に合った重さを確認してから購入するのもいいかもしれませんね。

こんなにたくさんあった! 意外と多いダンベルの種類

可変式ダンベルにも様々な種類があります。初心者におススメなのは、重りの周りにゴムがついている「ラバータイプ」。万が一落としてしまっても、床に傷がつきにくく音も抑えられるので安心です。また、ピンを差し込むだけで簡単に重量を変えることができる「パワーブロック」というダンベルもあります。パワーブロックならコンパクトで収納スペースを取らず、重量の種類が豊富なのも魅力。耐久性に優れており、長期の保証制度を設けているものも。お値段が高めなのが少しネックですが、長くトレーニングを続けたい人は検討してみては?
 
手軽なものであれば、「ウォーターダンベル」がおススメ。重り部分に入れる水の量によって、簡単に重さ調節が行えます。水を抜いてしまえばとても軽いので、持ち運びしやすいこともメリット。最近では100均でも販売されているようなので気軽に購入できるのも嬉しいところです。
 
初めは軽めのものからスタートして、慣れてきたら徐々に重いものに変えていけば、目に見えて成果もわかるので楽しそうですね。自分に合ったダンベルを見つけて、キュッと締まったボディを手に入れましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。