美容スペシャリストな自分になるために

2017年6月20日更新

エステティシャン

大切なデートの日なのに起きたら顔がパンパン… 寝起きの「顔のむくみ」対策と予防法

毎日の出勤や大切なデートの大敵になるのが「顔のむくみ」。ベースがむくんでいると化粧のノリも悪くなってしまい、メイクをばっちりキメることもできません。そこで今回は、むくみの原因から朝起きてすぐにできる解消法、予防法をご紹介。

「顔のむくみ」はどうして起こるの?

顔のむくみは余計な水分が顔に集まってしまうことで発生すると言われています。例えば前夜にアルコールや塩分を過剰に摂取してしまったり、うつぶせ寝といった顔に負担となる寝方をしてしまうと起きることが多いよう。また、ストレスによって体内の代謝が滞ることで水分の循環に悪影響を与えてしまうのも1つの要因に。
 
顔のむくみは数時間後には消えてしまうことがほとんど。けれど「むくみが消えるまでメイクができない」なんてことは避けたいので、起床後すぐにメイクに入れるようにするためにも「顔のむくみを消す」ことが大切です。

「顔のむくみ」対策

顔のむくみ解消に効果的なのは、リンパマッサージ。むくみはリンパの流れが悪くなることでも起きるので、リンパの流れを良くしてあげることが重要。例えば、まず左の鎖骨のくぼみを外から中心に向かってさすり、口角から鼻、目の下、耳の下まで滑らせ、そのまま首筋を通って鎖骨へ大きな円を描くように滑らせます。次に頬の内側から外側へと向かって大きな円を描き、最後に額を上げた状態でこめかみから耳の下、首の下へとさすっていきます。このマッサージを1セットとして3回ほど繰り返しましょう。
 
こうしたマッサージは力は入れすぎず、指3本程度で優しく行うことがポイント。またむくみ解消のためだけに1日で終わらせてしまうのでなく、日常的に行うと血行が良くなり顔のむくみの抑制につながるようです。「マッサージ続けてたら寝起きのふっくら感が目立たなくなってきた」「体から何かが抜けたようにすっきりしてる!」と効果を実感する声も。

「顔のむくみ」を予防するには?

顔のむくみは生活習慣を改善することで予防にもつながります。翌日に大切な予定があるならお酒は飲まず、また夜間の水分補給は「ほどほど」を意識しましょう。塩分の過剰摂取を避け、ほうれん草やアボカド、バナナといったカリウムを多く含んだ野菜・果物の摂取が効果があるので試してみては。
 
日ごろの運動や適正な睡眠時間を毎日確保して規則正しい生活を送るのも、むくみ予防には大切ですよ。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。